ジグヘッドのアップ写真

虫ヘッドパワーでタンコブゲームを楽しみたい!餌釣り用ジグヘッドの使い方

FISHING JAPAN 編集部

餌釣りに用いるためにデザインされたジグヘッドが、カルティバからリリースされている虫ヘッドです。

それを超太軸にしてパワーアップを施したのが、今回ご紹介する虫ヘッドパワー。

どうやらとんでもない巨大魚を、釣り上げることができるらしいですよ。

「海外に遠征するの?」

いえいえ、身近な防波堤にターゲットは潜んでいるのです。

虫ヘッドパワーとは

虫ヘッドパワーとは、カルティバからリリースされているジグヘッドのことです。

餌釣り用に作られているので、フック部分がとてもコンパクトなのが特徴ですね。

しかも超太軸になっていますから、かなり大きな負荷が掛かっても耐えられますし、鋭い歯に曲げられてしまう心配もほとんどいらないでしょう。

さまざまウエイトが用意されていますから、狙う水深や潮の流れに合わせて使い分けてください。

さて、今回この虫ヘッドパワーで狙う魚は、こちらです。

う~ん、なんとも個性的な顔立ち、彼の名前はコブダイです。

頭部に大きなたんこぶを載せているので、コブダイをターゲットにした釣りのことを、タンコブゲームと呼ぶらしいですよ。

アジングやエギングのように、定着すると面白いですよね。

このタンコブゲーム、海外などへ遠征することなく、身近な防波堤などでおこなえる手軽さが、人気の秘密になっています。

「えっ、コブダイってそんな近くにいるの?」

その通り!試しに近くの漁港などへ出向いてみましょう。

防波堤の端に立って、そぉ~っと水面を除いてみると・・・70センチ前後の巨体がゆっくり泳いでいるのを見つけることができます。

人に慣れているコブダイも多く、水面近くを悠々と泳ぐ姿も。

こんなにデカイ魚が目の前にいるのですから、釣らない手はないですよね。

でもよく見ると、歯がキザキザで突き出していますよ。

何でも噛み砕いてしまいそうな大迫力です。

いったいどうやってアプローチすればいいのでしょうか。

そこで頼りになるのが、今回ご紹介する虫ヘッドパワーです。

虫ヘッドパワーを使った釣りはとてもシンプル!

虫ヘッドパワーは、ルアー釣りでよく用いるジグヘッドのカタチをしています。

超太軸のフックにオモリが付いていますよ。

ということは、別でオモリを装着する必要はありませんし、ウキやスイベルといった仕掛けパーツも不要ということに。

シンプルな状態でコブダイにアプローチできるので、トラブルを抑えたやり取りを安心して楽しめるでしょう。

虫ヘッドパワーなら、釣り始めるまでの準備が早く済みますし、フックが常に上を向くので、根掛かりを抑えられます。

コブダイはテトラや岩の間に潜む習性がありますから、根掛かりが少ないのはありがたいですよね。

またラインアイがとても大きいので、ショックリーダーラインに太い号数のものを使っても、カンタンに結ぶことができます。

より一層根ズレに強いアプローチができるわけです。

これは心強いですね!

虫ヘッドパワーに付ける餌って何?

虫ヘッドパワーに装着する餌は、スーパーなどで販売されている食用のエビです。

ブラックタイガーでもバナメイエビでもかまいません。

カチカチに冷凍されていないものを事前に購入しておいて、釣り場に持参しましょう。

虫ヘッドパワーへの付け方は、頭を落とした断面からフックに縫い刺しするだけでOK。

その状態で海中へ投入し、ボトムを取るようにしましょう。

ヘッド部分がオモリなので、着底の瞬間が分かりやすいですよ。

ボトムまでのフォール中や、着底してからの放置時間に、コブダイが食い付いてきます。

これが虫ヘッドパワーの使い方の全てです。

とてもカンタンでしょう?

初めての人でも迷わず始められるので、このタンコブゲームがもっと盛んにおこなわれるようになって欲しいですね。

実際にコブタイを釣っているシーンを収めた動画が、こちらです。

虫ヘッドパワーを使ってコブダイを釣っている動画はこちら

虫ヘッドパワーを活用するのにおすすめのタックルを選んでみた!

