マアジ 釣り人 釣り船 釣り竿 写真

アジの種類は150種類もあるの!?日本各地でブランドアジが続々登場!代表的なアジの種類の見分け方から釣り方までプロが徹底解説します!

FISHING JAPAN 編集部

釣り人の皆さん、アジについてどれくらいご存知ですか?

日本の近海に棲息するアジ科の魚は、約30属、150種にものぼり、そのほとんどが食用になるそうです。

さて、これだけ多いアジ科の魚の中で、最も身近な存在なのが、釣り人がごく普通にアジと呼んでいる、マアジではないでしょうか?

マアジのマは、真であり、我こそ本物のアジなのだ、と言わんばかりですね。

江戸中期の儒学者、新井白石があらわした「東雅」に、次のように紹介されています。

「 アジとは味也。其の味の美をいふなり 」

つまり、この魚の味の良さが、そのままアジという魚名になったというわけですね。

マアジについて、興味深い歴史の一端に触れたところで、さらにその種類や見分け方について詳しく見ていきましょう!

目次

  • マアジの需要
  • マアジは沖合回遊群と根付き群に分かれる
  • 各地でブランドアジが続々登場!
  • マアジとマルアジの見分け方
  • アジの釣り方

マアジの需要

マアジはスズキ目アジ科の魚で、北海道の南部から東シナ海まで、日本列島の沿岸に広く分布しています。

かつて、マアジはイワシやサバと並ぶ大衆魚の1つでした。

しかし、1960年代には60万トン近くあった漁獲量が、現在では半減し、値も高騰しました。

養殖も出回っていますが、それだけでは需要に追いつかず、干物などは東南アジアからの輸入物が急増しています。

マアジは沖合回遊群と根付き群に分かれる

マアジには2つのタイプがあります。

1つ目は、体色が少し黒っぽくてスマートな体型で、40cmを超える大型になる沖合回遊群です。

2つ目は、沖合回遊群のアジより体高があり、ヒレや背が黄色みを帯びた、比較的浅い場所の根につく、根付き群です。

紀州の漁師は、前者をクロアジやオニアジ、後者をトツカとかキアジと呼び分けています。

どちらも人気がある魚ですが、味が良いのは根付きのアジです。

脂がよく乗り、味も香りも良いため、沖合回遊型のアジより高値で取り引きされています。

回遊型のアジは、日本列島に沿って春から夏に北上し、秋から冬に南下します。

昔から親しまれてきた魚のわりに、地方名はあまり多くありません。

親魚はホンアジとか大アジ、あるいはヒラアジと呼ばれ、幼魚はゼンゴとかジャコ、ジンダコと呼ばれる程度ですね。

各地でブランドアジが続々登場!

12

この記事に関するテーマ

テーマをクリックすると、テーマに関連する記事の一覧が表示されます!

全てのテーマを見る

ライター紹介

FISHING JAPAN 編集部

「釣り人のみなさんのフィッシングライフを100倍楽しく」を目標に、最新かつ耳寄りな情報をお届けします!

このライターの全ての記事を見る

記事ランキング

  • DAILY
  • WEEKLY
  • MONTHLY