リールのアップ写真

ベイトフィネスリールはどれを選べばいいの?特徴や使い方もチェック

FISHING JAPAN 編集部

ルアーの重さが1g程度といった軽いものでも、キャストできてしまうのが、ベイトフィネスリールです。

スピニングリールよりも太いラインが使えて、しかも糸ヨレを防いでくれるのが、大きなメリットといえるでしょう。

ここでは、ベイトフィネスリールの特徴や使い方・選び方について、詳しくご紹介します。

ベイトフィネスリールとは

ベイトフィネスリールとは、浅溝のスプールを装備した、軽いルアーをキャストするためのベイトリールのことです。

外観は、通常のベイトリールと変わりがないのですが、スプールの形状を見ると驚いてしまうかもしれません。

かなりの浅溝タイプになっていて、これで本当にラインが巻けるのかな?と感じるほどです。

なぜそんなスプールになっているのかというと、ラインを巻く量を減らすためです。

たくさんのラインを巻いた状態は、スプールの総重量が重くなります。

重いスプールは、回転の立ち上がりが遅く、軽いルアーをスムーズに飛ばすことができません。

そこでスプールを浅くデザインして浅溝タイプにし、最初からラインを大量に巻けなくしてあるのです。

でも、ちょっと考えてみてください。

ラインのあまり巻けないリールなんて、釣りで使いものになるのでしょうか?

そこで注目するのが、ラインの太さです。

ラインの直径を細いものにすれば、浅溝スプールでも釣りに使えるほど巻くことができます。

そして直径の細いラインは、軽いルアーをキャストするのにも長けています。

この2つの要素を両立できているのが、ベイトフィネスリールなのです。

具体的には、モノフィラメントラインの8lbを、45mほど巻ける浅溝スプールが搭載されています。

1gの軽量ルアーなら、20mも飛べばじゅうぶん釣りが成立しますから、45mという糸巻量は理にかなっているわけです。

例えば、渓流域におけるトラウトゲーム。

使うのは、4g前後のシンキングミノーが多いでしょう。

これをモノフィラメントラインの8lbを巻いたベイトフィネスリールに結んだら、20m以上の飛距離を叩き出せるはずです。

実際の渓流では、そこまでの飛距離を求められることは稀で、7mから15m程度のアキュラシー精度の高いアプローチが必要になります。

まさにベイトフィネスリールなら、そういうアプローチを実践可能にしてくれるでしょう。

丸型タイプで、安定した巻き心地を楽しみたいなら、シマノのカルカッタコンクエストBFSをおすすめします。

シマノ(SHIMANO) ベイトリール 23 カルカッタコンクエスト BFS XG LEFT (左ハンドル) ルアーキャスティング

シマノ(SHIMANO) ベイトリール 23 カルカッタコンクエスト BFS XG LEFT (左ハンドル) ルアーキャスティング

最安値価格
¥43,965(楽天市場)

Amazonへ ¥44,041

楽天市場へ ¥43,965

バス釣りで有効に使えるベイトフィネスリール!

ベイトフィネスリールを使うシチュエーションとして、渓流トラウトゲームを挙げましたが、バス釣りでもとても有効です。

小型軽量なフローティングミノーやシャッドをキャストして、リップでボトムやカバーなどに接触させながら泳がせると、大小さまざまなサイズのバスが釣れてくれます。

また水温の上がる春には、小型のポッパーやペンシルベイトを操るのにも向いています。

どちらのトップウォータールアーも、飛距離の伸びる形状をしているので、他のルアーよりも広範囲を探ることができます。

軽くて小さいのに、広範囲のバスに晒すことができますから、好釣果に恵まれるケースが増えるでしょう。

バスがなかなか口を使ってくれないような、タフコンディションを攻略するのに、ベイトフィネスリールのポテンシャルが役立ってくれます。

ダイワ(DAIWA) ベイトリール 20 アルファス AIR TW 8.6R(2020モデル)

ダイワ(DAIWA) ベイトリール 20 アルファス AIR TW 8.6R(2020モデル)

最安値価格
¥27,500(楽天市場)

Amazonへ ¥27,526

楽天市場へ ¥27,500

Yahoo!へ ¥27,500

ベイトフィネスリールとスピニングリールを比較してみた!

ベイトフィネスリールを使っていて感じるのは、スピニングリールよりも太いラインが使えることです。

これは、根ズレなどの多い釣り場では、とても大きなメリットになります。

また太いラインを使っているのに、スピニングリールのような糸ヨレトラブルが、ほとんど発生しません。

ラインがヨレなければ、キャストの数をどんどん増やせますし、大物が掛かっても、ラインブレイクなどのトラブルにつながりにくいでしょう。

安定した釣果を得るための道具が、ベイトフィネスリールであると考えていいのではないでしょうか。

ダイワ(DAIWA) ベイトリール/ベイトフィネス SS AIR TW 8.5R

ダイワ(DAIWA) ベイトリール/ベイトフィネス SS AIR TW 8.5R

最安値価格
¥41,477(Yahoo!)

