スナップのアップ写真

スナップの結び方で最強カンタンなのはどれなの?動画を観てマスターしよう

FISHING JAPAN 編集部

スナップってとても小さなパーツですが、ルアーやジグヘッドのアクションを柔軟で生命感溢れるものにしてくれます。

しかもルアーの交換を、素早く確実におこなえるメリットが付いてきます。

ここでは、スナップの特徴やラインとの結び方について、詳しくご紹介しましょう。

せっかく効果のあるスナップを使っていても、ラインとしっかりつながっていなければ意味はないですからね。

スナップの特徴や使い方・結び方に注目!

スナップとは、金属で出来た極小パーツのことで、ルアーやジグヘッドとラインをつなぐ役割を持っています。

無くても、釣りはできます。

ただし、スナップを介して得られるさまざまなメリットを放棄することになりますから、ちょっともったいないですよね。

スナップは、錆びに強いステンレスで作られていて、指のチカラで開くことができるようになっています。

そこにルアーやジグヘッドのラインアイを通し、閉じることでカンタンに装着できる仕組みになっていますよ。

装着した逆側には、リールからのラインを結びます。

このラインをカットせずにルアー交換したければ、さきほど閉じたスナップを、また開けばいいわけです。

とてもカンタンで、スピーディーな釣りを展開するのにマッチするでしょう。

さて、そのスナップとラインの結び方に注目です。

すぐにほどけてしまうようなヤワな結び方では、釣りが成立しません。

安心して釣りを楽しめるように、安定感のある強度を保持した結び方を知っておきたいですね。

スナップとラインの結び方で、最強!カンタン!と評価が高いのは、パロマーノットです。

パロマーノットの仕上がりを見てみると、ラインが2重になっていますよ。

これが最強といわれる理由のひとつで、しかも短時間で誰でもカンタンに結べてしまいます。

「えっ、ノットって初心者には難しいんじゃないの?」

それはPEラインとショックリーダーラインを結ぶケースでしょう。

スナップとラインを結ぶパロマーノットは、初心者アングラーでもあっという間に習得することのできる結び方なのです。

動画でその結び方のコツをチェックしてみましょう。

パロマーノットの結び方を丁寧に解説している動画はこちら

スナップとラインをパロマーノットで結んで釣りに出かけよう!

スナップとラインを結ぶパロマーノットを習得できたら、釣りに出かけてその効果を体感してみましょう。

キャストの際に結び目が緩むことはありませんし、ルアーに掛かった魚が大暴れしても、結び目が原因でバレてしまうトラブルは、ほぼ発生しないでしょう。

こんなにカンタンに結べて、ここまで強度の高いノットがあったのか!と感嘆するはずです。

ただし、ひとつだけ弱点があることに気づくでしょう。

それはパロマーノットを結んだ後に発生する、ラインの先端です。

どれだけ短くカットしても、ラインの先端が無精ヒゲのように、ルアーの進行方向へ突き出してしまうのです。

当然そこには、藻や水中・水面のゴミなどが引っ掛かってきて、キャストのたびに取り除かなければなりません。

ちょっと面倒ですよね、どうにかならないものでしょうか。

クリンチノットでトラブル解消!どちらを使うかはあなた次第!

パロマーノットの無精ヒゲによるトラブルを解消したいなら、結び方そのものを切り換えてしまう方法があります。

クリンチノットなら、スナップと結んだときのラインの先端が、ルアーの進行方向ではなく真横に突き出すことになります。

これなら藻やゴミが引っ掛かったとしても、スルリと外れてくれるでしょう。

クリンチノットの動画を観て、結び方をマスターしてみてください。

ラインを2重にしたければ、スナップに2回ラインをくぐらせれば、ダブルクリンチノットに仕上げることができますよ。

一歩進んだクリンチノットの結び方を分かりやすく解説している動画はこちら

さまざまな釣り方で用いるおすすめのスナップを選んでみた!

スナップは、さまざまな釣り方でそのカタチを変えます。

アジングやエギング・シーバスゲームなどにマッチするおすすめスナップを、取り上げてみましょう。

あまり重いものを使ったりすると、ルアーのアクションを阻害してしまいますから、装着する際に注意して選ぶようにしたいですね。

OWNER(オーナー) 一手スナップ S. P-27

OWNER(オーナー) 一手スナップ S. P-27

最安値価格
¥285(Yahoo!)

