ルアーのアップ写真

スプーンルアーって海で使えないの?ライトソルトウォーターゲームに活用してみよう

FISHING JAPAN 編集部

渓流や管理釣り場で大活躍のルアーといえば、小型軽量なスプーンが挙げられるでしょう。

柔らかいブランクスのロッドを用いると、しっかりと飛距離を伸ばすこともできます。

食わせ要素の強いこのルアー、せっかくだからもっと他の釣りで使ってみたい!と思いませんか?

「確かにスプーンルアーを他で使ってるの、あまり見たことかないなぁ~、、」

ならば流行りのライトソルトウォーターゲーム、すなわち海に投入してみてはいかがでしょう。

「塩で錆びないの?」

洗えばだいじょうぶです!

スプーンルアーならさまざまなシチュエーションに対応可能!

スプーンとは、金属で出来たボディを湾曲させて、フックを取り付けたシンプルなルアーのことです。

金属なので、表面の光反射を利用したカラーリングのものが多いですね。

軽いタイプは1グラム前後まで絞り込まれているので、キャストしてひらひらとスローフォールしていきます。

底に到着するまでの時間が長いことから、魚へのアピール度はバツグン。

そのまま食い付いてくることもあれば、リトリーブを開始して誘って食わせることもできます。

アルミ缶のタブを用いて、スプーンルアーを自作している人もいますね。

使っているアングラーが結構多いのに、海ではキャストしている姿をあまり見かけません。

渓流や管理釣り場ではトラウトがよく釣れているのに、海を試さないのは、ちょっともったいないですよね。

以前にサツキマスが河川の遡上を開始するころ、海の砂浜へ鮎を追い込んでいるのに遭遇しました。

マスだけにスプーンルアーが効くのかな?と考え、持っていた5グラムのゴールドカラーをキャストしたところ、早速バイトが!

喜んでフッキングし、引き寄せてみると・・・マゴチでした。

銀色スモルトを期待していたのに、海の魚とはちょっとガッカリ。

でもよくよく考えてみると、ゴールドカラーがフラッシュしていたら、海に棲むフィッシュイーターが食い付くのは当たり前なのです。

そこからは、サツキマスそっちのけで、砂浜に隣接する岩場やシモリなどを、丁寧にスプーンルアーでトレースしてみました。

するとどうでしょう、ワンキャストワンバイトの魚ラッシュに!

サバ・アジ・フグ・ベラ・ハゼ・カサゴ・メバル・オニカマスと、どんどん釣れる展開になりました。

これはそのままにしておけません、スプーンルアーをもっと海でやり込もうと決心したのです。

テンションフォール+リトリーブで誘えるスプーンルアー!

スプーンルアーは、金属片ですから、シンキングタイプになります。

キャストすると飛距離はかなり伸びますし、軽いタイプでもアジングタックルを用いれば、バッチリ飛んでくれますよ。

着水したらそのままテンションフォール、ゆらゆらと揺れながら魚を誘い、着底するまでにバイトが何度も発生しますよ。

乗らないのは、バイトしてきた魚が小さいからでしょう。

ラインが走り出すようなら、大きい魚が掛かったと判断していいのではないでしょうか。

フックを上向きのシングルフックにしておけば、根掛かりトラブルを抑えることが可能です。

フグの歯に対抗できるスプーンルアー!

スプーンルアーは硬い素材なので、ワームのように噛まれて破断してしまうことはありません。

アジンクゲームでジグ単によるアプローチをしていて、本命のアジではなく、歯の鋭いフグに悩まされた人は多いはず。

ジグ単をスプーンルアーに切り換えるだけで、破断されることは、ほぼ無くなりますよ。

ベラも歯が鋭いですから、スプーンルアーで対抗するようにしましょう。

カサゴやチヌ・シーバス・カマスなども、スプーンルアーでしっかり狙うことが可能です。

スプーンルアーでソルトウォーターゲームを楽しむのにおすすめのロッドを選んでみた!

それではスプーンルアーでソルトウォーターゲームを楽しむのに、おすすめのロッドを取り上げてみましょう。

アジングゲーム用のスピニングロッドなら、1グラムから3グラム程度の軽いものでも、しっかりとロングキャストできるはずです。

フックは、ソルト対応の太軸に換えたほうが、チヌなどの強い歯に対応できるかもしれませんね。

ジャクソン(Jacson) オーシャンゲート アジ JOG-600XL-K ST AJ

ジャクソン(Jacson) オーシャンゲート アジ JOG-600XL-K ST AJ

最安値価格
¥11,511(amazon)

Amazonへ ¥11,511

楽天市場へ ¥11,715

Yahoo!へ ¥11,715

ジャクソンからリリースされている、アジングゲーム用のスピニングロッドです。

全長は1.82メートルで、操作性の高い長さに設定されています。

2ピース仕様で、仕舞寸法は95.5センチ。

これならランガンスタイルで、積極的にポイント移動しながら釣りを楽しめるでしょう。

ウエイトは、たったの72グラムしかありません。

軽くて振り抜けがいいので、テンポよくキャストを繰り返せますよ。

適合するルアーウエイトは、最大で5グラムまで。

スプーンルアーを5クラムまで用意して、ウエイトやカラーのローテーションをしながらアプローチしましょう。

ブランクスのカーボン素材含有率は、98パーセントです。

実際に手に取ってみると、グリップ周りが細身で握りやすいデザインになっています。

曲がり込んでから復元するまでのスピードは早めで、ダルな感じはしませんでした。

実売価格は1万円台と、とてもリーズナブルな価格帯に設定されています。

ジグ単も用意して、スプーンルアーをパイロットルアー的に使いながら、アジングゲームを組み立ててみましょう。

スプーンルアーを駆使してソルトウォーターゲームを満喫しよう!

スプーンルアーの特徴や海での使い方、おすすめのロッドを取り上げましたが、いかがでしたか?

交換用のフックは、多めに持参しておきたいですね!

スプーンの関連記事はこちら

ルアー」カテゴリの人気記事

DAILYランキング