アオリイカ 写真

アオリイカのどう猛さを利用した意外な釣り方とは?エギングで使うエギを見直せば秋のシーズンも釣れちゃう!?

FISHING JAPAN 編集部

もう釣りに行くなら絶対イカ!

そういう釣り人の方、かなりたくさんいらっしゃいます。

しかし、なかなか釣るのが難しい、だからこそおもしろいですよね。

外見に似合わず?イカ類は案外どう猛です。

なかでもアオリイカのどう猛さは、よく知られていますね。

では、そのアオリイカってエサはいったい何で釣るのがいいのでしょうか?

アオリイカはイワシがお好き?

暖海を好むアオリイカは、水温が20~25度のときに、最もよくエサを取るといわれています。

大好きなエサはエビ類と小魚で、イワシやアジ、ヒラメ、カレイなどの稚魚のほかアマダイやアナゴなども食べるそうです。

しかし、実はどちらかといえばスズメダイやチャリコのように体高のある魚より、細身でやわらかなイワシ形の魚が好みのようです。

エサの食べ方もワイルド!

アオリイカに水槽実験でマアジとマルアジの幼魚をエサとして与えたところ、マアジより体高が低くて細身のマルアジから先に食べたそうです。

エサを補食するときは、後方から忍び寄りさっと蝕腕(しょくわん)と呼ばれるイカの長い触手を伸ばして一瞬のうちに捕まえ、抱きかかえたら頭の後方をまっ先にかんで即死させてから、後はゆっくり味わって?食べるそうです。

食べ方は少しグロテスクですね。

満腹なアオリイカはかじり逃げ!

こうして十分にエサを取り、お腹が大きくなったあとも補食行動を起こすのですが、そんなときはエサの頭をかじって即死させた後、最後まで食べずに放り出してしまうそうです。

ヤエン釣りなどで、小アジのエサにイカが乗った後、頭だけかじられて上がってくることがよくあります。

きっとそんなときのイカは、お腹が大きくてもう満腹なのかもしれませんね。

エギングで狙うなら…?

また、アオリイカはよほどエサを補食することに自信があるのか、自分の体よりも大きな魚でも積極的にアタックしていきます。

そのため、エギングで釣りに行かれる方は、大きいエギにかなり小さなアオリイカが乗ってくる経験があるかもしれません。

秋は子イカシーズンですので、小さいエギでトライしている釣り人の方も、釣れない時はたまに大きいエギを使ってみると釣れることがあるかもしれませんよ。

ぜひ、挑戦してみてくださいね!

アオリイカの関連記事はこちら

この記事に関するテーマ

テーマをクリックすると、テーマに関連する記事の一覧が表示されます!

全てのテーマを見る

ライター紹介

FISHING JAPAN 編集部

様々な釣り情報をお届けします!
SNSでも最新記事を配信中!よろしくね!

このライターの全ての記事を見る

記事ランキング

  • DAILY
  • WEEKLY
  • MONTHLY