ルアーのアップ写真

トラウトミノー特集!管理釣り場で活用したいおすすめアイテムをピックアップ

FISHING JAPAN 編集部

管理釣り場で使えるルアーといえば、スプーンをイメージするアングラーが多いでしょう。

でも、渓流を仕切って小魚を餌にしているようなロケーションの管理釣り場なら、ミノーのほうがトラウトたちの反応はいいかもしれません。

ここでは、管理釣り場でキャストしたいおすすめのトラウトゲーム用ミノーについて、詳しくご紹介しましょう。

「シングルフックが多いのは何故なの?」

魚体が傷まないように配慮するのが目的で、パーブレスのシングルフックに換えているケースがあります。

実はフッキング効率もよく、バラシを減らせる効果もあるんですよ。

トラウトミノーとは

トラウトミノーとは、管理釣り場や渓流などで、トラウトゲームを楽しむために専用設計されたルアーのことです。

渓流では、ヘビーシンキングな仕様のミノーが多く使われていますが、管理釣り場では急な水の流れがありませんから、フローティング・サスペンド・シンキングの3種類から選べるようにラインナップされていますよ。

自重の軽いものが大半を占めるので、ロッドは柔らかめでライトラインを巻いたスピニングリールを使うケースがほとんどでしょう。

管理釣り場には、ブラウントラウトやブルックトラウト・イトウ・サクラマスなどが放たれていますし、ヤマメやイワナのいるところもあります。

最近ではニジマスの数が増えているように感じるところも。

これまでならスプーンルアーで対処してきたのですが、ミノーのほうが効率よく釣れることも分かってきました。

誘いと食わせを切り換えやすいのが、その理由かもしれませんね。

管理釣り場のトラウトゲームをマスターしたいなら、ミノーイングをしっかり覚えて活用できるようになりましょう。

トラウトミノーの使い方

トラウトゲーム用のミノーの使い方について、説明します。

まずは、フローティング仕様のミノーを取り出してください。

このタイプは、キャストして放置すると、水面にプカリと浮き上がってしまいます。

そのままただ巻きに移れば、緩やかなウォブリングとローリングを繰り返しながら泳いできますよ。

それでも釣れるのですが、バイトするきっかけをつかめないトラウトも。

そこで有効なのが、トゥイッチをロッドワークで入れてやること。

リップに強めの負荷が掛かって、ミノーが左右にスライドしますよ。

まるで逃走アクションのダートのように、追従してきたトラウトの目の前から消えるわけですから、捕食スイッチがオンになる可能性が高まります。

ダートした直後に、またトゥイッチを入れたり、そこからただ巻きを再開したり。

イレギュラーなアクションが生命感を溢れ出させ、トラウトゲームを熱いものに変えてくれるでしょう。

サスペンドやシンキング仕様のミノーも使いこなしたい!

トラウトミノーのサスペンド仕様を使うと、ダートさせた位置にそのまま留め置くことができます。

浮上もしないし沈みもしない対象を見て、トラウトは口でちょっかいを出すかもしれません。

甘めのバイトなのでフッキングさせるのが難しいですが、回数が増えたりしますからチャンスもアップ。

慣れれば一度目のタッチで、しっかりフックアップに持ち込めるでしょう。

シンキング仕様のトラウトミノーなら、ボトム付近をトレースして誘うことができます。

上から下へ向かってフォールしてくるものに反応しやすいトラウトもいますから、バイトが遠退いたタイミングでシンキングミノーを登場させると、食い付いてくるトラウトがいるかもしれませんよ。

トラウトミノーからおすすめのアイテムをピックアップ!

それでは、トラウトゲーム用のミノーの中から、おすすめのアイテムを取り上げてみましょう。

管理釣り場で用いるものに絞って選んでみました。

練り餌のようなカラーリングが多いのは、管理釣り場で与えている餌によるもの。

派手な膨張色やリアルな小魚カラーにも、当然トラウトは反応してきますよ。

JACKALL(ジャッカル) ミノー TIMON ブリブリミノーDR 40mm 2.6g エンドヌケオレとばし ルアー

JACKALL(ジャッカル) ミノー TIMON ブリブリミノーDR 40mm 2.6g エンドヌケオレとばし ルアー

最安値価格
¥1,025(Yahoo!)

