アジ 写真

ほぼ同じアジなのに値段が違うって本当!?これを知っておけば得しちゃう!2種類のアジの違いや値段までドドンっと大特集!

FISHING JAPAN 編集部

アジは味なりという言葉があります。

とにかく美味しい、そして釣りやすいのがアジの魅力ですよね。

そんなアジですが、アジ科マアジ属のマアジには、2つのタイプがあることをご存じでしょうか?

2種類のアジの違い、そして同じアジなのに値段がまるで違う興味深い話までご紹介させていただきます!

黄アジ

アジの2つのタイプのうちの1つは、黄アジです。

あまり沖合には回遊せず、湾内深くに入り込んで浅場に根づくタイプで、大きくなってもせいぜい30cmほどの大きさです。

体高があってヒレや体が黄金色に輝きます。

兵庫県の明石周辺ではメクリアジとも呼ばれていますよ。

初夏が旬で脂がよく乗るため、東京の築地市場でも高値で取引される魚にひとつです。

鬼アジ・黒アジ

もう1つは、鬼アジや黒アジと呼ばれる沖合回遊型のマアジです。

鬼アジという呼び名は、鬼のように大きくなるからという人もいますが、真意のほどは謎です。

黒アジという呼び名は、背の体色が少し黒いのと、ノドの奥も真っ黒なためです。

これらのアジは、黄アジよりもかなり大きくなり、50cm近くにまで成長しますよ。

鬼アジの興味深い話

ブランドアジで知られる大分県佐賀関沖の豊後水道の関アジは、沖合回遊型の鬼アジです。

まるでサバのような50cm近い大型が釣れます。

一本釣りで釣り上げられた関アジは、イケスの中で数日間、魚を休ませストレスをなくしてから出荷されるため、浜値で1匹1000円以上の値がつくことも珍しくありません。

これと同様に、大分県佐賀関の対岸、四国は愛媛県の佐田岬半島の先端近くにある三崎漁港からも豊後水道のアジ釣り漁船が出ています。

こちらでも大分県の関アジと同じような漁場でアジ釣りをしているのですが、関アジはブランド登録をしているため、なんと愛媛の漁船が釣ったアジは関アジとは呼べないのです。

同じアジなのに値段が違う!?

そこで、愛媛の漁船が釣ったアジは「岬(はな)アジ」という呼び名で売り出されています。

こちらも関アジと同じように豊後水道の一本釣りで釣れた300g以上のマアジを厳選し、漁港の大きなイケスで最低1日以上は休ませ、ストレスを抜いてから活け締めにし、水で身を引き締めてから出荷しています。

ただ、関アジほどのブランド力がないため、味はほとんど変わらないのに値段は関アジよりも安いです。

同じアジなのに、値段だけしか変わらない不思議な話ですが、知っているととってもお得ですね。

ただ、自分でたくさん釣るのが一番お得ですよ!

アジを釣って美味しくお得に食べてみてくださいね。

アジ釣りのオススメ釣り船

【神奈川県】

やまてん丸(横須賀・久比里港)

ページが見つかりませんでした

【東京都】

深川 吉野屋(江東・大横川南支川沿い)

関連記事

マアジの味の良し悪しは腹でわかる!?

アジングまとめ記事

釣りニュース」カテゴリの人気記事

DAILYランキング