ワームのアップ写真

サンカクコティーサンに2024年新カラーバリエーション登場【ノリーズ】

FISHING JAPAN 編集部

ストレート系ワームに、なにやら煙突が伸びたようなユニークなカタチをしているのが、ノリーズのサンカクコティーサン。

2024年には、新しいカラーバリエーションが追加ラインナップされます。

どんな使い方をするのが効果的なのか、分かりやすくご紹介しましょう。

サンカクコティーサンとは

サンカクコティーサンとは、ノリーズから発売中の、バス釣り用ワームのことです。

ストレート系ワームと言いたいところですが、ボディの前半3分の1辺りに、上向きに突起があります。

この突起の長さにマッチする、小さなオフセットフックを、突起の先端から刺して設置してみてください。

そうすると、とてもウィードレス効果の高い、ネコリグを作ることができます。

ネイルシンカーは、頭部の中心から刺して、少し露出させておくと、ボトムをとらえたときに感度がアップするでしょう。

ネコリグといえば、マスバリを用いるのがセオリーですが、マスバリはフックポイントがむき出しのままなので、濃いカバー周りで操ると根掛かりしてしまう危険性があります。

このサンカクコティーサンなら、前述のように小さなオフセットフックを使えるので、そのフックポイントをワームの肉に隠すことができ、根掛かり回避できるでしょう。

全長は、4inch=103mm。

使える小さなオフセットフックは、2番から1番サイズになります。

ネイルシンカーの重さは、スピニングタックルなら軽めにして、ライトラインによるカバー近くのアプローチに活用してみましょう。

ベイトタックルなら重めにして、太いラインによるカバー直撃アプローチに使えるでしょう。

サンカクコティーサンでカバーを攻めてみた!

サンカクコティーサンを実際にフィールドで使ってみました。

パワーフィネスなど、さまざまな使い方があるのですが、オーソドックスなベイトタックルで臨みました。

ネイルシンカーは2.2gと、やや重めにして、沈木を直撃します。

スルスルと沈木の枝の間をすり抜けて、ボトムへ向かって落ちていくサンカクコティーサン。

途中で沈木の枝に引っ掛かったら、ラインがたるみます。

それを合図に、ロッドティップを高く持ち上げて、小刻みにシェイク。

そうするとラインに振動が伝わり、沈木に引っ掛かっていたのが外れて、サンカクコティーサンがさらに沈んでいきます。

小さなオフセットフックによるネコリグなので、確かにひどい根掛かりトラブルには発展しません。

これが、サンカクコティーサンの強みであり、濃いカバーの奥に潜んでいるビッグバスに、上手く届けられることになります。

合計4種類のカラーバリエーションが追加ラインナップ!

サンカクコティーサンには、2024年新しい4種類のカラーバリエーションが追加ラインナップされます。

●ライトグリーンパンプキンレッド+グリーンFlk.カラー

●M3Zカラー

●ワカサギスモークシルバーFlk.カラー

●ゴーストエビミソカラー

人気の高いワームカラーが揃っていて、ラメや発色などが充実しています。

水質や日照の強弱に合わせて、上手く使い分けてみてください。

サンカクコティーサンを操るのにおすすめのベイトロッドを選んでみた!

サンカクコティーサンをキャストして操作するのに向いている、おすすめのベイトロッドをご紹介しましょう。

ベイトフィネス系の高い操作性も捨てがたいのですが、やはり掛かってから魚を引き離すパワーが欲しいので、こちらのアイテムにしてみました。

ダイワ(DAIWA) バスロッド エアエッジ モバイル 664M/MLB 釣り竿

ダイワ(DAIWA) バスロッド エアエッジ モバイル 664M/MLB 釣り竿

最安値価格
¥21,732(amazon)

Amazonへ ¥21,732

楽天市場へ ¥23,870

Yahoo!へ ¥22,293

ダイワからリリースされているモバイル系ベイトロッド・エアエッジモバイルシリーズの中から、664M/MLBを選んでみました。

全長は1.98mと、取り回ししやすい長さになっています。

4ピース仕様なので、仕舞寸法は54cmにまで縮まります。

ウエイトは112gと軽めで、ブランクスの先径/元径は1.8/10.9mm。

適合するルアーウエイトは、5gから18gまで。

適合するラインは、モノフィラメントラインなら7lbから16lbまで使えます。

ブランクスのカーボン素材含有率は、99.0%になっています。

実際に手に取って継いでみると、独特な張りのあるブランクスに仕上がっていると感じました。

曲がりはスムーズで、魚の負荷がかかると、全体で曲がって耐えるようにデザインされています。

極端にロッドティップだけ曲がるようなことはないので、じっくり時間をかけて魚を水面まで引き上げてみましょう。

実売価格は2万円台と、とてもコスパ優秀な価格帯に収まっています。

収納スペースをとらないので、クルマに常時積んでおいて、さまざまなフィールドで釣りを楽しむのに使えるでしょう。

サンカクコティーサン追加カラーの気になる発売日はいつ?

サンカクコティーサン追加カラーの気になる発売日は、2024年の3月を予定しています。

メーカー希望販売価格は、700円です。

カラーローテーションしながら、魚の反応を見て、釣り当日の当たりカラーを見つけ出してください。

新製品の関連記事はこちら

ワーム」カテゴリの人気記事

DAILYランキング