リールのアップ写真

スティーズA TW HLCに2021年エクストラハイギアモデル8.1対1が登場!

FISHING JAPAN 編集部

おかっぱりアングラーが重視するロングキャスト性能を、しっかり突き詰めたベイトリールとして人気が高いのが、ダイワのスティーズA TW HLCです。

2021年にはギア比8.1対1に設定された、エクストラハイギアモデルが追加リリースされますよ。

どんなスペックに仕上がっているのか、詳しくチェックしてみましょう。

スティーズA TW HLCのAは、ボディフレームに採用されたアルミニウムから採っています。

スティーズA TW HLCってどんなリールなの?

スティーズA TW HLCとは、ダイワから発売中のバス釣りをメインに使える、剛性の高いベイトリールのことです。

先進のハイパードライブデサザインが採用されていて、ボディ強度と各部回転フィーリングが向上しています。

既存モデルとして、ギア比6.3対1と7.1対1が市場に出ていましたが、満を持してエクストラハイギアモデルの8.1対1が投入されます。

ハンドル1回転につき、ラインを91cmも巻き取ることができるので、キャストしたルアーを素早く回収し、次のアプローチへ移りやすくなっていますよ。

手返しの効率が上がることで、釣れる魚の数は比例して増えるでしょう。

それからHLCは、ハイパーロングキャストの略です。

ブレーキシステムにマグフォースZのロングディスタンスチューン仕様を搭載して、ロングキャストを可能にしていますよ。

スプール内部のインダクトローターが、可動式になっているのが特徴で、キャスト序盤のブレーキを強めたいときに、よく効くように作られています。

キャストの後半には、ブレーキが弱まるように設定されていますから、立ち上がりの軽さとキャスト後半の伸びを得ることができます。

インダクトローターには伸縮を支えるバネが付いていて、非常に強いタイプを装備。

これによりしっかり振り切るキャストをすれば、ブレーキが利くようになります。

スティーズA TW HLCには、直径36mmのG1ジュラルミン製MAG-ZブーストHLCスプールを搭載しています。

スプール回転の立ち上がりが速まるので、飛距離を大幅に伸ばせるでしょう。

ちなみにG1ジュラルミンとは、マグネシウムの2倍、超々ジュラルミンの1.3倍の強度を誇る、特殊アルミ系合金のことで、とても軽く剛性も高められています。

ロングキャストを実践するのに、下支えしてくれるのは間違いないでしょう。

ダイワオリジナルのTWSを搭載したスティーズA TW HLC!

スティーズA TW HLCには、TWS=T-ウイングシステムが搭載されています。

スプールの回転数が最も上がる、レベルワインダーでの接触抵抗を大幅に削減させるために、レベルワインダーそのものが倒れ込む仕組みになっています。

T字型にデザインされているのてで、その幅広部分をキャスト時に活用することで、バックラッシュを抑えた快適なキャストを実践できますよ。

飛距離は伸びますし、コントロールの精度もアップ。

ルアーが着水してからのフォールも速くて、ライントラブルが発生しにくいのが嬉しいですね。

マグシールドベアリングで防水機能をアップしているスティーズA TW HLC!

スティーズA TW HLCには、マグシールドベアリングが採用されています。

磁性を持つオイルを利用し、しっかりと壁を作ることで、海水やホコリなどが入ってしまうのを防ぐ役割を持っています。

防水性能を上れれば、淡水エリアはもちろん、海水エリアでも存分に使えるでしょう。

例えば、ロックフィッシュゲーム。

最近ではベイトタックルを用いる人が増えてきましたから、マグシールドの恩恵を受けることになりそうですね。

スティーズA TW HLCのスペック表はこちら

スティーズA TW HLCを装着して使ってみたいおすすめのロッドをピックアップ!

