スプーンのアップ写真

イトウクラフト特集!人気トラウトルアーメーカーの製品ラインナップをチエック

FISHING JAPAN 編集部

河川の流れの中に潜むトラウト、例えばサクラマスを一度掛けてみると、それまでの釣り経験値が吹っ飛んでしまうような感動に揺り動かされます。

荒々しい首振りや走り、ひん曲がるロッドに糸鳴りを繰り返すライン。

周りの水の流れる音が、一瞬で全く聞こえなくなるような、厳かで貴重な圧のようなものを身体と心で感じ取る瞬間です。

イトウクラフトがリリースしているアイテム群は、そういったアングラーの時間を充実させるために、丁寧に作られているものばかり。

ミノーやスプーンといったルアー、ボロンコンポジットのロッドなど、思いの詰まったアイテムを、ここでご紹介しましょう。

イトウクラフトとは

イトウクラフトとは、東北エリア・岩手県に拠点を置く、ルアーやロッドの製作を手掛けているメーカーのことです。

主宰は、伊藤秀輝さん。

彼の周りにトラウトゲームを好むフィールドスタッフが集まり、そこからのフィードバックを製品化し続けているのです。

インジェクションタイプ、つまりプラスチック素材の量産を目的としたミノールアーやスプーン、バルサなどの木材を使用したミノールアーなどを、これまでにリリースしてきました。

そのユーザーは多く、高い支持を得ていることからも、丁寧で扱いやすいものづくりを徹底していることが伝わってきます。

ミノーはフラットサイドタイプのもので、シンキング仕様がメインセッティングに。

流れの強いポイントで、しっかりとトラウトに視認してもらうための工夫や、フラッシング・水押し・フッキング率向上などを狙ったボディデザインが、全機種に一貫して備わっているのが素晴らしいですね。

インジェクションルアーは、実売価格が千円台とリーズナブル。

お気に入りのカラーや形状を見つけ出して、自分オリジナルのラインナップをまずは構築するところから始めてみましょう。

イトウクラフトのロッド

イトウクラフトのロッドについて、ピックアップしてみましょう。

とてもシンプルな構成になっていて、渓流エリア用とメインストリーム用に大きく分けられています。

それをシングルハンドルタイプとダブルハンドルタイプとしても、仕分け表現していますよ。

自分のとらえやすいほうで、公式サイト内を検索できるようになっているので、お目当てのロッドにたどり着くまでが、とてもスムーズです。

またロッドはスピニングロッドとして表示されていますが、リクエストすればベイトロッドに必要なスペックに仕上げてくれるようになっていますよ。

グリップ周りを花梨調に仕上げたいリクエストも、メーカーに伝えることができるようになっています。

実際にスピニングロッドを手にしてみましたが、張りがあるというより、曲がりからの復元が早い印象を受けました。

いわゆるファーストテーパーのブランクスを採用していて、弾性の高いカーボンシートを使っているということでしょう。

積極的に魚を掛けて、ポイントから引き離す使い方に適しているのではないでしょうか。

ヘビーユーザーに聞いてみると、ミノーか魚に弾かれない程度の曲がりを、アングラーが欲しいと思うより先に魚に与えている、と評してくれました。

前のめりになって、自然との駆け引きを楽しめそうですよね。

イトウクラフトのルアー

イトウクラフトのルアーには、インジェクションタイプのミノーが数多くラインナップされています。

ウエイト別に名前を変えてくれているのが、分かりやすくてありがたいですね。

手元に取り寄せて使ってみたのが、蝦夷(えみし)の50Sと1st・1stのタイプ2・50Sのタイプ2・50FD・65S・山夷(やまい)50S・68S・ボウイ50Sです。

数字が大きくなるほど、広範囲を広く探れる仕様になっていて、層と範囲を両方意識しながら、システマテックにトラウトゲームを展開できるようになっていますよ。

重いセッティングのミノーでも、動き出しやその後のアクションの継続性はスムーズで、これなら流れの強弱に関係なくリトリーブを続けられる印象を持ちました。

残念ながら、筆者が住む地域ではサツキマスしか釣れませんが、ニゴイやナマズの攻撃をかわしながら、サクラマスに恋焦がれる釣りを実践しています。

丁寧で美しい仕上がりは、アングラーをその気にさせてくれますよね。

イトウクラフトの人気アイテムをチェック!

