シーバス ルアー 写真

巻くだけでアクションするトップウォーター!?各地で好釣果を生む話題のスイングウォブラーをご紹介!

FISHING JAPAN 編集部

魚の捕食シーンが目で見て楽しめるトップウォーターの釣り。

操るルアーを躊躇なく、体を出してまでアタックする姿に心を奪われる方も多いでしょう。

しかし一方でトップで釣ったことがない。

信じて投げ続けられない。

アクションが上手くいかないなど、トップウォータープラグが選択肢からはずれている方も少なくないです。

それはもったいない!

トップだから釣れるシーンもあります。

そこで巻くだけで簡単にアクションできると話題のルアーの特徴やインプレをご紹介します。

ポジドライブガレージ スイングウォブラーの特徴や使い方とは?

スイングウォブラーのジャンルはシンキングペンシルです。

しかし、通常のペンシルとは違い、特殊なヘッド形状から巻き始めると急激に浮上します。

なんと使い方はとても簡単!

巻くだけで小刻みにドッグウォークをしてくれるんです。

通常ドッグウォークをさせるには意図的にアクションを入れなければいけません。

リズムよくアクションさせるには慣れが必要です。

それが巻くだけで出来るのであれば、トップウォーターの使い方がよくわからないという方にもピッタリです。

スイングウォブラーのアクションはこちら

スイングウォブラーのカラーとは?

スイングウォブラーのカラーは10色のラインナップです。

・レッドヘッドパール

・カタクチピンクベリー

・とうごろう

・ボラ

・ホワイトミノー

・イエローショアミノー

・CHモヒート

・チャートヘッドゴールドレッド

・ピンクバック

・サイケデリックパロット

定番のナチュラル系だけでなく、視認性のいいカラーのラインナップも目立ちますね。

カラーラインナップを全て見たい方はこちらをご確認ください。

スイングウォブラーのインプレとは?

このルアーは昼夜を問わず活躍します。

イナッコなどの表層系のベイトやデイゲームのイワシなど、ベイトが追われているシーンで特によく使われています。

その中でもインプレではマイクロベイトのパターンでも釣れた!という声が目立ちます。

マイクロベイトとは2~3cmのベイトを捕食するため、それをルアーで狙うのは難しいです。

ボイルはしてるけど、何しても食わない・・・

そんな状況でスイングウォブラーを投げたら連発しました。

偏食している魚にスイッチをいれるアクションが、このルアーにはあるのかもしれませんね。

青物とも渡り合える大型フック搭載?注目の新サイズとは?

スイングウォブラーはマイクロベイトにも効果を発揮します。

しかし、それゆえにボディが小さく、大型フックを乗せることができません。

そのため青物などパワーファイトには向かないでしょう。

そこで発売されるのが、スイングウォブラー145sです。

ボディが大型化され、フックサイズをあげることができます。

また、55gあるみたいなので、青物を狙うショアジギタックルでも飛距離を稼ぐことができます。

7月頃発売予定らしく、発売が待ち遠しいですね!

釣り人の皆さんも是非シーバスに青物とスイングウォブラーで狙ってみてはいかがでしょうか?

新しい戦力として活躍してくれるかもしれませんよ。

ご購入はこちら

この記事に関するテーマ

テーマをクリックすると、テーマに関連する一覧が表示されます!

全てのテーマを見る

ライター紹介

FISHING JAPAN 編集部

FISHING JAPAN 編集部

FISHING JAPAN編集部は5人体制で編集やサイト運営を行っています。

ライターは、釣り歴40年以上のベテランや釣り雑誌元編集長、人気インストラクターなど、バラエティに富んだ総勢15名が在籍し、幅広い記事を毎日配信しております。

上級者から釣りを全く知らない方にも、魅力を様々な角度からお伝えし、釣りに興味を持ってくださるきっかけとなるように今後も力を入れて参ります!

このライターの全ての記事を見る

DAILYランキング