ロッドのアップ写真

ネッサリミテッドでサーフゲームを楽しみたい!シマノのハイエンドスペックロッドをチェック

FISHING JAPAN 編集部

サーフゲームでヒラメをターゲットにするアングラーが増加中です。

シマノからリリースされているハイスペックロッド・ネッサリミテッドなら、遠投して広範囲に散っているヒラメを、効率よく獲ることができるでしょう。

いったいどんな機能を搭載しているのか、詳しくご紹介します。

「全アイテムが3ピース構造なんだよね!」

その通り!ロングレングスを活かしつつ、ジョイント構造にこだわった結果の3ピース構造選択が、サーフゲームをより一層楽しいものにしてくれるはずです。

ネッサリミテッドとは

ネッサリミテッドとは、シマノから発売中のサーフヒラメゲームに対応するスピニングロッドのことです。

設定価格帯から見ると、シマノのハイエンドスペックモデルであることは間違いないでしょう。

全部で4機種が用意されていて、10フィートを超えるロングレングスが与えられていますよ。

長いということは、ルアーの飛距離を伸ばせることにつながります。

サーフの沖合いに潜むビッグサイズのヒラメを釣り上げるには、遠投性能は外せないでしょう。

そのロッドの長さを支えるのが、全機種に採用された3ピース構造です。

3つに分けることによってブランクスに体幹の強さを求めることができていますよ。

バットに強さと張りを、ティップにヘビーウエイトルアーを操作するための張りを、そしてバットとティップをつなぐベリー部分には柔軟で安定感のある曲がり・復元力が課されています。

