ルアー バス 写真

プロップベイトっていろんな魚に効くみたい!その特徴や冬の使い方を徹底特集します!

FISHING JAPAN 編集部

皆さんは、冬の釣りにプロップベイトを用いたことはありますか?

そもそもプロップベイトとは、どんなルアーのことを指すのでしょう?

ここでは、その特徴や使い方について取り上げてみます。

バスばかりでなく、トラウトやシーバスにも使う釣り人が増えてきたようですよ。

目次

  • 冬にプロップベイトを使う理由とは?トラウトやシーバスにも効く特徴に迫る
  • プロップベイトをどのエリアで多用するの?
  • 使い方はとてもカンタン!スローにただ巻きするのが基本

冬にプロップベイトを使う理由とは?トラウトやシーバスにも効く特徴に迫る

プロップベイトとは、ボディの前後もしくは前後のどちらかに、回転するプロペラパーツを付けているルアープラグのことです。

大小さまざまなサイズがあり、浮くものもあれば沈むものもあります。

トラウトやシーバスに使われるのは、沈むタイプが多いようですね。

冬にだけ効果があるわけではなく、オールシーズンよく釣れるので、冬に使う機会も目立つようになってきました。

プロップベイトをどのエリアで多用するの?

このルアーを冬に使うときは、底の状態が複雑に入り組んでいるエリアを、集中して攻めてみたいものです。

枝や枯れ藻などが蓄積している特徴のある場所のほうが、微生物は多いですよ。

それを目当てに集まる小魚や甲殻類も多くなるでしょう。

使い方はとてもカンタン!スローにただ巻きするのが基本

プロップベイトをキャストして、スローにただ巻きをおこなう使い方をしてください。

小刻みに揺れながら、水を攪拌してくれますよ。

その振動が波動となり、バスの感覚器官を刺激して引き寄せるのでしょう。

プロペラパーツが支軸と干渉する金属音も、バスの耳にはしっかり届いているはずです。

プロップベイトを冬に使うと、まるで春先の釣りをしているかのように、よく釣れることがあります。

しかもかなり浅いエリアで釣れるので、寒風吹きすさぶ状況でも、ロッドを振りに釣り場へ足を運んでしまいますよね。

安全最優先で、冬の釣りを楽しむようにしてください。

実釣で使用しているロッドはこちら

トップウォーターの関連記事

この記事に関するテーマ

テーマをクリックすると、テーマに関連する記事の一覧が表示されます!

全てのテーマを見る

ライター紹介

FISHING JAPAN 編集部

「釣り人のみなさんのフィッシングライフを100倍楽しく」を目標に、最新かつ耳寄りな情報をお届けします!

このライターの全ての記事を見る

記事ランキング

  • DAILY
  • WEEKLY
  • MONTHLY