タックルバッグのアップ写真

釣り用リュック特集!どんなメリット・デメリットがあるの?

FISHING JAPAN 編集部

釣りに出かけるとき、当日に用いるタックル類を収納するバッグを取り出し、詰め込みを始めます。

結構な量になっても、全てをしっかり収め切れるのが、大容量の釣り用リュックです。

いったいどんなスペックを誇っているのか、詳しくチェックしてみましょう。

釣り用リュックのメリットってどんなもの?

釣り用リュックとは、背中に背負って移動することが可能な、タックルバッグの一種です。

高さがあって厚みも伴なっていますから、最大のメリットは大容量だということでしょう。

他のタックルバッグやタックルボックスなら、入れていくのを諦めてしまう展開でも、釣り用リュックなら、まぁ何とか収められることが多いです。

さまざまな種類・カラーのルアーを入れることができますし、それらに付随する仕掛けアイテム・ラインなども一緒に入れておけます。

釣り場で口に運ぶパンやおこぎりなどの食料や、雨降りに遭遇したときに着替えるための服装も、入ってしまうでしょう。

ああ、あのルアーを持ってきていればなぁ~!と釣り場で悔やんだ経験のある人ほど、釣り用リュックの大容量を頼もしく感じるはずです。

また背中に背負うことになるので、両手がフリーになるのも、釣り用リュックのメリットといえます。

両手にはロッドやリールを持つことになり、良いポイントや魚そのものを見つけたら、すぐにキャスティングの姿勢に移ることができます。

クーラーボックスを手持ちする人は、リュックがあると便利でしょう。

釣り場に着いたら、一斉に荷物全てを置いて、釣り座を構えることができます。

その際のタックル量の多さに、驚いてしまうかもしれません。

それほど両手フリー状態を作れることは、持ち運べるタックル量を増やしてくれるのです。

最近の釣り用リュックには、ロッドホルダーまで付いているタイプがあります。

手に持っていたロッド+リールまでも、リュックに取り付けて歩くことが可能になるわけです。

それから、リュックの生地が防水仕様のものまでリリースされています。

ちょっとした雨に降られたぐらいなら、収納している中身のものがほとんど濡れません。

釣り場でとても重宝するので、防水もしくは撥水生地を採用しているリュックは、とても頼もしく感じます。

付着した汚れなども、拭き取りだけでカンタンにキレイになってくれるのも嬉しいです。

釣り用リュックのデメリットも知っておこう!

釣り用リュックのデメリットは、大容量故にあれこれ詰め過ぎてしまい、重くなることです。

重いのは覚悟の上!と分かっていても、歩く距離が延びて、暑さに身が晒され続けると、体力の消耗がハンパではありません。

釣り場に到着したころには、汗まみれでヘトヘト状態になっていたのでは、釣りに対する集中力が湧いてこないでしょう。

またひんぱんにルアーチェンジをおこないたい人なら、中身を取り出すのに背中から降ろさねばならず、とても手間です。

ショルダーバッグならすぐに取り出せるルアーも、リュックだとそうはいかないのです。

もうひとつデメリットを挙げるとすれば、大容量による持ち込み量の多さによって、選択するときに迷いが生じることです。

贅沢なハナシなのですが、実際に豊富な量・種類のルアーなどが並ぶと、どれにするか決めかねるでしょう。

せっかく運んできたのに、何とも厄介な状況に見舞われるのです。

実際に釣り用リュックを背負ってフィールドへ出向いてみた!

実際に釣り用リュックで、フィールドに出かけてみました。

やはり両手フリー状態は爽快で、険しい山道なら木の枝をつかんで前進できますし、葦原の中をヤブコギしていくのもカンタンです。

ここがいいな!と思えるポイントに到着したら、一旦リュックを背中から降ろしてください。

ジッパーを開けて中身を確認し、当日のシチュエーションにマッチしたものを時間をかけながら選んでいくようにしましょう。

気になったものはほとんど収納されているわけですから、慌てず冷静に選ぶ行為を実践できれば、好釣果につながっていくでしょう。

食べ物・飲み物を取り出して口に入れつつ、アプローチの初手をまずは組んでみましょう。

釣り用リュックに収納していきたいおすすめタックルを選んでみた!

