フックのパッケージイラスト

ネコリグでバスを釣りたい!フックのセット方法やおすすめアイテムをピックアップ

FISHING JAPAN 編集部

バス釣りのワームを使ったアプローチでよく用いられるのが、ネコリグです。

ストレート系ワームの先端にシンカーを挿入して、専用のフックをワームの中心付近にセットすると、そこを支点にヘコヘコ動いてくれますよ。

まるで生き物のようなアクションを発生させるので、バスは迷わずバイトしてくるといわれています。

ここでは、ネコリグの特徴やフックのセット方法、おすすめのアイテムをご紹介しましょう。

「結構ネコリグを結んでキャストしている人って多いよね!」

その通りです!理由はよく釣れるから・・だけではなく、根掛かりが少なくワームのロストも減らせるからでしょう。

ネコリグとは

ネコリグとは、バス釣りによく用いられるワームのリグ=仕掛けのことです。

具体的には、ストレート系ワームを用意して、その頭部先端からネイルシンカーを刺し込みます。

当然水中に放り込めば、頭部を下にしてボトムで立つことに。

そういう状態のワームを、生命感溢れるように操るには、フックのセット位置が重要になってきますが、ワームの中央部分にセットすると、への字のように曲がっては復元を繰り返すことが可能に。

このアクションを発生させるリグを、ネコリグと呼んでいますよ。

発明したのは、一誠の村上晴彦さん。

いつもながら、柔軟な着想でバス釣りを面白くしてくれますよね。

フックに付いているラインアイをワームの中心部に持ってくることで、ロッドワークがそのままワームのアクションに転化されますよ。

細かなシェイキングはワームの震えにつながりますし、縦方向にロッドティップを跳ね上げるとワームもリフトされて、そこからフォール姿勢に切り替わります。

全てが誘いの要素を強く含んでいますから、バスが食い付いてくる可能性は高まるばかり。

もし食い渋っても、そのままボトムでワームが倒れ込むまで放置すると、我慢し切れなくなってバイトしてくれるでしょう。

ストレート系ワーム以外にも効果的なワームを見つけて、自分なりのネコリグアプローチを確立してみてください。

ネコリグへのフックの取り付け方法

ネコリグのフックの取り付け位置は、写真のように真ん中周辺がおすすめです。

頭部先端にはシンカーを挿入するスペースを確保しておいてください。

シンカーのウエイトを軽くすると、ゆっくりフォールさせることが可能になり、その姿をバスに見せて誘えます。

シンカーを重くすると、ボトム感知能力が増し、どんな地質なのかイメージできますよ。

例えば、岩ならゴツゴツした感触が伝わってきますし、砂地なら引っ掛かりのないスルリ感を味わえるでしょう。

ウィードの場合も、引っ張られてから外れる感触で判別できますから、まるで魚探で水中を探っている感覚に浸れます。

ボトムの状態を把握できるようになると、バスの居付き場所を推し量れるように。

当然釣れる数も増えてきて、ビッグバスに遭遇できる可能性も高まりますよ。

複雑で濃いカバーも攻められる高いスナッグレス効果

ネコリグの場合、ワームにフックをセットする際に、ハリ先をワームの中に埋め込むことができます。

そうすればカンタンには根掛かりませんから、スナッグレス性が高まったことに。

複雑に入り組んだ濃いカバー周りで操るにしても、積極的に接触を繰り返しながらのアプローチが可能になりますよ。

バスは、我が身を安全な場所に置いて、捕食対象を狙う習性がありますから、そういったピンポイントの攻略にもネコリグは適しているでしょう。

ノーシンクーリグに匹敵するぐらいの、カバー攻めに適したリグといえますね。

シンカーを重くしたり、ワーム素材を高比重なものに変えると、ロングキャストで遠くのポイントも狙えるようになります。

ネコリグにおすすめのフックやワームはこちら!

ネコリグで用いるのにおすすめのフックやワームをご紹介しましょう。

まずは、フックから。

ネコリグ専用と謳われているものが、ずいぶんと増えてきました。

これはネコリグユーザーが増加している表れで、フックメーカーへのフィードバックが盛んにおこなわれている証しでしょう。

モーリス(MORRIS) ノガレス フッキングマスター ネコリグオフセット ライトクラス #2

モーリス(MORRIS) ノガレス フッキングマスター ネコリグオフセット ライトクラス #2

最安値価格
¥247(Yahoo!)