Amazonへ ¥314

楽天市場へ ¥304

Yahoo!へ ¥285

オーナーばりから発売中の、アジングゲームやライトソルトウォーターゲーム全般に活用可能なスナップです。

とにかく小さくて、老眼の筆者にはかなりハードルの高い接続作業が強いられますが、それを乗り超えれば素晴らしい安定感・強度を得られるアイテムですね。

こちらはSサイズで、強度は4.3キロとじゅうぶんな強さを誇っています。

丸いアイの部分が、シームレスになっているので、0.1号のような超ライトラインでもスルリ抜け落ちがありません。

安心してアジングを楽しめることで、手返しのテンポアップも見込めるでしょう。

実際に使ってみると、他のスナップのような開く・閉じるという作業が要らないので、ルアー・ジグヘッド交換がとても楽な印象です。

ちょっぴり太目のアイに対して脱着を繰り返していたら、開いたままに変形してしまいました。

プライヤーで閉めましたが、こういった変形は径の細いものを使っている以上、改善は難しいのかもしれません。

あまりガチガチに硬さにしてしまうと、開く作業が大変になるでしょうから、丁度いい線を見つけ出すのはメーカーも頭を悩ませているでしょう。

実売価格は300円前後と、とてもリーズナブルな価格帯に収まっています。

消耗品としてまとまった数を釣りに持参しておきたい、便利アイテムのひとつです。

意外と根掛からないのも嬉しいですね。

ヤマシタ(YAMASHITA) スナップ エギ王 エギングスナップ S 14.9kg

ヤマシタ(YAMASHITA) スナップ エギ王 エギングスナップ S 14.9kg

最安値価格
¥252(Yahoo!)

Amazonへ ¥531

楽天市場へ ¥260

Yahoo!へ ¥252

ヤマシタからリリースされている、エギングゲーム用のスナップです。

強度が高くて変形しにくいので、長い期間安心して使えるのがいいですね。

こちらはSサイズで、直線引張強度は14.9キロを誇っていますよ。

左右対称の楕円形状を採用していて、水中における抵抗は小さく抑えられています。

また細かいゴミや藻などが、引っ掛かりにくい形状ともいえるでしょう。

スナップの先端がラウンド形状にデザインされているので、エギのダートアクションをしっかり活かせるようになっています。

スナップキーパーにセットされていますから、無くさず使い切れるのが嬉しいですね。

実際にフィールドで使ってみると、2キロクラスのイカが掛かってもしっかり耐えてくれます。

ハードなシャクリで外れてしまうようなトラブルはなく、安定した使い心地を維持してくれますよ。

実売価格は300円前後と、とても安い価格に設定されています。

各種サイズを釣り場に持ち込んで、エギのサイズに合わせて結び換えるようにしたいですね。

Fishing Fighters(フィッシングファイターズ) スナップ 鉄腕スーパーSUSスナップラウンドタイプ #000

Fishing Fighters(フィッシングファイターズ) スナップ 鉄腕スーパーSUSスナップラウンドタイプ #000

最安値価格
¥301(Yahoo!)

Amazonへ ¥385

楽天市場へ ¥307

Yahoo!へ ¥301

めっちゃ硬くて開くのに苦労するんですけど、使い始めるとこれしかダメ!状態になる、シーバスゲームにマッチしたスナップです。

やはり強度が高いというのは、代えがたいスペックだということでしょう。

特にPEラインでシーバスゲームをおこなうようになってから、スナップの崩壊トラブルは避けられないものと覚悟していました。

フッキング動作が大き過ぎたのかな?と反省を続けるばかりでしたが、このスナップの登場で釣り方そのものがよりアグレッシブに変わりましたよ。

何よりありがたいのは、ウエイトを抑えているのでルアーアクションの邪魔になっていないところ。

これなら小型ミノーやシャッドに装着しても、本来のアクションを存分に引き出せるでしょう。

実際にシーバスゲームで使ってみて、80センチを超える大型サイズと格闘しても、スナップの変形箇所は皆無でした。

実売価格は300円台と、とてもコスパ優秀な価格に設定されています。

長く使い続けたいスナップを探しているなら、おすすめのひとつに挙げられるでしょう。

スナップの結び方をマスターして釣りを楽しもう!

スナップの特徴や結び方、おすすめのアイテムをご紹介しましたが、いかがでしたか?

結び方をきっちりマスターして、さまざまな釣りを満喫するようにしましょう!

結び方の関連記事はこちら

結び方(ノット)」カテゴリの人気記事

DAILYランキング