リールパーツのアップ写真

リールスタンドを装着したい!スピニングリールを傷から守る便利アイテム

FISHING JAPAN 編集部

ダイワやシマノから数多くのスピニングリールがリリースされています。

そのハンドルが付いている箇所の真逆側に、キャップが装着されていますよね。

ネジ式になっているので、それを取り外せば、リールスタンドを後付けすることができます。

ここでは、リールスタンドの特徴やメリット・デメリットについてご紹介しましょう。

「あれ?砂浜に突っ立てる棒だと思ってたよ!」

それはロッドスタンドですよ!響きは似ていますが、全く異なるものです。

リールスタンドとは

リールスタンドとは、スピニングリールに後付けする便利アイテムのことです。

ダイワ・シマノのオリジナル製品や、ネジ溝を合わせた社外品が数多く発売されていますよ。

なんといってもデザインがカッコイイ!

無垢の金属を冷間鍛造したかのような外観に、惹き付けられる人は少なくないでしょう。

取り付ける箇所は、スピニングリールのハンドルの真逆側。

ちょうどそこには樹脂製のキャップがねじ込まれていますから、まずはそれを丁寧に外してください。

取り除くと、ネジ溝が現われます。

それと同寸のリールスタンドを購入して、さきほどのキャップを取り付けるようにねじ込んでいけば、装着は完成。

たったこれだけの作業で、見間違えるほど自分のスピニングリールがカッコよくなりますよ。

「えっ?リールスタンドって、ドレスアップパーツなの?」

いいえ、違います。

リールスタンドの役割は、スピニングリールの本体やベールなどを、傷から守ることです。

例えば、ショアジギングをしていて、掛かった青物を足元まで引き寄せたときに、ランディングネットを手にしますよね。

なんとかロッドを操作してネットに魚を入れることができたら、水面からの引き上げ作業に移らなければなりません。

その際、スピニングリールの付いたロッドを、地べたに置くことになるでしょう。

どこから置いても、スピニングリールは地面と接触してしまいます。

そこに岩や石・砂などがあれば、一瞬で傷ついてしまうのではないでしょうか。

日頃から大切にしていたスピニングリールが、いくら魚を取り込むためとはいえ、傷ついてしまうのを見過ごすわけにはいきません。

そこで活用したいのが、リールスタンドなのです。

リールスタンド装着のメリット!

リールスタンドを装着した状態の写真を見てください。

その先端を地面に向けておくと、接触を避けることができます。

とてもシンプルですが、これほど有効な方法はないでしょう。

スピニングリールの本体やベールなど、傷を入れたくない部分がしっかりと宙に浮いていますよ。

これなら安心して、掛かった魚の取り込み作業を続けられますよね。

デメリットはウエイトバランスの変化!

リールスタンドを装着した場合のデメリットについても考察してみましょう。

確かに傷がつくことは避けられるのですが、リールスタンド分の重さが加わることになります。

シマノの純正パーツで6グラム、社外品のもので7グラム程度になりますから、これは由々しき問題です。

手元で重さか変わったのを感じ取れますし、何よりウエイトバランスが狂ってしまいます。

滑らかにスムーズに巻き取れていたのが、ぎくしゃくしたハンドルさばきになってしまう人が出てくるかもしれないのです。

こればかりは自己判断で取り付けるしかないのですが、ぜひよく検討してからリールスタンドを装着するようにしましょう。

リールスタンドを装着して使いたいおすすめのスピニングリールを選んでみた!

リールスタンドを装着して使いたいケースは、ズバリ!エギングシーンでしょう。

磯場の岩礁帯などからキャストする機会が多く、足元に置くといきなり傷がついてしまいそうなシチュエーションです。

ギャフやネットを使ったランディングのときや、エギを交換するとき、もしくはショックリーダーラインを結び換えるときなどに重宝しますよ。

ダイワ 21 エメラルダス エア LT2500-XH

ダイワ 21 エメラルダス エア LT2500-XH

最安値価格
¥34,046(amazon)

Amazonへ ¥34,046

楽天市場へ ¥34,300

Yahoo!へ ¥34,300

ダイワから2021年に新発売された、エギングゲーム専用のスピニングリールです。

ギア比は6.2対1に設定されていて、ハンドル1回転につき87センチのラインを巻き取ることができるようになっています。

最大ドラグ力は、なんと10キロ。

余裕を持って巨大アオリイカとも対峙できるでしょう。

自重は180グラムとかなり軽量なので、リールスタンドが装着されたときのウエイトバランスは、かなり変わると考えてください。

ラインキャパは、PEラインなら0.8号を200メートル巻けます。

ボールベアリングの搭載個数は、12個です。

実際に手に取ってみると、驚くべき軽さを実現していて、カーボン樹脂のザイオンを活用したモノコックボディが効いています。

これならシャクリなどのロッドワークにも、俊敏に対応できるでしょう。

実売価格は3万円台と、コスパ優秀な価格帯に設定されていますよ。

ロッドも同系色のエメラルダスシリーズで、揃えたくなりますね。

リールスタンドを装着してさまざまな釣りを楽しもう!

リールスタンドの特徴やメリット・デメリット、装着するのにおすすめのスピニングリールをご紹介しましたが、いかがでしたか?

大切なリールを長く使い続けたい人に、ぜひおすすめしたいパーツといえるでしょう。

リールの関連記事はこちら

リール」カテゴリの人気記事

DAILYランキング