スティーズA TW HLCを装着してロングキャストしてみたくなる、おすすめのベイトロッドを取り上げてみましょう。

バス釣り用なら、ブランクスが長めで張りのあるものなら、しっかりと飛距離を伸ばせるはずです。

モノフィラメントラインの16lbを100m巻いてアプローチするのに、こちらのロッドなら満足のいく結果になるでしょう。

沖合いに潜んでいるビッグフィッシュを、確実に仕留めたいですね。

ダイワ(DAIWA) バスロッド ブラックレーベルLG 741MHRB 釣り竿

ダイワ(DAIWA) バスロッド ブラックレーベルLG 741MHRB 釣り竿

Amazonへ 売り切れ

楽天市場へ 取扱なし

Yahoo!へ 取扱なし

人気のブラックレーベルLGシリーズの中から、ロングレングスなベイトロッドを選んでみました。

軽く振り抜くだけで、しっかりとロングキャストできるのは嬉しいですよね。

全長は2.24mで、継数は2本のグリップジョイント方式を採っています。

仕舞寸法は191cmですから、クルマへの積み込み・積み下ろしの際には、じゅうぶん注意してください。

自重は131gと、ロングレングスなブランクスにしては軽めな設定です。

先径/元径は、2.6/17.4mmと太目。

適合するルアーウエイトは、7gから42gまでなので、かなり大きいルアーでも背負えるようになっています。

適合するラインは、モノフィラメントラインなら10lbから20lbまで。

ブランクスのカーボン素材含有率は、98%です。

実際に手に取ってみると、長さの割りにはシャープで持ち重り感がなく、扱いやすい印象でした。

グリップが握りやすいので、ロングキャストの際の支えをしっかりと維持できますよ。

実売価格は3万円台と、スペックに見合った価格帯に設定されています。

フッキングパワーも乗りやすく作られているので、離れた場所でバイトがあっても、慌てずに対処できるのがいいですね。

シーバスゲームやロックフィッシュゲームにも転用できるので、さまざまなフィールドで使ってみて、大型魚を釣り上げてみましょう。

ガイド足にラインが絡み付きにくいですから、キャスト数は自然と増えていきます。

手返しの良さが好釣果を引き寄せることを、ぜひ実体験してみてください。

ダイワ(DAIWA) ロックフィッシュロッド HARDROCK X 86MHB 釣り竿

ダイワ(DAIWA) ロックフィッシュロッド HARDROCK X 86MHB 釣り竿

最安値価格
¥13,694(楽天市場)

Amazonへ ¥13,876

楽天市場へ ¥13,694

Yahoo!へ 取扱なし

ロックフィッシュゲームを楽しむための、2ピース仕様のベイトロッドです。

全長が2.59mもあるので、ロングキャストを実践したい人に向いているでしょう。

仕舞寸法は134cmになりますから、携行性が高く、さまざまなポイントへ持ち込みやすいですよ。

自重は167gで、先径/元経は1.8/12.9mmと太目です。

適合するルアーウエイトは、7gから45gまで。

これならテキサスリグやフリーリグ・ジグヘッドリグ・ミノー・クランクベイト・バイブレーションプラグなどを、柔軟に使い分けできそうです。

適合するラインは、モノフィラメントラインなら10lbから25lbまで。

適合するPEラインは、0.8号から2.5号までとなります。

PEラインを巻く場合は、ショックリーダーラインを太目にして、根ズレ対策を徹底しておきましょう。

ブランクスのカーボン素材含有率は、92%です。

実際に手にしてみると、さほど重くは感じませんし、ルアーをぶら下げたときの曲がり込みがしっかりあるので、その反発で素直に押し出しキャストができます。

キャスト放出時の初速が抑えられますから、バックラッシュトラブルも減るでしょう。

グリップ周りがスリムなデザインで、水に濡れた手でも滑りにくい印象です。

実売価格は1万円台と、とても安い価格帯に収まっています。

スティーズA TW HLC追加モデルの気になる発売日はいつ?

スティーズA TW HLC追加モデルの気になる発売日は、2021年の12月を予定しています。

メーカー希望販売価格は、50,300円です。

バス釣りはもちろん、シーバスやロックフィッシュなどのソルトウォーターゲームでも、じゅうぶんに活躍してくれるでしょう。

使用後は、しっかりと真水で洗浄して、こまめなメンテナンスを施すようにしたいですね。

ベイトリールの関連記事はこちら

スティーズ」カテゴリの人気記事

DAILYランキング