Amazonへ ¥41,515

楽天市場へ ¥43,312

Yahoo!へ ¥41,477

ベイトフィネスリールを装着してみたいおすすめのロッドを選んでみた!

ベイトフィネスリールを装着してみたくなる、おすすめのベイトロッドをご紹介しましょう。

まずは、渓流トラウトゲーム用のベイトロッドから。

ショートレングスでしなやかに曲がるブランクスなら、渓流・源流域の狭い岸辺でも、携行しやすく振り回しやすいでしょう。

テイルウォーク(Tailwalk) ロッド トラウティア フェリーク C49L/G

テイルウォーク(Tailwalk) ロッド トラウティア フェリーク C49L/G

最安値価格
¥14,080(amazon)

Amazonへ ¥14,080

楽天市場へ ¥16,000

Yahoo!へ ¥15,675

テイルウォークブランドからリリースされている渓流トラウトゲーム用ベイトロッド・トラウティアフェリークシリーズのラインナップから、C49L/Gを選んでみました。

全長は4.9ftとショートレングスなブランクスなので、渓流域の狭い場所でも扱いやすいです。

2ピース仕様で、仕舞寸法は76cmにまで縮まります。

ヤブコギをしなければならないようなシチュエーションに遭遇したら、2本に分けて保持しながら歩くことができます。

ウエイトは83gと軽めですから、長い時間釣りを続けても、さほど疲れを感じてしまう展開にはならないでしょう。

適合するルアーウエイトは、最大で7gまで。

これなら、ひんぱんに使うことになるシンキングミノーを、柔軟ににキャストできるでしょう。

適合するラインは、モノフィラメントラインなら6lbまで。

PEラインなら0.5号前後を駆使しやすいので、鉄板系バイブレーションルアーでボトムを取る釣り方もおこないやすいです。

実際に手に取ってみると、とてもしなやかに曲がり込むブランクスに仕上げられていると感じました。

これはカーボン素材にグラス素材が、コンポジットされているからでしょう。

グラス素材自体は重いのに、ウエイトが83gに抑えられているのは特筆すべきスペックです。

実売価格は1万円台と、とてもコスパ優秀な価格帯に収まっています。

これから渓流域でのトラウトゲームを始めたいと考えているなら、ぜひ購入を検討していいベイトロッドではないでしょうか。

シマノ(SHIMANO) バス ベイトロッド 23 バスワン XT+ 166L-BFS/2

シマノ(SHIMANO) バス ベイトロッド 23 バスワン XT+ 166L-BFS/2

最安値価格
¥7,900(Yahoo!)

Amazonへ ¥8,316

楽天市場へ ¥8,316

Yahoo!へ ¥7,900

シマノから発売されているバス釣り用ベイトフィネスロッド・バスワンXT+シリーズの中から、166L-BFS/2を選んでみました。

全長は1.98mと、とても取り回ししやすい長さに設計されています。

2ピース仕様で、仕舞寸法は102cmにまで縮まります。

ウエイトは115gで、ブランクスの先径は1.6mmです。

適合するルアーウェイトは、3.5gから10gまで。

適合するラインは、モノフィラメントラインなら6lbから12lbまで。

PEラインなら、最大1.5号まで使えます。

ブランクスのカーボン素材含有率は、96.9%に設計されています。

実際に手に取って継いでみると、とても軽くて操作性の高いブランクスだと感じました。

ガイドにはラインが絡まりにくく、連続してキャストを繰り出すのに向いています。

グリップは細身で握りやすく、スナップを利かせたショートキャストを実践できるでしょう。

実売価格は7千円台と、とても低価格な設定に抑えられているのが嬉しいです。

ベイトフィネスリールを駆使してさまざまな魚を釣り上げよう!

ベイトフィネスリールの特徴や使い方・選び方、おすすめのベイトロッドをご紹介しましたが、いかがでしたか?

スピニングリールではアプローチしづらいカバー周りなどに、ベイトフィネスリールを使ってルアーを投入してみましょう。

積極的に大胆に使いこなすことで、より一層ベイトフィネスリールが活きてくるかもしれません。

ラインが細いので傷みやすいですから、常にチェックして巻き直す習慣を身に着けましょう。

ベイトフィネスの関連記事はこちら

ベイトリール」カテゴリの人気記事

DAILYランキング