バス ルアー 写真

ボトムを感知するシンキングミノーを使いこなそう!ディープゾーン攻略のためのバス釣りテクニック

FISHING JAPAN 編集部

秋のバス釣りは、バスそのものを見失うケースが多いです。

いつも攻めている岸際のカバーをルアーで撃っても、全く反応がありません。

その状態で池を1周まわっても、ノーバイトで終わってしまうでしょう。

岸際のカバーを攻めても不発なときは・・・

いつもの岸際カバーアプローチが通用しないときは、視線を沖合いに向けてください。

そこにはフラットな水面が広がっています。

狙うのはその水面の下、すなわち池の底=ボトムです。

ボトムの堆積物をチェック

ボトムには、さまざまな堆積物があります。

そこに小魚が居ついていて、バスの格好の捕食対象になっているかもしれません。

岸際で小魚の姿を見かけない場合は、ボトムに点在する沈みカバーを狙いましょう。

ボトムの地形変化をチェック

もうひとつボトムに存在するのは、地形変化=ストラクチャーです。

ボトムがいつまでも変化しないわけがありません。

岸に近づけば傾斜が発生し、水面へ向かうような地形に変わっていくでしょう。

こういう地形変化の箇所に、小魚は定着しやすいので、バスが滞在している可能性が高くなります。

それをルアーで狙ってみましょう。

シンキングミノーを駆使してボトムを攻略

おすすめは、浮力を抑えたシンキングタイプのミノーです。

ゆっくりと水平姿勢で沈ませながら、ボトムに到着したときに横倒れしないものが扱いやすいですよ。

例えば、ラパラを代表するカウントダウンシリーズなら、サイズも大小豊富に揃っていて、その日その場所のベイトフィッシュに合わせることができます。

カラーも数多くありますから、ベイトフィッシュに似たものをベースにローテーションをかけてみてください。

Rapala(ラパラ) ミノー カウントダウン ジャパンスペシャルカラー 5cm 5g レッドヘッド RH CD5/J ルアー

Rapala(ラパラ) ミノー カウントダウン ジャパンスペシャルカラー 5cm 5g レッドヘッド RH CD5/J ルアー

最安値価格
¥1,160(Yahoo!)

Amazonへ ¥1,179

楽天市場へ ¥1,178

Yahoo!へ ¥1,160

ラパラ(Rapala) カウントダウン 9cm 12g ライブワカサギ COUNT DOWN. CD9-SML

ラパラ(Rapala) カウントダウン 9cm 12g ライブワカサギ COUNT DOWN. CD9-SML

最安値価格
¥1,266(Yahoo!)

Amazonへ ¥1,336

Yahoo!へ ¥1,266

シンキングミノーの使い方は、岸の地形変化を観察するところから始めます。

もし岬状に突き出しているところなら、その延長線上にある水中にも、岬の尾根が走っているはずです。

その起伏に乗せるイメージでシンキングミノーを沈めて、着底したらしばらく置いておきましょう。

ラインを少したるませた状態にしておくと、バスがくわえて持ち去るのがラインの張り・動きで視認できます。

フッキングはそれからでもじゅうぶんに間に合いますよ。

釣りニュース」カテゴリの人気記事

DAILYランキング