Amazonへ 売り切れ

楽天市場へ 取扱なし

Yahoo!へ ¥1,025

ジャッカルから発売中のフローティングミノーです。

ロングビルタイプなので、水深1.5メートル程度まで一気に潜行させることができますよ。

リップにしっかり水が当たるデザインで、ボディとの接合点を絞り込んでいることから、ワイドなウォブリングアクションを得意としています。

これならトラウトに見つけてもらいやすいですし、全長40ミリとひと口サイズなのでフッキングにも持ち込みやすいでしょう。

実際にラインに結んでみると、自重2.6グラムとは思えないほどよく飛んでくれます。

そこからダイブさせて底取り、コツンと当たったらキルを入れて浮かせつつ、またリトリーブを再開してただ巻きで誘ってみてください。

カラーバリエーションが豊富なので、アタリがひんぱんに発生するカラーを見つけるまで、ローテーションを繰り返しましょう。

またショートリップタイプのブリブリミノーもリリースされていますから、狙う層に合わせて取り換えてもいいかもしれませんね。

実売価格は千円前後と安めの価格設定、派手系やシルバー・ゴールド系も揃えたくなります。

ボトムタッチを繰り返しても、リップが破損して欠けてしまうようなトラブルは皆無。

安心して使い込めるよく出来たトラウトミノーといえるでしょう。

ダイワ(DAIWA) エリア トラウト プレッソ ダブルクラッチ 45S tuned by HMKL トッピングフード ルアー

ダイワ(DAIWA) エリア トラウト プレッソ ダブルクラッチ 45S tuned by HMKL トッピングフード ルアー

最安値価格
¥1,336(楽天市場)

Amazonへ ¥1,402

楽天市場へ ¥1,336

Yahoo!へ ¥1,342

こちらは泉和摩プロが主宰するハンクルでチューニングされた、ダイワのトラウトミノーです。

スローシンキング仕様に設定されていて、全長は45ミリで自重は2.1グラム。

キャストするとゆっくり沈んでいって、リップを下向きにボトムにタッチ。

そのままの姿勢で横倒れせずに逆立ちするようになっています。

ロングビルデザインなので、その長さ分ボトムから離れていることになり、引っ掛かり・根掛かりを効率よく回避してくれますよ。

スローにリトリーブすれば、軽めのボトムノックを繰り返しながら地形変化をトレースすることも可能。

そのイレギュラーで微細な震えに、トラウトはたまらずバイトしてくるでしょう。

実際に手にしてみると、コンバクトでスリム。

しかもシングルフックが2つ標準で装備しているので、フッキングレスポンスはバツグンです。

中層をフォールしている最中に、トゥイッチやジャークを入れてみてください。

独特のダートアクションを披露してくれるので、トラウトを効果的に誘えますよ。

実売価格は千円前半と、とてもリーズナブルな価格帯に収まっています。

独特のカラーリングも、ハンクルによるものなので釣果にも期待が膨らみますね。

スミス(SMITH LTD) ミノー パニッシュ SP 55mm 2.7g HH クラウン #34

スミス(SMITH LTD) ミノー パニッシュ SP 55mm 2.7g HH クラウン #34

最安値価格
¥1,485(amazon)

Amazonへ ¥1,485

楽天市場へ 取扱なし

Yahoo!へ ¥1,530

スミスからリリースされているサスペンド仕様のトラウトゲーム用ミノーです。

ショートリップで全長55ミリ、自重は2.7グラムに設定されていますよ。

キャストしやすくて潜行も素早く、リールハンドルを止めればピタリと中層サスペンドしてくれるのがいいですね。

誘いの間をトラウトに与えられますし、そこからのリトリーブでローリングアクション+ウォブリングアクションをしっかり繰り出してくれます。

実際に使ってみると、後追いしてきたトラウトが迷いなくバイトしてくる姿を見ることができますよ。

リトリーブを止めたほうがいいのか迷いますが、ただ巻きで食いが落ちてきたタイミングで、いろいろとロッドワークを加えてみればいいのではないでしょうか。

かなり俊敏にレスポンスよくアクションしてくれるので、タフコンディションのときや他のミノーに反応しづらいときに、取り出してキャストしてみましょう。

実売価格は1500円前後、クラウンカラーなどの集魚効果の高いカラーがラインナップされているのも嬉しいですね。

使っているアングラーがとても多く、トラウトゲームはもちろん、ソルトウォーターゲームでもさまざまなフィッシュイーターたちを引き付けるのに役立っています。

トラウト用ミノーを駆使して大型魚を釣り上げよう!

トラウトゲーム用ミノーの特徴や使い方、おすすめのアイテムをご紹介しましたが、いかがでしたか?

スプーンルアー一辺倒では、なかなか口を使ってくれないトラウトも、ミノーには反応してくれる場合があります。

どちらのルアーも試しながら、その日のベストを決めるのに必ず携行しておきたいですよね。

ペレットに似たマット系カラーが人気ですが、フラッシング効果を狙ったものも効果的。

さまざまなカラーをキャストして、自分の釣りスタイルに幅を持たせたいですね。

トラウトの関連記事はこちら

トラウト」カテゴリの人気記事

DAILYランキング