バショウカジキ

【魚類最速を追え】魚版ボルトはいったいどの魚??瞬間最高時速はなんと100km超え!?

FISHING JAPAN 編集部

釣りに行くと目にするのはスイスイと器用に泳ぐ魚達。

それにしても、魚はいったいどれぐらいのスピードで泳げるものなのでしょうか?

気になりませんか??

最近では陸上競技で誰が9秒台を出せるのか!?と注目を浴びていますが、速い魚はいったい時速どれくらいで走っているのでしょうか!?

新幹線並みの速度も!?

一説には世界で最速の魚は新幹線なみのスピードがでるともいわれています。

すごすぎますね、新幹線ですよ!!

しかし、実測が難しいのではっきりしたスピードが確定できないのが現状のようです。

バショウカジキが最速だった!

ただ、ギネスブックで公認されている世界でもっとも速く泳ぐ魚は、バショウカジキだといわれています。

紡錘形の体となめらかな肌を持ち、スピードが増すに釣れて大きな背ビレが見事に折り畳まれ、背のテッペンにある溝の中へすっぽり収まるようになっているそうです。

巡航速度は時速50~60kmぐらいですが、獲物を追うときには、瞬間的に時速110~120kmぐらいは出るといわれています。

ものすごいスピードですね。

一説にはマグロがNo1!?

また、一説にはカジキよりも速いといわれているのがマグロです。

最高速では160km近くもでるといわれていますが実測データがないためはっきりしないそうです。

ただ、巡航速度は60km前後で身の危険を感じたときなど瞬間的には100kmを超えるスピードが出るのは間違いないそうです。

スピードランナーには共通点がある

こうして考えてみると、スピードランナーといわれる魚にはいくつもの共通点があります。

まず、体の形が魚雷のように紡錘形でうろこがなく、体がすべすべで、水の抵抗を小さくして速く泳げるように進化している魚。

また、各ヒレを動かす筋肉が発達し、尾の付け根が大きくくびれていて尾ビレが三日月型で非常に大きいというのも特長ですね。

陸上競技で早く走るための条件やテクニックが必要なように、魚界でもスピードランナーになるための条件があるようですね!!

この記事に関するテーマ

テーマをクリックすると、テーマに関連する記事の一覧が表示されます!

全てのテーマを見る

ライター紹介

FISHING JAPAN 編集部

様々な釣り情報をお届けします!
SNSでも最新記事を配信中!よろしくね!

このライターの全ての記事を見る

記事ランキング

  • DAILY
  • WEEKLY
  • MONTHLY

1位

巨大海洋生物捕獲!!開いた口が塞がらない!?実際に起きた衝撃的すぎる捕獲事例3選【動画】

今回はフィッシングジャパン編集部が厳選した3事例をご紹介します!

2位

元NMB48 門脇佳奈子さんの釣り愛がとまらない!卒業後はかわいい釣りドルに!?

門脇佳奈子さんは、テレビ番組の企画をきっかけに2級小型船舶操縦士の資格を持っています!

3位

ダイワ パワーフィネスジグ SSが2017年9月ニューリリース!気になる使い方やラインナップをご紹介!

こちらのカラーはチラシカラーと呼ばれていて、障害物の中でもひと際目立って見失いません!

記事ランキングをすべて見る