バス ルアー 写真

ペンシルベイトの操り方をマスターしたい!ドッグウォークだけでいいの?バス釣りにおけるペンシルベイトの効果的な使い方特集!

FISHING JAPAN 編集部

10センチ前後の棒状のルアーで、水面に浮かんで首を左右に振りながら泳ぐ!

そういう印象が強く残っているのが、ペンシルベイトです。

バス釣りで用いるものは、バスが好んで捕食している小魚のサイズや形によく似ていますね。

だから釣れる!と考えていいのでしょうか?

ペンシルベイトを現場で使っている人は意外に少ない・・

もしペンシルベイトがよく釣れるルアーなら、利用している釣り人はもっと多いはずです。

オンシーズンの池や湖に出かけて、ペンシルベイトをラインに結んでキャストしているトップウォータープラグ愛好家の、なんと少ないことか。

スイッシャーや羽根モノをキャストしている人が、圧倒的に多いですね。

ペンシルベイトのアピール力は控え目なの?

なぜペンシルベイトを選ばないのか、複数の釣り人に聞いてみました。

「プロペラが付いてないから、アピールが足りないと思ってさ。」

「バシャバシャ水面をかき回してくれるルアーのほうが釣れる気がするじゃん!」

どうやらペンシルベイトは、他のルアーと比べておとなしいイメージのようです。

確かにバスに見つけてもらわなければ、釣り上げることはできませんからね。

バスを釣るための効果的なアクションとは?

しかしながら、本当にペンシルベイトは、アピールの足りないルアーなのでしょうか?

得意のドッグウォークを連続で繰り出せば、羽根モノプラグと同様の水攪拌が期待できます。

でもそれだけでは、バスは釣れません。

釣るためのアクションを考えたとき、本当にドッグウォークだけでいいのでしょうか?

ペンシルベイトは、やや細身で10センチ前後の長さが伴なっています。

左右の首振りドッグウォークアクションに徹してしまうと、水飛沫が邪魔をして、ボディ全体のボリューム感がバスに伝わらなくなるでしょう。

実はこれがとてももったいないのです!

その場で静止して浮かべておくだけで、太陽光を遮りますし、細長いフォルムであることが確実にバスに伝わります。

捕食対象としてロックオンしてもらう機会を与えたことになり、そのまま静止が続けば、油断している小魚を演じていることにもなるのです。

ペンシルベイトでバスを釣ろうと思ったら、さまざまなアクションの後に静止する時間を取りましょう。

そうすることで、ペンシルベイト本来の釣る力を引き出すことができますよ。

活性の高い小魚ばかりを演じるのではなく、弱り切って動けなくなった状態を意識しながら、ロッドワークをおこなうようにしてください。

バス釣りでおすすめのペンシルベイトはこちら

HEDDON(ヘドン) ルアー オリジナルザラスプーク X9255GRA

HEDDON(ヘドン) ルアー オリジナルザラスプーク X9255GRA

最安値価格
¥2,021(Yahoo!)

Amazonへ 売り切れ

楽天市場へ 取扱なし

Yahoo!へ ¥2,021

釣りニュース」カテゴリの人気記事

DAILYランキング