それぞれのピースのメリットが活きる構造、それが3ピースなのです。

投げ釣り用ロッドでは、以前からこの選択が成されていましたから、いよいよサーフゲームロッドにも転用されるときがきた!ということでしょう。

ネッサリミテッドのブランクスにはスパイラルXコアを採用

ネッサリミテッドのブランクスには、スパイラルXコアが採用されています。

これは、シマノ独自の設計・製造によって作られたブランクスで、曲がり・ネジレ・ツブレなどのあらゆる変化・変形に対して、高い強度を追求したものです。

シマノブランクスの基本構造・スパイラルXに、東レ(株)のナノアロイテクノロジーなどによる高強度材のカーボンスリットテープを使って仕上げられていますよ。

シマノのハイエンドスペックロッドには、必ずといっていいほど用いられるブランクスですから、サーフゲームロッドがまた一歩進化したといえるかもしれませんね。

実際に使ってみると、軽さと感度に驚かされます。

そして魚を掛けたあとの曲がり→復元がスムーズで、魚に主導権を取られてしまう事態には至らないでしょう。

しっかりとロッドを立てて曲がりを作り出し、その反発力で大型魚を水面まで引き寄せてください。

ネッサリミテッド各機種のインプレチェック

それでは、ネッサリミテッド各機種を手に取ってみた際のインプレをご紹介しましょう。

10フィートを超えているロッドとは思えない軽さに、まずはビックリしてしまいます。

独特のカラーリングもシブめで、所有満足感が満たされていく仕上がりになっていますね。

ネッサリミテッドS102M

ネッサリミテッドシリーズの中で最も軽快に扱える機種・S102Mです。

遠投性を損ねないようにして、操作性とのバランスを考えて作られていますよ。

サーフゲーム攻略には欠かせないミノーやメタルジグ・ジグヘッド+ワームなどの幅広いルアーに向いています。

長い時間フルキャストし続けても疲れにくいのが嬉しいですね。

いわゆるオールラウンダーとして、さまざまなシチュエーションに対応可能なスペックの持ち主といえるでしょう。

自重が170グラムを下回っているのは、この機種のみですから、軽さ重視の人にぜひ手に取ってもらいたいですね。

ルアーで36グラムのものまで背負えますから、ジグなら40グラム前後になるでしょうか。

ライトショアジギングの遠投用ロッドのイメージで使いこなしてみましょう。

ネッサリミテッドS1010M+

ネッサリミテッドシリーズ最長のロッド・S1010M+です。

軽いスイングでキャストしても安定した飛距離の伸びを示してくれるアイテムですよ。

長さ=持ち重りを感じさせないバランス設定がポイントで、疲れやストレスを抑えてくれることに直結しています。

沖合いの地形変化やサンドバーを狙って、遠投を繰り返してみましょう。

ミノーを用いたジャークや、ジクのフォールも的確にこなせますし、遠距離におけるフッキングも長さがうまくフォローしてくれる仕組みになっています。

自重179グラムですから、重い部類には含まれませんよね。

ルアーなら42グラムまでをカバーし、ジグなら50グラムまでをキャストすることが可能です。

釣り場に応じて結ぶものを切り換えながら、ヒラメの反応をチェックし続けてみてください。

アタリを感じてもすぐにはフッキング動作に入らずに、まずはロッドを立ててラインスラックを消し、どちらへ逃走しようとするかを把握しましょう。

シマノ(SHIMANO) サーフゲームロッド ネッサ リミテッド S1010M+

シマノ(SHIMANO) サーフゲームロッド ネッサ リミテッド S1010M+

参考価格:¥70,598

Amazonへ

楽天市場へ

Yahoo!ショッピングへ

ネッサリミテッドS104MH

飛距離が欲しいアングラーにうってつけのパワーロッドです。

重量のあるメタルジグやジグヘッドリグなどをフルキャストして、ボトムから中層にかけてをトレースしたい場合に重宝するでしょう。

シャープな振り抜け感は素晴らしく、アタリに対するレスポンスも優れています。

海に波気があったり強風下などで、とても扱いやすいアクションに仕上げられていますよ。

自重172グラムで、適合ルアーウエイトは50グラム。

メタルジグなら56グラムまでなら乗せることができるでしょう。

積極的に攻めの姿勢で臨みたい人におすすめの1本です。

ネッサリミテッドS100MH+

こちらは追加モデルとして最後にラインップされた、ネッサリミテッドS100MH+です。

最も硬くて張りのあるパワーロッドだと認識して使ってくださいね。

重量級のルアーをフルキャストし、超遠投することを実現できるでしょう。

10フィートジャストですから長過ぎる印象はなく、自重172グラムと軽めなのでバランスよく扱える仕様になっていますよ。

適合ルアーウエイトは56グラムまでOK、ジグなら65グラムまでカバーすることが可能です。

これなら青物が掛かっても対処できそうですよね。

実際にサーフゲームを展開すると、ヒラメよりも青物のほうが釣れてしまうことがあります。

ナブラが起きたらそこを直接叩けるように、遠投用アイテムも手元に充実させておきたいですね。

ネッサリミテッドにマッチするおすすめのスピニングリールをピックアップ!

それでは、ネッサリミテッドに装着したいおすすめのスピニングリールもご紹介しましょう。

番手は4000番から5000番になりそうですが、1つだけ選べ!と言われれば、迷わず4000XGタイプになるでしょう。

ラインキャパとエクストラハイギアによる回収力は、サーフゲームには欠かせませんからね。

シマノ(SHIMANO) スピニングリール 19 ヴァンキッシュ 4000XG サーフ ヒラスズキ ライトショアジギング・キャスティング

シマノ(SHIMANO) スピニングリール 19 ヴァンキッシュ 4000XG サーフ ヒラスズキ ライトショアジギング・キャスティング

参考価格:¥44,305

Amazonへ

楽天市場へ

Yahoo!ショッピングへ

ロングノーズスプールが付いたおかげで、ライントラブルを抑えながら飛距離を伸ばせるようになった、新型のヴァンキッシュ4000XGです。

マグナムライトローターの軽やかで滑らかな回転には全くストレスを感じませんし、自重200グラムジャストですから手首・ヒジなどへの負担も軽減されます。

長い時間サーフに立ち続ける過酷な釣りスタイルなので、できるだけ身体に負担のかからないタックルセッティングを心がけたいですよね。

それならシマノのヴァンキッシュは、最適ともいえる製品バランスで充実した釣りを提供してくれるでしょう。

ネッサリミテッドに装着した際のバランス・扱いやすさも秀逸で、一度この組み合わせを体感してしまうとなかなか手放せなくなりますよ。

ネッサリミテッドを駆使してサーフゲームを楽しもう!

ネッサリミテッドの特徴や、おすすめ機種のインプレをご紹介しましたが、いかがでしたか?

広大なサーフエリアからヒラメを見つけ出すのは大変そうに感じますが、実はさまざまなヒントが転がっていることに気づきます。

離岸流の位置や潮の動き、地形変化の移り変わりなどを丁寧にチェックしながら、サーフゲームを楽しんでみてください。

ネッサリミテッドが手元にあれば、バツグンの感度と操作性であなたの釣りを助けてくれるに違いありません。

サーフの関連記事はこちら

サーフゲーム」カテゴリの人気記事

DAILYランキング