魚のアップ写真

タチウオジギングでドラゴンサイズを釣りたい!おすすめの釣り方+タックル特集

FISHING JAPAN 編集部

ショアからのキャスティングゲームで人気のタチウオ、当然沖の船釣りでも数釣り・大物釣りが楽しめます。

バーチカルにメタルジグを操って誘うタチウオジギングなら、手返しよく釣りを展開できるでしょう。

ここでは、タチウオジギングの釣り方や、おすすめのタックルについてご紹介します。

「銀色に輝く魚体は、他の魚にない美しさだよね!」

その通り!掛かった瞬間の激しい引きやランディングしたときの美しさ、塩焼きや煮付けにしたときの美味しさは格別です!

歯が鋭いので、ランディングの際には魚バサミを用意して、素手ではつかまないようにしましょう。

そもそもタチウオってどんな魚なの?

タチウオとは、スズキ目タチウオ科に属する回遊魚のことです。

大陸棚などの深場に生息していて、沿岸近くにも寄ってくる習性があります。

肉食魚で顔つきがシャープ、ルアーやメタルジグ・餌などに激しくアタックしてくる獰猛さを持っていますよ。

その点をうまく利用して、フラッシング効果の高いジグで誘えば、意外とイージーにフッキングに持ち込むことができます。

タチウオの特徴は、なんといってもその回遊性。

1日の内でも、どんどん居場所を変えて移動していくので、アングラーはそれに合わせて釣りを組み立てなければなりません。

沖に浮かぶ船なら、魚探などで探し出せますから、後追いしながらの釣りには優位といえるでしょう。

タチウオが釣れるシーズンは、やはり産卵期を絡めるのがおすすめですね。

夏に産卵するので、そのときに居場所を絞り込みやすい傾向があります。

冬になると大型化して、ロッドを根元からひん曲げてくれるような、ドラゴン級を狙うことができますよ。

指5本の幅のあるサイズや、1メートルを超えるサイズを釣りたければ、冬から春にかけてタチウオ釣りをしてみるといいでしょう。

ただし、冬場は深い層へ移動する習性がありますから、船釣りによるタチウオジギングが有効なアプローチになってくるわけです。

タチウオジギングのロッドはどんなものを選べばいいの?

タチウオジギングのタックルについて、チェックしてみましょう。

ロッドは、長さ6.6フィート前後の専用ロッドが各メーカーからリリースされています。

タイラバロッドでも代用できますから、持っている人はそちらで始めてみてください。

100グラムぐらいの負荷に耐えられるものなら、タチウオ用のメタルジグを操作しやすいですよ。

スローテーパーな調子のものが多く、そのほうが掛かってからのバラシが抑えられるでしょう。

タチウオの口は、薄くて幅があまりないことから、口の外側からフッキングしてしまうこともあり、バラシ対策はとても重要になります。

フックも鋭いものを装着しておきたいですね。

タチウオジギングのリールやラインもチェック!

タチウオジギングに用いるリールは、ベイトリールのほうがアタリをフッキングに持ち込みやすいかもしれません。

ただし、最近ではレバーブレーキ付きのスピニングリールによるアプローチも注目されているので、自分の釣りスタイルに合ったものを選ぶようにしましょう。

PEラインの0.8号前後のものを、200メートルは巻けるラインキャパが欲しいですね。

ショックリーダーには40ポンド前後のものを使っておくと、歯によるラインブレイクを防げるでしょう。

アタリが遠退いた場合は、リーダーを細くしてもかまいませんが、その分破断する確率が高まりますので、よりスリリングな展開になるのは間違いありません。

ジャークやフォールを駆使して、タチウオを丁寧に誘ってみてください。

タチウオジギングに使いたいおすすめタックルをピックアップ!

それではタチウオジギングに使ってみたい、おすすめのタックルを取り上げましょう。

ロッドは前述の通り、スローテーパータイプのものから始めると、扱いやすいですよ。

最近では積極的に掛けにいくスタイルが流行っているために、ファーストテーパー=先調子のロッドを使っているアングラーも見かけるようになりました。

メジャークラフト 釣り竿 ベイトロッド 3代目 クロステージ スーパーライトジギング CRXJ-B64ML/LJ 6.4フィート

メジャークラフト 釣り竿 ベイトロッド 3代目 クロステージ スーパーライトジギング CRXJ-B64ML/LJ 6.4フィート

最安値価格
¥10,312(Yahoo!)

