カメ 写真

カメとバス釣りの関係!カメの姿を見かけたらどう対処すればいいか考えてみよう

FISHING JAPAN 編集部

水面に突き出たカバーに乗っかっているカメ、バス釣り場ではよく見かける光景です。

甲羅を定期的に干すことで紫外線を甲羅に浴び、骨の成長などに必要なビタミンDを生成しているといわれていますよ。

カメを驚かさないで近づいてみよう

甲羅干しをしている状態のカメは、ほとんど動きません。

眠っているのかな?と近づいてみると、急に手足を動かして水中にダイブ!

そのときの水柱が上がるような激しさに、辺りの水面は大きく乱れてしまいます。

これではそばにもしバスがいても、驚いて逃げてしまうでしょう。

水没カバーの傾斜に注目

実際にカメの甲羅干しを観察してみました。

身体を支えることのできるカバーで、なおかつ登りやすい傾斜のものを好むようですよ。

まるでカメが木登りをしているようにも見えます。

この一端が水没しているカバーに注目してください。

そのカバーの先に何がある?

斜めに傾斜した状態で水中に刺さっているカバー、その先をイメージしてみましょう。

水面に現れている部分が太い幹だとしたら、それが先端に向かうにしたがって、細かな枝を複数本伸ばしている可能性があります。

それが複雑であればあるほど、バスが隠れるのに好都合といえるのではないでしょうか。

スクエアリップのクランクベイトを活用

水没カバーの傾斜角度に合わせて、水中のどの辺に細かな枝が密集しているか想定してみます。

そこにスクエアリップ形状のクランクベイトを通せば、枝の存在を引っ掛からずに確認できるでしょう。

強く接触させると、枝が折れたり引っ掛かったりしますから、慎重にタッチしてみてください。

カハラジャパン(KAHARA JAPAN) ルアー KJクランクベイト-SL #06 KJシャッド

カハラジャパン(KAHARA JAPAN) ルアー KJクランクベイト-SL #06 KJシャッド

最安値価格
¥1,250(Yahoo!)

Amazonへ ¥1,430

楽天市場へ ¥1,368

Yahoo!へ ¥1,250

予想通りに水没した枝を確認できたら、潜行深度の異なるクランクベイトを複数用意して、さらなる接触を図ってください。

触れたらリトリーブを止めてその場でクランクベイトを浮かし、再度リトリーブをスタートさせます。

この繰り返しを丁寧におこなうことで、効率よくバスをとらえることができるでしょう。

できるだけカメを驚かせずに実践してくださいね。

バス釣り」カテゴリの人気記事

DAILYランキング