リール 写真

人気のベイトリール・バンタムMGLを今年1年使ってみた!実釣インプレと次期モデルへの要望をピックアップ!

FISHING JAPAN 編集部

シマノから発売中のバンタムMGLは、バス釣りが日本に広がりを見せようとしていた時代の製品名称を採用したベイトリールです。

バンタムと聞いて、懐かしいと感じる人は多かったでしょう。

しかしながら、そういうノスタルジックな側面よりも、ベイトリールとして革新的な機能を採用したことに、我々釣り人は衝撃を受けたのです。

バンタムMGLの基本情報!どんなベイトリールなの?

バンタムMGLは、ロープロファイルデザインのベイトリールです。

自重は、215グラムから225グラムに設定。

手首や肘に負担を感じるような重さではありません。

ギア比は4種類から選べるので、スローリトリーブに徹したい人や、ルアーの回収を早めたい人まで、さまざまな要望に対応できるようになっています。

バンタムMGLはシンプルな造形で扱いやすい印象

このリールを俯瞰して見ると、極めてシンプルな造形に落ち着いていると感じます。

本来あるはずの出っ張りがやネジ穴が、ことごとく消えているからです。

その印象効果だけでも、一体成型を施したコアソリッドボディに変えたメリットを、感じることができます。

コアソリッドボディとは?

バンタムMGLのコアソリッドボディとは、レベルワインドプロテクターとサイドプレートとメインフレームを一体成型したボディのこと。

そうすることで、パーミングしたときのガタツキを無くし、高い剛性を実現することに成功したのです。

激しいフッキングや魚とのやり取りを支えるベイトリールに、理想的なボディ構造が誕生したことになるでしょう。

トッブウォーターフリークにも愛されるバンタムリール!

トップウォーターフリークにも人気のバンタムリールでしたから、この新しいバンタムMGLもオフセットされたガングリップに装着できるかどうか、注目されていました。

他社パーツではありますが、画像のようにガングリップにも装着できて、クラッチも干渉することなく切ることが可能です。

バンタムMGLを実釣で使ってみました。

20センチから60センチクラスのバスを300本を超えて掛けてみましたが、機能自体はどこも傷んでいる様子はありません。

表面に点キズやコスレが発生している程度で、滑らかに巻き上げることができて、ガタやシャリ音・ゴリ音は起きていません。

特に改善して欲しい要望も浮かんでこないほど、完成度の高いベイトリールに仕上がっていると感じます。

ブレーキシステムにDCを採用することや、レベルワインドをもう少しスプールから離すことを次期モデルには期待したいですが、それよりももっと現行モデルを使い込んでみたいですね。

まだまだ味わう余地のある、奥行きの深いベイトリールといえるでしょう。

製品のご購入はこちら

ベイトリールまとめはこちら

この記事に関するテーマ

テーマをクリックすると、テーマに関連する一覧が表示されます!

全てのテーマを見る

DAILYランキング