イトウクラフトからリリースされているアイテムの中から、人気のアイテムを取り上げてみました。

インジェクションミノーをメインに、インプレも含めながらご紹介します。

ネイティブトラウトをターゲットに釣りを楽しみたいと考えている人は、ぜひ参考にしてください。

イトウクラフト(ITO CRAFT) ルアー エミシミノー 50S YAE

イトウクラフト(ITO CRAFT) ルアー エミシミノー 50S YAE

参考価格:¥1,760

Amazonへ

楽天市場へ

Yahoo!ショッピングへ

イトウクラフトの50Sです。

手に入れた当初、ミッドシップウエイトの効能がよく分からなかったのですが、実際にフィールド(小規模河川の上流部)に出向いてキャストしてみると、ロッドワークに対するレスポンスが素早く、かつ安定した泳ぎを見せてくれることに気づきました。

このウォブリングとローリングの発生の仕方が、ミッドシップウエイトの真骨頂なのでしょう。

ボトムの岩に何度も当てて、ヒラ打ちを繰り返してみたものの、リップ等の破損は見られません。

じゅうぶんな耐久性をキープしているミノーとして、使える場面は広がりを見せてくれるに違いありません。

イトウクラフト(ITO CRAFT) ミノー エミシミノー 50S 1st 50mm 3.7g ITS ルアー

イトウクラフト(ITO CRAFT) ミノー エミシミノー 50S 1st 50mm 3.7g ITS ルアー

参考価格:¥1,582

Amazonへ

楽天市場へ

Yahoo!ショッピングへ

50Sミノーの1stモデルで、自重3.7グラムのタイプです。

渓流域の止水域で試したのですが、こちらもロッドから伝わる動きに対して、しっかり反応してくれるイメージですね。

アルミ張り仕様がとても美しく仕上がっていて、ハンドメイドミノーと見間違えるほどのクオリティです。

魚のほうの反応は、着水のタイミングが寄り・上ずりを見せてくれるので、アングラーとしては誘いに注力すればそのままバイトまで持ち込める感覚になれます。

オートマチックに釣れる感じはしませんが、こちらが仕掛けると魚も反応することから、レベルの高いデバイスであるといえるでしょう。

やや表層の目指しやすいのは、ラインの交換なとで対処できます。

イトウクラフト(ITO CRAFT) ルアー エミシミノー 50S TYPEIIRB

イトウクラフト(ITO CRAFT) ルアー エミシミノー 50S TYPEIIRB

参考価格:¥1,582

Amazonへ

楽天市場へ

Yahoo!ショッピングへ

50Sのタイプ2は、自重が5グラムに増量されていることに目が行きがちですが、リファインされている箇所が随所に見られ、全体的なバランスも積極的に変えられているイメージが強いです。

何より、このモデル用に作られたリップが秀逸で、魚を誘い、食わせに持ち込むまでの切り替えに、妙な間を発生させません。

それが釣り場のシチュエーションが変わっても、引き継がれて活用できるところが素晴らしいですね。

このモデルをメインでテストしたアングラーは、こういうミノーが欲しかったんだ!と、具体的に絵を描けていたのではないでしょうか。

インジェクションモデルという量産品でこのスペックができてしまうことに、心から敬意を表します。

釣りが好きでなければ、これはできません。

イトウクラフト(Ito Craft) バルサミノー ボウイ 50S BT

イトウクラフト(Ito Craft) バルサミノー ボウイ 50S BT

参考価格:¥3,509

Amazonへ

楽天市場へ

Yahoo!ショッピングへ

バルサ素材という木材をボディマテリアルに選んだ、シンキングタイプのミノーです。

インジェクションタイプをこれだけ豊富に作っていながら、やはりバルサは外したくなかったのでしょうか。

ダーター系のルアーが大好きなので、この頭部の凹み形状には興味が湧きます。

実際にキャストしてみると、レスポンスもキレも申し分ありませんし、飛距離もきっちり稼げるようになっていますよ。

リトリーブの途中でキルを入れると、独特の制動がかかってボディを揺らします。

これは魚によく効きますし、食わせのタイミングを任意に発生させられるので、頼れる道具として常に持ち歩きたいですね。

イトウクラフト(ITO CRAFT) スプーン 2015 エミシスプーン 37mm 3.0g HYM

イトウクラフト(ITO CRAFT) スプーン 2015 エミシスプーン 37mm 3.0g HYM

参考価格:¥713

Amazonへ

楽天市場へ

Yahoo!ショッピングへ

イトウクラフトが発売中のスプーンルアー最小サイズです。

37ミリで3.0グラムですから、渓流域でオーバーハングなどを果敢に攻めるのに使ってみたいですね。

回転するのをグッと我慢して、しっかりと左右にウォブルしてくる泳ぎっぷりは、魚に見切られにくい基本スペックが備わっているということになります。

裏面がハンマートーンに仕上げられているので、光の反射が柔らかくなる効果も期待できますよ。

イトウクラフトのルアーを駆使してネイティブトラウトを釣り上げよう!

イトウクラフトの特徴や人気アイテムをピックアップしてみましたが、いかがでしたか?

この完成度の高さは、メーカーとして市場に出す製品のハードルを、意識して上げているからでしょう。

そのレベルが当然であると考えているなら、次の製品ではまた超えてくることが期待できます。

ユーザーとしては、イトウクラフトから離れられなくなり、そのルアーを携えて釣りに行くのが待ち遠しくてたまらない状態に。

こういう連鎖を作り出せるのは、ルアーメーカーにとって理想ですから、ぜひ次を1日も早く見てみたいですね。

トラウトの関連記事はこちら

ルアー」カテゴリの人気記事

DAILYランキング