釣り人 男性 カンパチ 釣船 写真

誰もが舌鼓する出世魚、カンパチ!狙う大きさによって釣法も変わる!?釣りも味わいも魅力たっぷりのカンパチに迫ります!

FISHING JAPAN 編集部

秋から冬にかけて美味しい魚といえば、カンパチですね。

程よく脂がのったその魚体は海の上でも、食卓でも、私たちを魅了してくれます。

そして、その呼び名や釣り方は大きさによって違うようで、知れば知るほど奥深いですね。

今回は、そんなカンパチについてじっくりご紹介しましょう!

目次

  • カンパチの生態
  • 名前の由来と仲間
  • 全国、呼び名は様々
  • カンパチの釣り方
  • 旬を味わおう!

カンパチの生態

カンパチは、スズキ目アジ科ブリ属の大型回遊魚で、ヒラマサやブリと並んでブリ属の御三家と呼ばれています。

地中海やメキシコ湾を含む世界の温帯から、熱帯の暖かい海に分布する大型の肉食魚です。

日本では北海道南部の太平洋岸から九州の鹿児島まで、日本海は青森県から九州とほぼ日本全域に棲息しています。

ブリなどより暖かい海を好み、滴水温が20~30度で、13度以下になると死ぬそうです。

その特徴から、春から夏は日本列島に沿って北上し、冬から春には南下する季節回遊魚です。

名前の由来と仲間

呼び名の由来は、頭頂から目を通り上アゴに達する黒褐色の帯が斜めに走っており、これを正面から見据えると漢字の八の字に見えることから生まれた名前だと言われています。

この黒い帯は、幼魚から若魚の間ははっきりしていて目立ちますが、成魚になると薄くなり分かりにくくなります。

鹿児島県以南の海には、カンパチとそっくりのヒレナガカンパチが棲息しており、よく見ないと区別するのが難しいですね。

ヒレナガカンパチは呼び名通り、鎌状に伸びた第2背ビレがカンパチよりも長く、尾ビレの下葉先端がカンパチのように白くならないのが特徴です。

また、熱帯海域にいる大型魚の中には、シガテラ毒を持つものがいるので要注意です。

全国、呼び名は様々

12

この記事に関するテーマ

テーマをクリックすると、テーマに関連する記事の一覧が表示されます!

全てのテーマを見る

ライター紹介

FISHING JAPAN 編集部

FISHING JAPAN 編集部

FISHING JAPAN編集部は5人体制で記事の編集やサイト運営を行っています。

ライターは、釣り歴40年以上のベテラン釣り師や釣り雑誌元編集長、釣りガイドの人気インストラクターなど、バライティーに富んだ総勢15名が在籍し、釣り関連の幅広い記事を毎日配信しております。

釣り上級者から釣りを全く知らない方にも、釣りの魅力を様々な角度からお伝えし、釣りに興味を持ってくださるきっかけとなるような記事配信に今後も力を入れて参ります!

このライターの全ての記事を見る

記事ランキング

  • DAILY
  • WEEKLY
  • MONTHLY