釣り用リュックに収納して釣り場に出向きたい、おすすめのタックルをご紹介しましょう。

まずは、着替えから。

急な天候の変化に対応できるように、レインコートを折り畳んで入れておきたいものです。

マズメ(MAZUME) レインコート MZRJ-460-02 ブラック M

マズメ(MAZUME) レインコート MZRJ-460-02 ブラック M

最安値価格
¥1,188(Yahoo!)

Amazonへ ¥1,208

楽天市場へ 取扱なし

Yahoo!へ ¥1,188

極めてコスパ優秀な、マズメブランドからリリースされている携行用のレインコートです。

サイズは、S(身長150cmから)、M(身長160cmから)、L(身長170cmから)、LL(身長180cmから)が用意されています。

オカッパリシーンでとても役に立ち、釣りの動作を阻害しないように考えて作られたレインコートになっています。

本体にはEVA素材を採用していて、丈夫でしなやかです。

繰り返し使える耐久性も、じゅうぶん備わっています。

ニーブーツを履いていれば、レインパンツは履く必要がないほどのロング丈です。

ヒザを曲げてしっかり歩きやすいように、ボタン位置に工夫が施されています。

ボタンのフロント部分は、それぞれのボタン間を狭くしていて、雨風が浸入しにくくなっています。

雨が生地を伝って内側を濡らさないよう、折り返しを設けているのも嬉しいです。

フードは、取り外しできるので、キャップを着用して釣りを続けられますし、フードサイズが大きいですから、キャップの上からかぶることもできます。

腕周りのカッティングには余裕があり、キャスティングやロッドワークしやすくなっています。

実売価格は、なんと千円台に抑えられています。

釣り用リュックに常備しておいて、急な雨に対応するようにしましょう。

シマノ(SHIMANO) スピニングリール 21 ナスキー C2000SHG

シマノ(SHIMANO) スピニングリール 21 ナスキー C2000SHG

最安値価格
¥7,615(amazon)

Amazonへ ¥7,615

楽天市場へ ¥7,750

予備用の小型スピニングリールをリュックに収納しておけば、さまざまな釣りに対応できるでしょう。

海ならライトソルトウォーターゲーム、河川や池・水路なら小物釣り全般に使ってみてください。

ギア比は6.0対1なので、ハンドル1巻きにつき79cmのラインを巻き取ることができるように作られています。

実用ドラグ力は2.0kgで、最大ドラグ力は3.0kg。

ウエイトは210gで、スプール寸法は直径が42mmで、ストロークが12mm。

ラインキャパは、モノフィラメントラインなら4lbを85m、PEラインなら0.6号を150m巻けます。

ハンドルの長さは45mmで、ボールベアリングは5個搭載しています。

実際に手に取ってみると、とても滑らかにハンドルが回ってくれるので、キャスト&リトリーブを繰り返すのに向いているでしょう。

小型スピニングリールなので、足元をバーチカルに探るのにも適しています。

実売価格は8千円台と、とてもリーズナブルな価格帯に収まっています。

各部が変形しないように、釣り用リュックに収納する際は上側へ持ってくるようにしましょう。

釣り用リュックを使いこなして釣りを満喫しよう!

釣り用リュックの特徴やメリット・デメリット、一緒に持ち歩きたいおすすめタックルをご紹介しましたが、いかがでしたか?

ひとつ持っていれば、初めて足を運ぶ釣り場へ行くのに安心でしょう。

たくさんの量のルアー・タックルを持ち込めますから、あれこれ試すことができます。

背中から降ろすときは、日陰になっている場所に置くと、生地の劣化などを抑えられるでしょう。

ロッドホルダーに装着しているロッドが、岩や木などに干渉しないように注意してください。

収納の関連記事はこちら

釣具(タックル)」カテゴリの人気記事

DAILYランキング