Amazonへ ¥296

楽天市場へ ¥248

Yahoo!へ ¥247

バリバスブランドから発売中の、ネコリグ専用フックです。

オフセットフックのデザインになっているので、任意の箇所にフックを留め置くことがやりやすいですよ。

ファインワイヤー仕様でグランポイントを採用していて、ゼロフリクションコートというフッ素コートも施されているので、刺さりの良さがバツグンなのが嬉しいですね。

ワイドゲイブですから、バスの口に入ったらハリ先が突出しやすく、ロッドを立てて巻き合わせをするだけでしっかりとフッキングにつながる効果があります。

実際にジャッカルのワーム・ホールフリックを使ってネコリグアプローチを試してみました。

ハリ先を軽めにボディに刺してセット完了、これならショートバイトでもフッキングに持ち込めます。

ただし、あまり慌ててフッキング動作に入ると、フックそのものがバスの口に入っていないことがありますから、ラインが走り出すのを確認してからアワセを入れるようにしましょう。

このフックに採用されているゼロフリクションコートとは、流行りのフッ素コートのことです。

刺さりを優先するようになってきているので、フックの必須スペックとなりつつありますよね。

ワームにセットする際に、自分の指先を傷めてしまうことが稀にありますから、じゅうぶん注意してください。

またワームに装着した後、フックのラインアイにペグ止めをしておくと、シェイクやキャストを繰り返してもズレを抑えることができます。

手返しよくアプローチするためにも、ペグ止めを上手く活用したいですね。

JACKALL(ジャッカル) ワーム ホールフリック 6.5インチ ドバミミズ

JACKALL(ジャッカル) ワーム ホールフリック 6.5インチ ドバミミズ

最安値価格
¥758(楽天市場)

Amazonへ ¥1,033

楽天市場へ ¥758

Yahoo!へ ¥758

ネコリグ用に作られた、ジャッカルのストレート系ワームです。

ボディの中央部にホールが開けられているので、そこにフックのラインアイを持ってくるようにセットすれば、カンタンにネコリグを作り上げることができますよ。

キャスタビリティも高く、遠投はもちろん、ピンポイントへの正確なアプローチもやりやすいように設計されています。

実際に使ってみると、ベイトタックルでも難なくキャスト可能なウエイトが魅力的ですね。

ネコリグにはシンカーが付いてきますから、やや重めのものを付けるだけで、スピニングタックルを使わなくて済みます。

ベイトタックルならではの太いラインとネコリグの組み合わせは、対カバー戦略に大きなメリットをもたらしてくれますよ。

直接複雑なブッシュやオーバーハングの中へ撃ち込むことも可能で、しっかりと送り込んだらすぐには引き出さずに、そのままアタリが出るまでじっくり粘ってみてください。

バスが食い付いてきたら、無理やり引き出せるだけのパワーが、ロッドには求められるでしょう。

このワームならカラーバリエーションも豊富で、水質やカバーの色に合わせて使い分けてください。

実売価格は700円台とリーズナブル、丁寧に使うことで微細なバイトを判別できるようになりますよ。

JACKALL(ジャッカル) JKカスタムシンカーハンマーネイル 5.0g(3/16oz) 6個入.

JACKALL(ジャッカル) JKカスタムシンカーハンマーネイル 5.0g(3/16oz) 6個入.

最安値価格
¥336(楽天市場)

Amazonへ ¥367

楽天市場へ ¥336

Yahoo!へ ¥336

こちらは、ネコリグ用に開発された専用シンカーです。

ワームから少し飛び出してシンカーを装着することに着目し、その部分をワームの太さに寄せて設計されていますよ。

セットした状態の一体感はバッチリで、しかもそのヘッド部分がウエイトアップにつながっています。

シンカーボリュームはさほど上がらずに、ウエイトだけがアップしますから、ボトム感知能力や飛距離を伸ばす要素が向上。

広範囲をしっかり探ることが可能になるので、釣れるバスの数も伸びるでしょう。

3.5グラム・5.0グラム・7.0グラムの3種類から選べるようになっていて、水深やカバーの濃さ・遠投要素も加味しながら使い分けてください。

ワーム本体には刺しやすく、抜けにくいカエシが付いているのも嬉しいですね。

実売価格は300円台とコスパ優秀ですから、全ウエイトを確保して釣り場に持参しましょう。

ネコリグを使いこなしてビッグバスを釣り上げよう!

ネコリグの特徴やフックの取り付け方法、おすすめのアイテムを取り上げましたが、いかがでしたか?

いきなりネコリグでアプローチするのではなく、バスの居場所を見つけるために、クランクベイトやバイブレーションルアーをキャストして、反応を確かめたいものです。

何か当たってきたな!と感じたら、そこへネコリグを投入してみましょう。

バス釣りの関連記事はこちら

バス釣り」カテゴリの人気記事

DAILYランキング