バス ルアー 写真

ラバージグを操るためのロッドはどれがいいの?硬いXHロッドでなきゃダメ?

FISHING JAPAN 編集部

ラバージグをバス釣りで使うとき、ロッド選びはどうすればいいのでしょう?

「ガード付きのラバージグなら、硬いロッドでないとフッキングが決まらないよ。」

確かにラバージグのガードは、結構コシがあって曲がりにくいもの。

それをフッキングの力で曲げて、フックをバスの上アゴに貫通させようとしたら、硬いロッドが必要かもしれませんね。

ラバージグには硬いロッドが必要?

でも、それだけを理由にロッドをXHなどの硬いタイプにしてしまっていいのでしょうか。

昔からラバージグには硬いロッド!と、定番のように言われてきました。

そこにギモンを持って考えることが、自分に合ったラバージグロッドを見つけるベースになるでしょう。

例えば、ガードを数本抜いてしまえば、それほど強いフッキングパワーは要らなくなります。

そのほうが自分のいつものフッキングスタイルに合っていると感じたら、ロッドは張りを感じる程度のものから選べるようになりますよ。

ロッドの軟らかさで入ってくる情報を整理しショートレングスで手元感度を上げる!

ラバージグはシンキングルアーですから、水中に沈んでしまうとその姿は見えません。

見えない対象を頭の中で想像しながら操るわけです。

そのとき、かすかな情報でも欲しいと思う人と、情報が多過ぎたら迷ってしまう人が出てくるはず。

ロッドを硬過ぎない方向に振れば、情報はうまくスポイルされて絞り込まれますよ。

そのほうが集中しやすいと感じる人には、ロッドを短く=ショートレングスにして感度を上げ、軟らかいしなりで情報を整理していくスタイルをおすすめします。

底に転がっている石を越える瞬間をイメージできるようになりますし、崖の途中に突き出しているハンプに引っ掛かってから真下に落ちていく瞬間も分かるようになるでしょう。

ラバージグにおすすめのショートレングスロッド!

とてもスムーズに曲がるロッドですが、6フィートにも満たないショートレングスなので、手元にはさまざまな情報が飛び込んできます。

さほど硬くないのに底の様子が手に取るように分かる!それを体感できるコスパの高いラバージグロッドといえるでしょう。

ロッドの曲がりがスッ!と元の真っ直ぐに戻る瞬間が、地形変化を越えたとき。

すぐに戻らなければ、その変化が激しいのか、バスがくわえているのか。

その違いも使っているうちに分かるようになってくるでしょう。

ショートレングスなスピニングロッドも試してみよう!

ラバージグを操るからといって、ベイトタックルに限るわけではありません。

このロッドもショートレングスですが、ラバージグを操るのに向いていますよ。

スピニングタックルを使えば、着水したラバージグをフリーフォールさせることができます。

真っ直ぐ下へ落とせるメリットは大きく、バスに口を使わせる機会も増えるでしょう。

2500番サイズのスピニングリールに2号前後のPEラインを巻いて、ショックリーダーなしの直付けでガード付きラバージグを操るのがおすすめです。

この記事に関するテーマ

テーマをクリックすると、テーマに関連する一覧が表示されます!

全てのテーマを見る

ライター紹介

FISHING JAPAN 編集部

FISHING JAPAN 編集部

FISHING JAPAN編集部は5人体制で編集やサイト運営を行っています。

ライターは、釣り歴40年以上のベテランや釣り雑誌元編集長、人気インストラクターなど、バラエティに富んだ総勢15名が在籍し、幅広い記事を毎日配信しております。

上級者から釣りを全く知らない方にも、魅力を様々な角度からお伝えし、釣りに興味を持ってくださるきっかけとなるように今後も力を入れて参ります!

このライターの全ての記事を見る

DAILYランキング