ルアーのアップ写真

チームエスコの使い方ってどうすればいいの?ラパラ定番ミノーでバスを狙ってみた

FISHING JAPAN 編集部

全長7センチでウエイトが6グラム、数あるラパラルアーの中でもコンパクトな部類に入るのが、チームエスコです。

ベイトフィッシュそっくりのフォルムなので、フィッシュイーターが振り向きやすいのですが、どんなふうにアプローチすればいいのでしょうか。

ここでは、ラパラ・チームエスコの使い方について、深掘りしてみましょう。

「リップのカタチが独特だよね!」

そうなんですよ、水面から没するのは素早いのですが、正面からの水流を受けやすいので、さほど深い層まで到達するタイプではありません。

このリップをどう活かすか?なんですよね。

チームエスコってどんなルアーなの?

チームエスコとは、フィンランドのルアーメーカー・ラパラが製作している、フローティング仕様のミノーのことです。

全長は7センチと小振りで、ウエイトは6グラムに設定されています。

ボディのマテリアルには、浮力の高いバルサ材を採用していますよ。

この辺りは、ラパラならではの製品アレンジといったところでしょうか。

水に浮かべてみると、水平姿勢をキープしながら、揺れの収まりも早めです。

ということは、体内ウエイトは、お腹側の下部に集中しているのでしょう。

頭が大きく張り出しているので、浮力はそこが高めです。

試しに潜らせてから放すと、頭から先に水面に突き出してきますよ。

この独特のアクションを、実釣でも活かせそうですよね。

スイミングの様子は、メーカーが動画をアップしているのでご覧ください。

キビキビしたウォフリングとローリングが、絶妙なバランスで交じり合って存在しています。

側面が広めなので、ボディの傾きによるフラッシング効果や、水押し効果を期待できるでしょう。

チームエスコの水中スイミングシーンを収録した動画はこちら

チームエスコで実釣してみた!

チームエスコを実際にフィールドへ持ち出して、バスを狙ってみました。

タックルは、スローテーパーのベイトロッドに小型のベイトリール。

ラインにはモノフィラメントラインの12ポンドを用意して、できるだけ飛距離を稼げるセッティングにしました。

岸際のカバー周りにチームエスコをキャスト、新色のSMLカラーは水中でもよく目立ってくれます。

リアルフィニッシュなので、もっと大人しいイメージだったのですが、フラッシング効果はバッチリですね。

前述のリップ、確かに水没は早めで、カバーに接触しても上手い具合にボディを逃がしてくれますよ。

スルリとカバーに沿いながらかわす感じでしょうか。

スクエアリップのように、上方向へボディを跳ね上げるような展開には、ほとんどなりませんでした。

あくまでもスルリスルリ、これは極めてナチュラルな動きにつながっていきますね。

チームエスコの有効な使い方!

チームエスコでカバータッチをおこないながら、ぽつぽつとバスのバイトを獲っていきます。

水深1.2メートルほどのところから、一気に水の色が濃くなっている場所を見つけました。

急深のブレイクラインの可能性が高いですから、チームエスコで届かないか潜らせてみることに。

何かに触れるのですが、すぐに離れてしまいます。

ブレイクラインに当てるというアプローチは、このミノーには難しいかもしれません。

それよりも、プレイクラインが確定できたので、その真上でダイブと浮上を繰り返してみました。

特に浮上に時間を割いて、水面での放置時間も長めに取ります。

そうすると、黒い影が一緒に浮上してくるではありませんか!

一度目の浮上ではバイトに至りませんでしたが、一旦そこから離れて再度接近した際に、水面放置の時間を先ほどより長く取ると・・・ガボッ!という破裂音とともにビッグバスが!

その後同じアプローチで、別のブレイクラインでもバスを釣り上げることができましたよ。

チームエスコをキャストして操るのにおすすめのロッドを選んでみた!

それではチームエスコをキャストしやすくて操りやすい、おすすめのロッドをご紹介しましょう。

ブランクスにあまり張りのないもので、緩やかに曲がり込むテイストならOKです。

飛距離も伸びやすく、ロッドワークにも難しさを感じずに済むでしょう。

シマノ(SHIMANO) バスロッド スコーピオン 1600SS-2 ベイトキャスティングモデル バス釣り

シマノ(SHIMANO) バスロッド スコーピオン 1600SS-2 ベイトキャスティングモデル バス釣り

最安値価格
¥15,222(Yahoo!)

Amazonへ ¥24,066

楽天市場へ ¥23,595

Yahoo!へ ¥15,222

シマノから2021年にリリースされた、よく曲がり込むベイトロッドです。

全長は1.83メートルで継数は2本、仕舞寸法は130.0センチです。

自重は115グラムで、適合するルアーウェイトは3.5グラムから14グラム。

適合するラインは、モノフィラメントラインなら6ポンドから16ポンドまでですね。

ブランクスはスローテーパーで、カーボン素材の含有率は98.7パーセントになっています。

実際に使ってみると、軽量ルアーでもキャストしやすく、フッキングもしっかり決まりますよ。

実売価格は2万円台と、とてもコスパ優秀な価格帯に収まっています。

チームエスコを駆使してビッグフィッシュを釣り上げよう!

チームエスコの特徴や使い方、おすすめのロッドを取り上げましたが、いかがでしたか?

ラパラの製品は、どれも長く作り続けられているものばかり。

定期的に新色が追加ラインナップされるので、それを試しながら釣果アップにつなげられますよ。

チームエスコは貫通ワイヤー仕様で、各アイがきっちりつながっていますから、長く使えるのも魅力ですね。

ミノーの関連記事はこちら

ルアー」カテゴリの人気記事

DAILYランキング