ワーム 写真

ブラックバスを釣るためのワームリグ特集!ベーシックな仕掛け=リグをマスターしよう

FISHING JAPAN 編集部

画像のセッティングは人気のあるワッキーリグ、ジグヘッドを用いているので、ジグヘッドワッキーリグと呼ばれています。

支点をワームの真ん中近くに持って来て、ロッドシェイクによる振動を細やかに伝えることができるようになっています。

このようにブラックバスを釣るためには、さまざまな仕掛け=リグを使いこなさなければなりません。

ブラックバス釣りに適したワームリグを覚えよう!

ブラックバス用のリグは、最強と呼ばれる突出したものが存在しません。

リグそれぞれにメリットがあり、ブラックバス釣りの基礎として複数のリグを覚えておくほうがベターでしょう。

そこから自分なりに工夫を加えて、オリジナルのリグを編み出せたら、釣りの楽しさが理解できるようになるかもしれませんね。

おすすめブラックバス用リグ①ダウンショットリグ

ブラックバス用のワームリグとして、まずおすすめしたいのが、ダウンショットリグです。

海釣りでは胴付き仕掛けと呼ばれているもので、フックの下にシンカーを配置することで、一定のポイントにリグを滞在させながら、細かなアクションを加え続けることができます。

食い渋るブラックバスに遭遇したときに、是非試してもらいたいリグですね。

おすすめブラックバス用リグ②ジグヘッドリグ

ジグヘッドをワームにセットするジグヘッドリグも、ブラックバスに効果的です。

重心がジグヘッド部分に寄るので、ロッドワークがリグ全体にダイレクトに伝わりやすく、そのままスイミング姿勢に入ることも、ロングステイさせることもできます。

複雑なカバー周りでは引っ掛かりやすいデメリットがありますが、中層などにサスペンドするバスを狙うのに適しているでしょう。

おすすめブラックバス用リグ③テキサスリグ

テキサスリグは、スリップタイプのシンカーが先端部に設置されるリグです。

このシンカー部分からカバーやストラクチャーに当たるので、うまくすり抜けられる仕組みになっていますよ。

シンカーの重さを変えるだけで、濃いカバーの中へ撃ち込むことも、より深いボトムへ沈めることも可能です。

おすすめブラックバス用リグ④ノーシンカーリグ

最後にご紹介するのが、フックをセットするだけのノーシンカーリグです。

リグを沈めるためのシンカーは、どこにも存在しません。

そのためにゆっくりと水中をフォールしていくリグになり、バスが食い付くタイミングをとりやすい特徴があります。

見えバスに口を使わせたいときなどに、とても便利なリグですよ。

この記事に関するテーマ

テーマをクリックすると、テーマに関連する一覧が表示されます!

全てのテーマを見る

DAILYランキング