魚のアップ写真

磯釣りターゲットのグレを釣りたい!堤防では釣れないの?おすすめの釣り方特集

FISHING JAPAN 編集部

磯釣りは、初心者にはハードルが高いイメージがありますが、実はそんなに身構えるような釣りではありません。

例えば、グレ釣り。

まだ釣り上げたことのない人なら、普段よく通っている堤防からでも釣ることができるんですよ。

ここでは、磯釣りターゲットであるグレの特徴や釣り方について、分かりやすくご紹介しましょう。

「口太グレと尾長グレが釣りの対象なんだよね!」

その通り!この2種類とも稚魚から若魚の間、堤防の周りで泳いでいますから、ぜひ狙ってみましょう!

磯釣りターゲットのグレを釣りたい!どうすればいいの?

磯釣りのメインターゲットとして絶大な人気を誇るのが、グレです。

その理由は、潮や水温などに左右されるゲーム性の高い釣りを展開できるからでしょう。

加えて、グレが掛かったときの引きが、他の魚と比べてとても強いのです。

その感触、味わってみたいですよね。

「でもなんだかハードルか高そうだなぁ~、、」

確かに本格的に磯釣りにハマると、あれこれやってみたくなりますが、ハジメの一歩なら堤防からでじゅうぶん楽しめます。

磯の地形変化にこだわりを見せるグレも、若魚のときには堤防周りに集うことがあるのです。

それを狙って、カンタンな磯釣りタックルでアプローチしてみましょう。

グレは1年中釣れる魚ですが、産卵の時期が絡むと釣りにくくなります。

最もポピュラーなのは、秋でしょうか。

堤防周りでも活発に捕食を始めるようになりますよ。

ただし、他の魚もまだまだたくさん泳いでいますから、もっと水温の下がる冬のほうが釣りやすいかもしれませんね。

冬は口太グレの脂の乗りがよくなるので、釣って食べるととても美味しいですよ。

尾長グレのほうは産卵時期に当たりますから、カンタンには釣れなくなるでしょう。

3月になると、今度は口太グレが産卵時期に突入します。

5月が過ぎるまでは産卵が続くので、グレを釣り上げるのが困難な時期といえるかもしれません。

梅雨になれば、口太グレも尾長グレもよく釣れるようになります。

夏になってしまったら、グレの食いは急に落ちてしまいますから、堤防周りの釣りもひと休みでいいのではないでしょうか。

「ということは、狙うなら梅雨と秋の終わりぐらいかな?」

自分で近場の堤防に出向き、グレを狙えそうなベストシーズンを見つけ出してください。

磯釣りターゲットのグレを堤防周りで狙ってみよう!

堤防周りでは、梅雨や秋に小型サイズのグレを狙って釣ることができます。

初心者なら、まずはここからスタートしてグレ釣りをマスターしていくのがおすすめですね。

堤防の先端まで歩いてみてください。

角に立って海を眺めると、潮通しの良いことが分かります。

周辺にテトラが沈めてあるようなら、その際などにグレが居付いているでしょう。

潮の活発な変化を利用するなら、内湾にある堤防よりも外海に面した堤防を見つけてください。

水温が高いと餌盗りに悩まされますが、悩む時期から足しげく通っていれば、餌盗りが退散してしまうタイミングにも遭遇できます。

目安は秋の終わりごろ、少し肌寒く感じるようになったら、グレ釣りが楽しくなりますよ。

どんな仕掛けを選べばいいの?

磯釣りターゲットのグレを狙うには、半誘導タイプの仕掛けをおすすめします。

「全誘導とはどう違うの?」

半誘導タイプの仕掛けには、ウキ止めが装着されています。

これによって中通しウキの動ける範囲が制御されていて、一定のタナを直撃しやすいでしょう。

「グレのいるタナって、すぐに分かるのかな?」

00号というウキがあって、ゆっくり沈んでいくように調整されています。

これで餌をゆっくり沈めていき、アタリがあったタナを記憶しておくのです。

次に仕掛けを投入するときには、ウキ止めの位置を調整して、見つけたタナへ仕掛けを滑り込ませるようにしましょう。

とても丁寧にグレ=メジナ釣りをレクチャーしている動画はこちら

堤防でグレ釣りを楽しむためのおすすめロッドをピックアップ!

磯釣りターゲットのグレを堤防で狙うときに使いたい、おすすめのロッドを取り上げましょう。

振出式で5メートル前後あれば、仕掛けを投入しやすいですよ。

サビキ釣りに使うような穂先の太いタイプだと、繊細なアタリをフッキングに持ち込みにくいですから、1.5号前後の磯竿を選びたいですね。

ダイワ(DAIWA) 磯・波止釣りロッド リバティクラブ磯風・K 1.5-53・K 釣り竿

ダイワ(DAIWA) 磯・波止釣りロッド リバティクラブ磯風・K 1.5-53・K 釣り竿

最安値価格
¥7,146(amazon)

Amazonへ ¥7,146

楽天市場へ ¥7,360

Yahoo!へ ¥7,340

ダイワから発売中の、振出式磯竿です。

オールラウンドにフカセ釣りを楽しめるので、堤防からのグレ釣りに適応できますよ。

全長は5.33メートルで継ぎ数は6本、仕舞寸法は101センチにまで縮まりますから、釣り場までの持ち運びがとても便利です。

グレ釣りは、基本的にウキフカセ釣りを実践することになるので、手荷物は結構多いもの。

その中で竿がコンパクトに収納できるなら、他のタックルを運びやすくなりますね。

自重は215グラムで、先径は1.1ミリと細め。

元径は、20.0ミリあります。

錘負荷は、1.5号から4号まで。

対応ハリスは、ナイロンなら1.5号から4号に設定されています。

リール足はステンレスリールシートで固定できますし、糸通しバーの付いたティップカバーが標準で装備されています。

実際に伸ばしてみると、さほど持ち重り感はなく軽快に扱える印象です。

実売価格は7千円前後と、とても安い価格に設定されていますよ。

磯釣りターゲットのグレの習性を理解して釣りを楽しもう!

磯釣りターゲットのグレの特徴や釣り方、おすすめのロッドをご紹介しましたが、いかがでしたか?

半誘導タイプのグレ釣り仕掛けは、オールインワンのセットが釣具店で販売しています。

どんなパーツを揃えていいか分からないときは、セット仕掛けを上手く活用しましょう。

磯釣りの関連記事はこちら

磯釣り」カテゴリの人気記事

DAILYランキング