ロッド 写真

ラディックスに2019年追加アイテムが8機種登場!充実のラインナップで磯釣りを満喫

FISHING JAPAN 編集部

シマノから発売中の磯釣りロッド・ラディックスに、2019年追加モデルが登場します。

繊細な08号から大型魚を狙える3号まで、8機種がラインナップ。

その特徴をチェックしてみましょう。

ラディックスってどんなロッドなの?基本スペックはこちら!

ラディックスは、磯釣りを楽しむための振り出しロッドです。

長さは4.50メートルから6.30メートルまで用意されていますよ。

繊細な08号から強くて張りのある3号まで、対象魚によって使い分けましょう。

ラディックスに新しく追加されたショートレングスモデル!

このロッドに2019年追加されたのは、4.50メートルというショートレングスモデルです。

中型のグレやチヌなどを狙うのに適しているでしょう。

08号も新たに設定されており、ショートレングスとの組み合わせで、繊細な釣りを展開できますよ。

シマノオリジナルのスクリューシートを搭載!

ラディックスには、シマノオリジナルのスクリューシートが搭載されています。

下方からのロックアップ式ですから、リールフットをしっかりと支えてくれるでしょう。

手元が安定すれば、安心して魚とのやり取りを楽しむことができます。

ソリッド仕様のタフテックαを採用!

このロッドのティップには、ソリッド仕様のタフテックαが採用されています。

08号から2号までの機種に搭載されていて、張りを抑えた曲がりを実現していますよ。

微細なアタリを逃さずに、フッキングへ持ち込めるでしょう。

ラディックスの08号450・530、1.5号450・630、1.7号500、2号500・630、3号530Tは、2019年の4月に発売予定です。

新しく追加された機種で、なかなか口を使ってくれなかったグレやチヌを攻略してみましょう!

この記事に関するテーマ

テーマをクリックすると、テーマに関連する一覧が表示されます!

全てのテーマを見る

DAILYランキング