タックルバッグのアップ写真

収納力と動きやすさで選ぶレッグバッグ特集!釣りにおすすめのアイテムをピックアップ

FISHING JAPAN 編集部

レッグバッグといえば、バイクでツーリングしている人の太ももに装着されているのを、よく見かけます。

脚の位置なら、さまざまな動きの邪魔になることは少なく、結構な量を収納できるメリットがあります。

ここでは、釣りに活用するレッグバッグの特徴やおすすめアイテムについて、ご紹介しましょう。

レッグバッグとは

レッグバッグとは、釣り用の各種アイテムを、腰・太ももで支えて保持するタックルバッグのことです。

この位置にモノが収納できるなんて、かなり画期的です。

手を伸ばしたところにあるわけですから、すぐに開閉して取り出すことができます。

しかも歩行の妨げにほとんどならないので、あちこちのポイントへ積極的に歩き回るバス釣りオカッパリにベストマッチでしょう。

ソルトウォーターゲームでも、大きなタックルバッグを肩に掛けて歩きたくないアングラーに、重宝がられるはずです。

例えば、エギングゲーム。

両手にはロッドとリールハンドルを持ち続けたいですから、レッグバッグを腰・太ももに装着すれば、それだけで行動に柔軟性が付加されます。

エギ関連アイテムを収納するのに、丁度いいバッグサイズですし、カッターやプライヤー・イカ締め道具・ショックリーダーライン・スナップなども、じゅうぶん収めておけます。

実際にレッグバッグを装着して、磯場や防波堤などのエギングゲームシーンに出向いてみました。

エギを複数本収納しているにもかかわらず、とても歩きやすい印象です。

磯場で波をかぶるようなシチュエーションでは、防水生地を用いているレッグバッグが効くでしょう。

中身の収納アイテムが濡れないようにすれば、快適なエギングゲームを実践することができます。

何といっても、両手がフリーになってロッド・リールを常にイジれるのは強みです。

しかも大きくて重いタックルバッグを、肩からかけた状態で背負わなくて済むのはありがたいです。

ロッドを煽ってシャクリを入れてみましたが、太もものレッグバッグは一切動きの邪魔になりません。

これなら今まで踏み込んだことのない新しい釣り場ポイントにも、積極的に歩を進めることができるでしょう。

生地の配色もバラエティに富んでいて、自分の服装カラーに合わせたコーディネイトがおこなえます。

釣り場で汚れたら、帰宅してからしっかり洗浄できるのもメリットのひとつでしょう。

積極的に歩き回りたいならレッグバッグに収納するアイテム量を調整しよう!

レッグバッグは、大きなサイズのものから小さなサイズのものまで揃っています。

ただし、あまり大きいものにたくさんの釣りアイテムを詰め込んでしまうと、負荷が高まってしまう恐れがあります。

脚に付いているので、歩くことに支障をきたすようでは、本末転倒となるでしょう。

レッグバッグには、目一杯詰め込まずに釣り場へ持ち出すことを基本にしましょう。

釣行前に必要タックルを絞り込むことも、釣りスキルをアップすることにつながっていきます。

例えば、ウエイトシンカー類。

全種類を持ち込んだら、それだけでかなり重くなりますから、釣り場に合わせてウエイトを縛り込み、個数も減らしてしまうのがベターです。

収納できなかった分は、クルマに整理して保管しておくと、立ち戻ったときに補充しやすいでしょう。

レッグバッグに装備されているファスナーに注目!

レッグバッグに装着されている開閉用ファスナーは、太番手タイプを選ぶようにしましょう。

そのほうがあらゆる姿勢でつまみやすいですし、フィッシンググローブを装着したままでもつまめるからです。

釣り場では集中力を高めるために、できるだけ無駄な動きは省きたいもの。

太番手のファスナーで、一定以上の防水機能を持ったものであれば、釣り場で重宝するのは間違いありません。

糸くずなどを挟んでしまわないように、レッグバッグ内部は常に清掃しておくようにしたいものです。

それかな海水などがファスナーに付着したままだと、滑りが悪くなってしまいます。

真水で濡らしたタオルを絞って、しっかり拭き取り作業をおこなうようにしてください。

レッグバッグと一緒に携行したいおすすめの釣りアイテムを選んでみた!

