マダイ 釣り人 写真

マダイのボスはイワシやイカが大好物!成長するにつれて魚食魚に!?70cm超の大鯛も狙える釣法とは?

FISHING JAPAN 編集部

魚の種類は五万とあって、その大きさや住む場所などの条件によって様々なエサを食べて生活しています。

その中で生きた小魚を主にエサにしている魚を魚食魚と呼びます。

たとえば日本の近海では、カツオやマグロ、カジキなどが有名な魚食魚ですね。

カツオはイワシなどの小魚を追って南の海から黒潮に乗り北上してきます。

ところがそのカツオの群れを追ってさらに大きなマグロやカジキも北上してきます。

海の中では小魚は中型魚に食われ、中型魚は大型魚に食われる食物連鎖が繰り返されているのです。

このような回遊性の魚食魚もいれば、ヒラメやスズキ、タチウオなどのように、その海域に定着している魚食魚もいます。

ところが魚食魚のイメージがあまりない魚でも、成長するにつれて小魚を食べ出すものがいるようなんです!

大鯛は小魚を好む!

たとえばマダイなどがそうです。

「エビ鯛」の呼び名があるように、普段は海エビなどの甲殻類を好んで食べる魚なのですが、大鯛と呼ばれる70cm超の大きさになると、イカや小魚なども好んで食べるようになるのです。

たとえば、カンパチやヒラマサを狙って落とし込みと呼ばれる釣りをしているとき、ベイトがイワシだったら60cmを超える大型のマダイがよく釣れます。

これは、マダイがイワシのエサを好むからですが、小ダイと呼ばれる幼魚のころからイワシを好んで食べるかといえば、そうではないようです。

イワシのエサを好むようになるのは成魚になってから、少なくとも40cmを超える大きさになってからといえるでしょう。

イカ鯛釣りもおもしろい!

マダイが大型になるとエサとして好むのは、イワシばかりではありません。

イカもマダイの大好物ですよ。

夏の夜の風物詩、イカの夜釣りで釣れたイカをハリに刺して泳がせておくと、70cmを超える大鯛がよく釣れます。

若狭の海では、この「イカ鯛釣り」が定着してきましたね。

巨大なマダイを釣りたい人にはオススメです!

関連記事

桜鯛ってマダイが桜色になるからそう呼ばれるって本当?4月頃から始まる乗っ込みや婚姻色の不思議に迫る!

マダイが爆釣!でもそのマダイ、どう料理する?日持ちもしておいしい南蛮漬けをご紹介します!

釣りニュース」カテゴリの人気記事

DAILYランキング