ジリオン10は2019年新発売のベイトリール

ジリオン10はダイワ最新鋭のベイトリール!ギア比10対1のメリット・デメリットを徹底チェック

FISHING JAPAN 編集部

いよいよダイワから、ギア比10対1のバス釣り用ベイトリールが新発売されますよ。

2019年リリースのジリオン10、正式名称は「ジリオン10.0R/10.0L SV TW」。

右巻きはもちろん、左巻き仕様もしっかりラインナップされての登場です。

デメリットなんてあるのかな?という印象ですが、基本スペックのご紹介や実際に使う際のシミュレーションをしてみましょう。

本場アメリカのバストーナメントに参戦している、大森貴洋プロのインプレ動画も届いていますよ。

2019年新発売・ジリオン10の基本スペックはこちら

ジリオン10は、バス釣り用に作られたベイトリールです。

淡水仕様になっているので、シーバスゲームやロックフィッシュゲームに使いたい人は、ソルト仕様がリリースされるまで我慢ですね。

ユーザーにいきなり我慢を強いるのは、デメリットといえるかもしれませんが、ダイワの新製品の場合はよくあるケースですから。

まずはバス釣りでジリオン10を味わい尽くしてみましょう。

ジリオン10の自重は215グラム!シマノのベイトリールと比較してみよう

このベイトリールは、自重が215グラムです。

シマノでいうと、スコーピオンDCと同じくらいで、アンタレスより少し軽いぐらいでしょうか。

特に手首やヒジに負担のかかる重さではないので、これまで通りのバス釣りを展開できるでしょう。

ロープロファイルデザインを採用していますから、とてもパーミングしやすく、ジャーキングやシェイキングなどの手首の動きを活用する使い方にも向いています。

ユーザー評価の高いTWSを標準装備!バックラッシュトラブルを気にせずキャスト可能

ジリオン10には、定評のTWSが搭載されています。

キャスト時の放出ラインが、幅広のレベルワインダーを通り抜けるので、余分な摩擦や抵抗を生むことなくスムーズにルアーを飛ばせますよ。

このとき発生するバックラッシュトラブルを、極力抑えられるのも、TWSの大きなメリットです。

搭載モデルが増えてきましたから、より精度・耐久性のアップしたTWSが体感できるはずです。

ジリオン10のデモンストレーション動画をチェック!

ギア比10対1のメリットとデメリット

このベイトリールには、ギア比10対1のメインギアが組み込まれています。

10対1ということは、リールハンドルを1回転させると、スプールが10回も回ることを意味していますよ。

その巻き取りの長さは、ハンドル1回転でなんと106センチ。

これはハイギアモデルのスピニングリールを凌駕する巻き取り量で、キャストしたルアーをあっという間に回収できてしまうことになります。

「えっ、そんなに早く回収しちゃっていいの?」

「バスが食い付く間を与えられなくなるんじゃない?」

そんな心配やデメリットを思い浮かべてしまう人も多いでしょうが、例えばピンポイントを狙ってキャストした場合、そこでバスが食い付いて来なければ、すぐに回収して次のピンポイントを撃つ準備ができることになります。

巻き取りの長さがギア比によって拡大されるメリットは、まさに釣れる機会が増えることに直結しているのです。

大森貴洋プロがジリオン10を使ってみたインプレ動画

ジリオン10のギア比10対1は、軽やかな巻き取りを阻害するのでは?と考える人もいるようです。

これまでのハイギアリールが、ローギアリールよりもハンドルの巻き抵抗を感じてしまうケースがあったからですが、これはもう実際にジリオン10を手にして、体感してみる他はないでしょう。

発売時期は、2019年の12月を予定。

2020年のニューモデルではないことが、強いインパクトとダイワの意気込みを感じさせますよね。

年末年始の釣具店は、このジリオン10を求めるアングラーで盛り上がるに違いありません!

この記事に関するテーマ

テーマをクリックすると、テーマに関連する一覧が表示されます!

全てのテーマを見る

DAILYランキング