リールのアップ写真

21スコーピオンDCは2021年シマノから新発売のI-DC5ブレーキ搭載ベイトリール!

FISHING JAPAN 編集部

シマノからDCブレーキシステム搭載のベイトリールが複数リリースされていますが、21スコーピオンDCは2021年に登場する新機種。

先進スペックを豊富に採用しているので、イメージ通りのアプローチを展開できるでしょう。

バス釣りはもちろん、海のシーバスゲームやロックフィッシュゲームなどに積極的に使ってみたくなりますね。

その詳しい特徴をご紹介しましょう。

21スコーピオンDCとは

21スコーピオンDCとは、2021年にシマノから新発売されるベイトリールのことです。

ソルト対応機種ですから、バス釣り以外にさまざまな釣りシーンで活躍してくれますよ。

設定機種は、6種類用意されています。

ノーマルギア・ハイギア・エクストラハイギアにそれぞれ左・右巻きハンドルがあるので、自分の釣りスタイルに合わせて選んでみましょう。

自重は215グラムから225グラム、最大ドラグ力は5.5キロですから、きっちり締め込んでラインを出さないやり取りを楽しめそうです。

スプールサイズは、直径34ミリで幅25ミリ。

かなりラインキャパに余裕の出るサイズに設定されています。

16ポンドのモノフィラメントラインで、100メートル巻くことができます。

それでは、21スコーピオンDCの各部を詳しく見ていきましょう。

まずは、メインギア。

定評のあるマイクロモジュールギアが搭載されていますよ。

既存モデルには無かった仕様で、超小型の精密ギアと精巧なボディハウジングによって、滑らかで軽やかな巻き心地を生んでいます。

噛み合う歯の数が増えているので、これまでのギアを超える強度も確保できているのが嬉しいですね。

他のベイトリールに搭載されているマイクロモジュールギアを操った感想は、均一感のあるフィールに雑味が含まれないこと。

もし魚がルアーに触れてきたり、ルアーが地形変化などに触れたりしたら、即指先に伝わってくる感触が素晴らしいですね。

鋭敏ゆえに何が触れたのか、ルアーに何が発生しているのか、推し量る材料を得ることが可能になります。

21スコーピオンDCにはDCブレーキシステム・I-DC5を搭載!

21スコーピオンDCには、DCブレーキシステム・I-DC5が搭載されています。

3つのモードを備えた内部ダイヤルに加えて、5段階に切り換え可能の外部ダイヤルを用いて制動の調整ができますよ。

4極着磁リング磁石を使っていて、バックラッシュをしっかり抑え込むことに成功しています。

I-DC5を実際に使ってみると、キャスティングのリリース直後にドン!とブレーキが利いて、その後2段階の制動を感じつつ、最後のひと伸びを体感することができました。

要するに、ずっとブレーキがかかっている状態ではなく、ポンピングブレーキのような、バックラッシュしそうなタイミングで複数回ブレーキペダルを踏んでいる感覚に近いですね。

21スコーピオンDCにはMGL=マグナムライトスプールを採用!

21スコーピオンDCには、MGL=マグナムライトスプールが採用されています。

スプールの慣性モーメントを減らすために、スプール側面への穴開けを実施。

同時に薄肉化も施しているので、既存スプールと比較して慣性モーメントの約10パーセントダウンを実現しています。

これにより大幅な飛距離の向上を見込めますし、アキュラシー精度の高いキャストにもつながるでしょう。

すでにMGLⅢスプールが開発されていますが、ラインキャパに合わせてこのマグナムライトスプールを選択しているところに、シマノのこだわりや強みがにじみ出ていますね。

沖合いに沈むインビジブルストラクチャーを、21スコーピオンDCで直撃してみましょう。

21スコーピオンDCのスペック表はこちら

21スコーピオンDCとマッチするおすすめタックルをピックアップ!

21スコーピオンDCを装着して使ってみたくなる、おすすめタックルをご紹介しましょう。

ロングキャストしてガンガン巻きたいなら、それ向きのベイトロッドを選びたいですね。

太いラインを使えるので、スイムベイトなどの重めのルアーを扱えるものがいいでしょう。

シマノ(SHIMANO) バスロッド 17 エクスプライド ファストムービング&ビックベイト 173MH-LM シングルフック マキモノバーサタイルロッド

シマノ(SHIMANO) バスロッド 17 エクスプライド ファストムービング&ビックベイト 173MH-LM シングルフック マキモノバーサタイルロッド

最安値価格
¥21,092(Yahoo!)

