ルアーのアップ写真

ジョイクロ70で釣りたい!人気スイムベイトにダウンサイジング版が登場

FISHING JAPAN 編集部

ジョイクロ70は、ガンクラフトからリリースされている、ジョイント系スイムベイトです。

200ミリ前後のビックベイトの先駆けとして、広くユーザーから支持を受けているジョインテッドクローシリーズ。

そこになんと、ビッグサイズとは真逆の小さなボリュームデザインが追加ラインナップとなりました。

ここでは、新作ジョイクロ70の特徴や、おすすめのタックルセッティングをご紹介しましょう。

ジョイクロ70とは

ジョイクロ70とは、和歌山に拠点を置くガンクラフトが製作・販売している小型ルアーのことです。

ジョイント構造でリップがありませんから、スイムベイトのカテゴリーに含まれるのは間違いありません。

サイズは全長70ミリ。

付属の軟質テールを外すと60ミリほどのボディサイズになります。

これまでのジョイクロシリーズが、ビッグベイトと呼ばれるほど大きなものばかりでしたから、ちょっと衝撃的なダウンサイジング化ですね。

でも、アメリカの老舗ルアーメーカー・ヘドンには、ヘビーシリーズやタイニーシリーズといった、極端に小さなルアーもラインナップされています。

釣りをしていく上で、必要な選択肢として昔から認められているサイズといえますから、人気のジョイクロシリーズもそこに向けて舵をきったということでしょう。

ジョイクロ70のフローティングタイプ

この小さなスイムベイトには、フローティングタイプとシンキングタイプの2種類が用意されています。

フローティングタイプは、自重が4.1グラムで、先端のラインアイが横向きになっています。

こうすることで浅いレンジでS字アクションを引き出しやすいメリットがあります。

実際にキャストして動かしてみると、複雑な水の流れのあるポイントでも、ロッドワークにリニアに反応してくれるので、とても扱いやすいアイであることが分かりますね。

シンキングタイプも動かしてみた!

ジョイクロ70のシンキングタイプは、先端のラインアイが縦向きで、ノーズの少し上部分に付き出しているのが特徴的です。

こうすることで、ボトム付近まで沈めたルアーを、しっかり動かすことができますし、また動いていることを手元で感じることも可能になります。

ロッドを縦方向にリフトする際に、左右にナチュラルダートさせるイメージでしょうか。

自重は4.6グラムに設定されていて。ボトムに置いてから瞬間ダッシュさせるのもやりやすいセッティングになっていますよ。

ジョイクロ70をキャストするのにおすすめのタックルはこちら!

ジョイクロ70を実際にフィールドでキャストしてみました。

自重が5グラムを切るので、最初はスピニングタックルを用意。

河口域でシーバスゲームをおこなってみましたよ。

向かい風の影響を受けやすいシチュエーションでしたが、弾道を低く抑えればじゅうぶん飛距離を稼ぐことが出来ます。

ダイワ(DAIWA) シーバスロッド スピニング レイジー スピニングモデル 90L シーバス釣り 釣り竿

ダイワ(DAIWA) シーバスロッド スピニング レイジー スピニングモデル 90L シーバス釣り 釣り竿

最安値価格
¥18,233(Yahoo!)

Amazonへ ¥19,676

楽天市場へ 取扱なし

Yahoo!へ ¥18,233

1号前後のPEラインで、軽くキャストしてバイトを拾っていくのに適したシーバスロッドです。

とにかく軽くて柔らかいので、カバーやストラクチャー周りにジョイクロ70を静かに着水させやすいですね。

魚が掛かってからはのされることもなく、ロッドを立てるだけで引き寄せが可能。

操作性の高さが、ルアーのポテンシャルを活かすのに効果を発揮してくれますよ。

ダイワ(DAIWA) リール 19 バリスティック LT3000S-CXH

ダイワ(DAIWA) リール 19 バリスティック LT3000S-CXH

最安値価格
¥24,618(amazon)

Amazonへ ¥24,618

楽天市場へ ¥29,542

Yahoo!へ ¥27,766

1号のPEラインを190メートル巻けるスピニングリールです。

キャストしやすく巻き取りもスムーズ、自重180グラムはとても軽くて操作性が高いのがいい゛てすね。

5グラム以下のルアーをキャストするのにも適していて、ライン放出時のトラブルもほぼありません。

0.8号以下の細いPEラインも試してみると、飛距離が安定して伸びるようになります。

ただし、ショックリーダーをやや長めにとって、根ズレ・擦れ対策をじゅうぶんにしておく必要はあるでしょう。

ダイワ(DAIWA) バスロッド ブラックレーベル LG ベイト 651M/MLFB 2019モデル

ダイワ(DAIWA) バスロッド ブラックレーベル LG ベイト 651M/MLFB 2019モデル

最安値価格
¥28,050(Yahoo!)

Amazonへ ¥29,920

楽天市場へ ¥28,787

Yahoo!へ ¥28,050

よく曲がって魚を弾かないベイトロッドです。

6.5フィートと取り回ししやすい長さで、魚が掛かってからはキレイな弧を描いてくれるテーパーデザインになっていますよ。

ベイトフィネスロッドではありませんが、軽いものを確実にキャストできるという点では、その範疇にクロスしていると考えていいでしょう。

スティーズCTなどのベイトリールとの相性がよく、10ポンド前後のライトラインを巻いてジョイクロ70を装着すれば、意図したピンポイントへ精度の高いキャストを繰り出すことができます。

ダイワ(DAIWA) ベイトリール スティーズ CT SV TW 700XH 2019モデル

ダイワ(DAIWA) ベイトリール スティーズ CT SV TW 700XH 2019モデル

最安値価格
¥50,906(Yahoo!)

Amazonへ ¥52,200

楽天市場へ ¥53,037

Yahoo!へ ¥50,906

キャストが安定しているので、悪天候の下でも安心した扱えるベイトリールです。

10ポンド前後のフロロカーボンラインなら、100メートル近く巻けるラインキャパもいいですね。

ロングキャストを実施しても、ラインがスプールから無くなってしまうことはありません。

低い弾道で連続キャストを繰り返しつつ、カバーやストラクチャー周りに潜む大型魚を引き出すのに向いています。

自重150グラムは、かなり軽くてアドバンテージは高め。

1日中釣りをしていても、ほとんど疲れ知らずでいられるのは、大きなメリットでしょう。

ジョイクロ70の価格

ジョイクロ70のメーカー希望販売価格は、2,600円です。

とてもリーズナブルな価格帯で、バスやシーバス・トラウトゲームを楽しめるのは嬉しいですね。

対象魚は、もっと広げられるはずですから、さまざまなフィールドへ持ち出してキャストを続けてみましょう。

フローティングタイプのお腹部分に板オモリを貼れば、サスペンド仕様に変えることも可能です。

トレースするレンジを丁寧に切り替えながら、その場にマッチしたベストアプローチを見つけ出してください。

ビッグベイトの関連記事はこちら

ルアー」カテゴリの人気記事

DAILYランキング