それでは虫ヘッドパワーを使ってタンコブゲームをするのに、おすすめのタックルをご紹介しましょう。

まずは、ロッドから。

強烈なコブダイの引きに耐えなければなりませんが、持ち運びの便利さや操作性を考慮すると、シーバスゲーム用やショアジギング用ロッドで仕掛けを操るのがいいかもしれませんね。

シマノ(SHIMANO) ソルトウォーターロッド ショアジギング コルトスナイパーBB 2021 S96MH ショアジギング ショアプラッキング

シマノ(SHIMANO) ソルトウォーターロッド ショアジギング コルトスナイパーBB 2021 S96MH ショアジギング ショアプラッキング

最安値価格
¥14,729(楽天市場)

Amazonへ ¥15,023

楽天市場へ ¥14,729

Yahoo!へ ¥14,956

2021年にリリースされた、シマノのショアジギング用ロッドです。

全長2.90メートルと取り回ししやすく、継数は2本。

仕舞寸法は149.3センチにまで縮めることができます。

これなら防波堤への持ち込みも便利ですよね。

自重は280グラムとやや重めで、先径は2.3ミリあります。

ルアーなら最大65グラムまで、ジグなら最大80グラムまでぶら下げることが可能ですから、虫ヘッドパワー+餌ならじゅうぶん支えられるでしょう。

適合するPEラインは、最大で3号までです。

ブランクスのカーボン素材含有率は、99.9パーセントになっています。

これだけ頑丈なら、70センチクラスのコブダイが掛かっても、慌てずやり取りできそうですね。

掛かった瞬間は、下方向へ潜ろうとします。

そばに根や穴があれば、入り込もうとすることもあるので、ロッドを立てて耐え切ってください。

水面まで浮かせて空気を吸わせることができたら、あとは丁寧にランディングするだけです。

決して焦らないことが、取り込みを成功させる秘訣でしょう。

実売価格は1万円台と、とてもリーズナブルな価格帯に収まっていますよ。

もう少し軽いほうがいいと感じる人は、シーバスゲーム用ロッドもチェックしてみるといいでしょう。

シマノ(SHIMANO) スピニングリール 17 セドナ C5000XG ジギング 初心者向け

シマノ(SHIMANO) スピニングリール 17 セドナ C5000XG ジギング 初心者向け

最安値価格
¥5,143(楽天市場)

Amazonへ ¥5,700

楽天市場へ ¥5,143

Yahoo!へ ¥5,143

シマノの中型スピニングリール・セドナのC5000番です。

ギア比6.2対1なので、ハンドル1巻きで105センチものラインを回収できますよ。

もっとパワフルにゴリゴリ巻き上げたいなら、6000番にするとローギアで巻き取りやすいでしょう。

最大ドラグ力は11.0キロと、かなり余裕がありますね。

自重は300グラムとやや重めで、スプール寸法は直径54ミリでストロークが17ミリになっています。

ラインキャパは、PEラインの3号なら190メートル巻けます。

2号ぐらいでもかまわないのですが、ショックリーダーラインには10号程度のものを使うようにしてください。

実際に使ってみると、しっかりと巻き取れるパワフルな印象がありますね。

ローターやハンドルの回転は滑らかなので、掛かってからのやり取りをスムーズに展開できるでしょう。

実売価格は5千円台と、とても安い価格帯に収まっています。

これなら大胆に使えそうですよね。

ドラグが引き出されることもじゅうぶんに考えられますから、周囲のアングラーとの距離はしっかり取っておきたいものです。

シマノ(SHIMANO) ライン ピットブル4 300m 2.0号 ライムグリーン PL-M74S 釣り糸 ライン 2号

シマノ(SHIMANO) ライン ピットブル4 300m 2.0号 ライムグリーン PL-M74S 釣り糸 ライン 2号

最安値価格
¥1,718(Yahoo!)

Amazonへ ¥2,071

楽天市場へ ¥1,816

Yahoo!へ ¥1,718

シマノから発売中の4本撚りPEラインです。

300メートルの巻き量ですから、余裕を持ってコブダイと対峙できますよね。

巻き換え用として持参しておくのにも適しているでしょう。

PEライン自体は、強度は高くても根ズレには弱いですから、必ずショックリーダーラインを結ぶようにしてください。

カラーはライムグリーンで、とても視認性が高いですよ。

コブダイは夜釣りで釣るのは難しく、日中の釣りになります。

水中でのラインの動きや、ラインスラックの変化を視認するのに、ライムグリーンはとても扱いやすいカラーでしょう。

実売価格は千円台と、とても低価格な設定になっています。

痛んだらどんどん巻き替えしておくと、大型のコブダイが掛かったときに焦らなくて済みますよ。

虫ヘッドパワーを駆使してタンコブゲームを楽しもう!

虫ヘッドパワーの特徴や使い方、おすすめのタックルを取り上げましたが、いかがでしたか?

愛嬌のある顔立ちのコブダイですが、一旦フッキングすればその暴れっぷりは強烈そのもの。

決して油断することなく、ランディングをきっちり完了するまで集中力を持続させてくださいね!

ジグヘッドの関連記事はこちら

仕掛け」カテゴリの人気記事

DAILYランキング