Amazonへ ¥22,715

楽天市場へ ¥21,500

Yahoo!へ ¥21,092

シマノから発売中の、低弾性カーボン素材を用いたベイトロッドです。

全長2.21メートルと長めですから、ロングキャストで広範囲を探るのに向いていますよ。

継数は2本で、仕舞寸法は188.3センチになっています。

自重は125グラムと、長さの割りには軽めの設定。

先径は2.4ミリもあるので、大胆に扱えそうですね。

適合ルアーウエイトは、10グラムから35グラムまでなので、クランクベイトやスピナーベイト・スイムベイト・バイブレーションプラグ・チャターベイトなどを積極的にキャストできますよ。

適合ラインは、モノフィラメントラインの10ポンドから20ポンドまで。

太いラインを使えますから、重めのルアーやカバー接触にも対応しやすいですね。

レギュラーファーストテーパーで、カーボン素材の含有率は99.0パーセントに設定されています。

実際に手に取ってみると、持ち重りせずに振り抜きやすいですよ。

実売価格は2万円台と、とてもリーズナブルな低価格帯に収まっています。

巻きモノの釣りを徹底してやり込みたい人に、おすすめの1本といえるでしょう。

VARIVAS(バリバス) ロックフィッシュ プレミアム 150m 18lb/5号

VARIVAS(バリバス) ロックフィッシュ プレミアム 150m 18lb/5号

最安値価格
¥1,771(楽天市場)

Amazonへ ¥2,039

楽天市場へ ¥1,771

Yahoo!へ ¥1,771

バリバスブランドからリリースされている、道糸用のフロロカーボンラインです。

対象はロックフィッシュゲームですが、岩礁帯などに接触する機会の多い釣りアプローチに適していますよ。

シーバスゲームやチニングゲーム、バス釣りに用いても何ら問題はないでしょう。

こちらは150メートル巻きで5号、強度は18ポンドになっています。

カラーは、クリスタルクリアーカラーを採用、水中で見えにくいフロロカーボンの特性を活かしたものですね。

直線強度や耐摩耗性能、高い感度や粘り強さを兼ね備えていますよ。

ラインの表面には、フッ素による撥水性の保護膜を作るSP-F加工が施されています。

実際に使ってみると、ゴワゴワした糸グセは付きにくく、キャストフィールも快適。

一体型分割スプールに巻かれているので、2回に分けて使いやすくなっているのがいいですね。

実売価格は千円台と、とても購入しやすい価格に設定されています。

白く変色してくると、ライン交換のサインですから、巻き換えてから釣りに臨むようにしましょう。

シマノ(SHIMANO) ルアー クランクベイト バンタム コザック 54SR 54mm 8g ZP-205R 229 Yマットタイガー

シマノ(SHIMANO) ルアー クランクベイト バンタム コザック 54SR 54mm 8g ZP-205R 229 Yマットタイガー

最安値価格
¥1,423(楽天市場)

Amazonへ ¥1,595

楽天市場へ ¥1,423

Yahoo!へ ¥1,423

潜行深度が選べるシマノのクランクベイト・コザックシリーズです。

こちらはSRタイプなので、水深1.0メートル前後をトレースするのに向いていますよ。

全長54ミリで自重8グラム、リップの先端を地形変化やカバーに当てながら、なぞるようにしてリトリーブを繰り返してください。

浮力があるので、接触しても引っ掛かりにくく、岩などを突きながら進んで行くイメージで使いこなすことができます。

実際にキャストしてみると、空気抵抗を抑えた飛距離の伸びを見せてくれますよ。

バス釣りはもちろん、海のロックフィッシュゲームなどにも有効に使えるのがいいですね。

実売価格は千円台と、かなり安い価格帯に収まっています。

チャート系のカラーをベースにして、さまざまなカラーを用いたローテーションで、魚の反応をチェックしてください。

6番サイズのトレブルフックが標準で装備されていますが、7番や8番にサイズを下げることでウォブリングがよりタイトに変化します。

魚に丸飲みしてもらえる確率も上がりますから、フックサイズの変更をいろいろ試してみましょう。

ただし、サイズを下げた状態で強めのフッキングをすると、すっぽ抜けが発生しやすいですから、ゴン!と当たったらしばらくハンドルを回すのを止めて、ラインスラックを注視します。

ラインが動き出したら、ロッド位置はそのままでハンドルを回して魚を引き寄せれば、バラシを抑えられるでしょう。

21スコーピオンDCの気になる発売日はいつ?

21スコーピオンDCの気になる発売日は、RIGHTモデルが2021年の4月、LEFTモデルが5月の発売予定です。

メーカー希望販売価格は、37,500円です。

広範囲のポイントを効率よく探るのに、上手く活用したいですね!

2021年ニューモデルの関連記事はこちら

シマノ」カテゴリの人気記事

DAILYランキング