おすすめのレッグバッグと、一緒に釣り場に携行したくなる釣りアイテムを合わせてご紹介しましょう。

まずは、機能性の高いレッグバッグから。

動きやすさをスポイルしていないので、積極的に歩き回りたいアングラーに向いています。

あまり重くならないように、詰め込むタックルは最小限まで絞り込んでください。

[DRESS](ドレス)タクティカルレッグバッグエアボーン ランガンスタイル MC

[DRESS](ドレス)タクティカルレッグバッグエアボーン ランガンスタイル MC

最安値価格
¥4,730(楽天市場)

Amazonへ ¥5,280

楽天市場へ ¥4,730

ドレスからリリースされている、とても機能的で扱いやすいレッグバッグです。

本体サイズは、外寸H25×W18×D8cmに設計。

生地はポリエステル100%で、ウエストベルトの幅は約4.0cm。

最大全長が約120cmもあるので、アングラー個々の体格に合わせて装着することができます。

レッグベルトは、幅が約2.5cmで、最大全長約55cmになっています。

米軍の軍備を参考に考えられた脚部装着システムが採用されていて、歩行の際の動きに吸い付くように追従してくれます。

太腿の内側や外側などにズラせるので、とても楽に保持して歩けます。

メインのコンパートメントには、バーサス3010NSタックルケースを2個収納できます。

サブのコンパートメントには、ハードルアーをダイレクトに収納できるルアーシートを設置。

そこにフックを引っ掛けておくだけで、カンタンにルアーを出し入れできます。

開口保持システムも付いていて、取り出しが楽なのが嬉しいです。

ロッドホルダーも付属、ロッドがほとんど傾かないので扱いやすいでしょう。

ベルクロ付きのフィッシュグリップホルダーも標準で装備。

プライヤーホルダーもあるので、必要なものをすぐに取り出せる構成になっています。

実際に装着しみると、各調整の幅が大きく取られていて、自分の太もも・腰周りにきっちりフィットさせることができました。

ヒザを曲げて激しく移動を繰り返しても、ほとんどズレないので安心して釣りを楽しめます。

実売価格は5千円前後と、とてもリーズナブルな価格帯に設定されています。

ラパラ(Rapala) 8インチフィッシャーマンズプライヤー 8インチ RCP8

ラパラ(Rapala) 8インチフィッシャーマンズプライヤー 8インチ RCP8

最安値価格
¥1,744(楽天市場)

Amazonへ ¥2,137

楽天市場へ ¥1,744

ラパラブランドから発売中の、釣り用プライヤーです。

全長は約22cmもあるので、ルアーを魚に飲み込まれても取り出しむやすいでしょう。

本体ボディは、ニッケル塗装仕上げのカーボンスティールで出来ています。

スプリットショットツールやサイドカッター・ルアーチューニングツールなどが揃っているので、さまざまな釣りシーンで活用することが可能です。

実際にフィールドで使ってみると、しっかりした剛性感が備わっていて、グリップも滑りにくく握りやすいものに作られています。

ノーズが長いですから、魚の口の奥に引っ掛かっているフックを、きっちり挟んで取り外しやすくなっています。

チカラを込めても、挟んだ対象が安定してくれますから、外し作業がとてもおこないやすい印象です。

実売価格は千円台と、とてもコスパ優秀な価格帯に収まっています。

これ1本あれば、釣り場での作業がより簡略化されますから、必携アイテムとしてレッグバッグに常駐させておきたいものです。

レッグバッグを使いこなして釣りを満喫しよう!

レッグバッグの特徴やおすすめアイテムをご紹介しましたが、いかがでしたか?

ヒップバッグやショルダーバッグを活用しているアングラーはよく見かけますが、レッグバッグはまだまだ少ないかもしれません。

実際に使ってみると、これほど便利な収納アイテムはないので、自分の釣りスタイルが大きく変わるかもしれません。

ぜひこれからの釣りシーンに採用して、釣り場での集中力を高めてみましょう。

タックルバッグの関連記事はこちら

釣具(タックル)」カテゴリの人気記事

DAILYランキング