リール 写真

ベイトリールをカンタンにメンテナンスする方法!水洗いからオイル・グリス注入まで!

FISHING JAPAN 編集部

ベイトリールを使った後、皆さんはどのようなメンテナンスを施していますか?

「え、やらなきゃいけないの?」

「分解するんでしょ?元通りにならなかったら嫌だなぁ~、、」

こういった理由でメンテナンスをしていない人もいるはず。

でもそれでは、釣りをしている最中にベイトリールが正常に動かなくなる恐れがありますよ。

ここでは、難しくないベイトリールのメンテナンス方法や、そのときに使うオイル・グリスについてご紹介しましょう。

ベイトリールのメンテナンスは難しくない!

ベイトリールは、その構造上、どうしてもボディ内部に水を引き入れてしまいます。

ラインに付着した水が、中心部のスプールからつたって入ってくるのです。

当然水が濁っていたら、細かい塵やゴミ類なども一緒に浸入してしまいますし、水分によってオイルやグリスが剥がされてしまうことも考えられるでしょう。

メンテナンスの頻度を上げる必要はありませんが、一度もやらない!というのは、大切なベイトリールにとって酷なハナシです。

カンタンなベイトリールのメンテナンス方法を解説しますので、是非実践してみてください。

メンテナンスの頻度は釣行回数に合わせて!

ベイトリールにメンテナンスを施す頻度は、釣行回数に合わせるようにしましょう。

基本は水洗いからスタートします。

クラッチ部分を上レベルワインダー部分を下にして、水道の蛇口からほんの少し水を垂らしながら、スプールのラインに当たるようにしてください。

そのままゆっくりとハンドルを回して、ラインやレベルワインダー周りに付着した小さなゴミを取り除きます。

タオルで水分を拭き取ってから綿棒で細かな掃除を実践!

次に、乾燥したタオルでベイトリールを包み、十分に水分を拭き取ってください。

拭き取りが完了したら綿棒を用意して、汚れや残りの水分を取り除きましょう。

普段は目の届かないようなスプールとボディの隙間や、レベルワインダーの溝・ドラグの根元などを丹念に綿棒で擦ります。

強くし過ぎると綿棒の繊維がベイトリールに残るので、注意深く作業を進めてください。

スプールのベアリングや回転する部分に少量のオイルを注入!

汚れと水分が取れたら、ベイトリール本体からスプールを外します。

スプールの内側を綿棒で拭き取り、ボールベアリングの部分にオイルを注してください。

ベアリング専用のオイルが望ましいですが、ホームセンターで販売されているミシン用オイルでも対応できます。

あまり大量に注す必要はありません。

ハンドルノブ部分などの回転部分にも、軽くオイルを注しておくようにしましょう。

グリスの扱いには要注意!

レベルワインダーにグリスを大量に注してしまうと、巻き心地が少し重くなったような感覚になります。

あまり注し過ぎないようにして、ゴミの付着の有無を確認するようにしてください。

実はこのレベルワインダーの付け根部分から、メインギアへオイルが浸透しやすくなっています。

ベイトリールを分解するのを避けたい人は、この付け根部分からハンドルを回しながらオイルを送り込むこともできますよ。

ただし、メインギアが完全にオイルでコートされるわけではありませんし、グリスなら浸透を期待できないでしょう。

どうしてもメインギア周りをメンテナンスしたいなら、ボディを自己責任で分解するしかありません。

不安な場合は、メーカーのアフターサービスを利用するといいでしょう。

メーカーおすすめのベイトリールメンテナンス動画はこちら

ベイトリールのまとめはこちら

この記事に関するテーマ

テーマをクリックすると、テーマに関連する一覧が表示されます!

全てのテーマを見る

DAILYランキング