Amazonへ ¥13,370

楽天市場へ ¥12,375

Yahoo!へ ¥10,312

メジャークラフトからリリースされている、スーパーライトジギング用のベイトロッドです。

全長は6.4フィートと、扱いやすい長さに設定されていますよ。

適合するメタルジグのウエイトは、60グラムから150グラムまで。

タチウオジギングでよく用いるウエイトを、幅広くカバーしてくれているのが嬉しいですね。

適合するPEラインは、0.6号から1.5号まで。

タチウオはもちろん、ハマチやメジロ・カンパチ・イナダ・ワラサ・マダイ・サワラなどもターゲットにすることができます。

ブランクスは、レギュラーファーストに仕上げられているので、積極的に掛けにいく釣りスタイルを展開しやすいでしょう。

実際に手に取ってみると、とても軽くて振り回しやすい印象です。

これなら1日中使い続けても、手首やヒジが疲労で辛くなってくることは防げそうです。

実売価格は1万円台と、とてもリーズナブルな価格帯に収まっていますよ。

手返しよくジグを投入して、タチウオのアタリを誘発させてください。

シマノ(SHIMANO) リール 19 グラップラー CT 150XG 右

シマノ(SHIMANO) リール 19 グラップラー CT 150XG 右

最安値価格
¥29,253(楽天市場)

Amazonへ 売り切れ

楽天市場へ ¥29,253

シマノのカウンター付きベイトリールです。

釣れた深さを記録しておけるので、その層へ再度ジグを送り込むのを素早くおこなえますよ。

ギア比は8.1対1ですから、ハンドル1回転で81センチのラインを巻き取れるようになっています。

最大ドラグ力は5.0キロで、自重は255グラムと軽め。

長い時間操作し続けても、さほど疲れは感じないでしょう。

ラインキャパは、PEラインなら0.8号を400メートルも巻くことが可能です。

スプール寸法は、直径が32ミリで幅が22ミリあります。

実際に手にしてみると、パーミングしやすくハンドルも握りやすい作りになっていますね。

とにかくカウンターが便利で、1メートル刻みに層を切り換えながらのアプローチも実践できます。

実売価格は2万円台前半と、とてもコスパ優秀な価格に設定されています。

タチウオジギングを丁寧におこないたいなら、データを取って再現化できる釣りスタイルを実践すべき。

そのためのフォローアイテムとして、このリールはとても優れているでしょう。

メジャークラフト メタルジグ タチジギ道場 スローフォールジグ TJD SLOW-80#1 ZEBLA GLOW 80g

メジャークラフト メタルジグ タチジギ道場 スローフォールジグ TJD SLOW-80#1 ZEBLA GLOW 80g

最安値価格
¥486(楽天市場)

Amazonへ ¥572

楽天市場へ ¥486

Yahoo!へ ¥486

メジャークラフトからリリースされている、タチウオジギング用のメタルジグです。

ウエイトは80グラムと、扱いやすい設定になっていますから、しっかりフォールさせながら誘いをかけてみてください。

スローフォールでの誘いに適していて、このサイズ感がタチウオに強烈に効くタイミングがあります。

他の形状・ウエイトのジグと、上手くローテーションすると、タチウオが釣れ続くパターンが見えてくるでしょう。

実際に使ってみると、アタリが取りやすくてフッキングもスムーズに決まります。

潮の流れの変化もとらえやすいので、頼りになるジグとしてタックルボックスに常備しておきたいですね。

実売価格は400円台と、とても安い価格帯になっています。

この価格なら、複数個揃えておくこともカンタンに実施できますよね。

グロー系カラーを絡めたゼブラカラーは、タチウオジギングには欠かせない配色です。

マダイヤヒラメなどにも効果的で、タチウオジギングが五目釣りに切り替わってしまう可能性も高いですよ。

丁寧に落とし込んで、ボトムを感知してから探ると、その日の釣り方が見えてくるでしょう。

乗合船の隣りのアングラーが、どれくらい流しているかを把握しておくのも大切で、トラブルのないタチウオジギングを楽しみたいものです。

タチウオジギングをマスターしてドラゴンサイズを釣り上げよう!

タチウオジギングの特徴やアプローチ方法、おすすめのタックルについてご紹介しましたが、いかがでしたか?

手軽に実践できるタチウオの釣り方として、年々人気が高まっていますから、乗合船の予約を取るのはたいへんかもしれません。

よく釣れている船・場所などをじっくり選んで、ビッグサイズを狙ってみてくださいね!

ジギングの関連記事はこちら

ジギング」カテゴリの人気記事

DAILYランキング