マヒマヒ シイラ 釣り ハワイ

【この夏必見】ハワイアンのマヒマヒって実は日本のあのお魚だった!?その意外な由来や語源とは…

FISHING JAPAN 編集部

有名なハワイの高級魚、マヒマヒの料理を食べたことのある方は多いと思います。

ソテーにしたりフライで食べても美味しいですよね。

ただ、マヒマヒが魚だということは分かっていても、どんな魚かと聞かれると知らない方が多いんじゃないでしょうか??

では、マヒマヒとはいったいどんな魚なのでしょうか?

その秘密に迫っていきましょう!!

目次

  • 「マヒマヒ」=「シイラ」!?
  • シイラは代用できる優れもの!?
  • 「シイラ」の日本でも語源とは…
  • 結納品としても登場??

「マヒマヒ」=「シイラ」!?

実はマヒマヒとは、日本にも生息するシイラのことなんです。

日本でこの魚を珍重するのは山陰から九州にかけて。

旬は夏から初秋です!

春から夏にかけては北上し、秋になると南下してくる季節回遊魚で、黒潮域には特に多いことから黒潮の申し子とも呼ばれています。

シイラは代用できる優れもの!?

水温が高い年には太平洋岸では特にシイラが多く、アジ、サバなどを釣っていると、掛かった魚を横取りに来るほどです。

新鮮なものは刺し身がおいしいので、養殖のハマチやマダイがなかった時代には旅館などでハマチの刺身に化けて出ることもあったといわれています。

もちろんそれ以外でも、フライなども美味しく食べられます!

「シイラ」の日本でも語源とは…

シイラの語源には諸説あるのですが、米や麦の実のないもみのことを「しいら」と呼ぶことから来たというのが有力です。

シイラは体表がもみのように硬く体が平べったく、身が少ないためだといわれています。

常に海の表層を群れになって泳ぐため土佐ではトウヒャク(十百)とかクマビキ(九万匹)と呼びますが、引く力が強いためマンリキ(万力)と呼ぶ地方もあります。

結納品としても登場??

また、この魚は雌雄がいっしょになって泳いでいることが多いため、土佐では昔、結婚するときの結納品に加えたといわれています。

雄と雌が仲むつまじく泳ぐ様を見て縁起を担いだのがその始まりなんだそうです。

由来やその魚のことを知ると、釣りたくなりませんか!?

この夏はハワイ・・・もしくは日本国内でマヒマヒ、シイラを狙ってみてはいかがでしょうか??

この記事に関するテーマ

テーマをクリックすると、テーマに関連する記事の一覧が表示されます!

全てのテーマを見る

ライター紹介

FISHING JAPAN 編集部

「釣り人のみなさんのフィッシングライフを100倍楽しく」を目標に、最新かつ耳寄りな情報をお届けします!

このライターの全ての記事を見る

記事ランキング

  • DAILY
  • WEEKLY
  • MONTHLY