ラインのアップ写真

オフショアジギングのラインってどれを選べばいいの?おすすめアイテムをチェック

FISHING JAPAN 編集部

オフショアジギングで使うのに、おすすめのラインってどんなものになるのでしょうか。

ひんぱんに船に乗って、沖合いに出向いているアングラーなら即答できますが、初心者の人にはちょっぴりハードルが高いですよね。

ここでは、オフショアジギング用のラインについて、詳しくご紹介しましょう。

「種類でいうなら、PEライン一択でしょ?」

その通り!伸びが極端になく感度が高いですから、深い層でジグを操るのに適しているのです。

当然青物などがバイトしてきたら、すぐに判別できるのも大きなメリットですよね。

オフショアジギング用のPEラインとは

オフショアジギングに用いるPEラインとは、伸びが抑えられた感度の高い撚り糸のことです。

これをうまく活用することで、長くラインを放出しても、魚からのアタリを的確にとらえることができますよ。

ただし、対象魚によってPEラインの太さ=号数を換えていく必要があります。

例えば、ヒラマサをターゲットにするのに、マダイやシーバスジギング用の細いPEラインを使っていたら、あっという間に切られてしまいますよね。

「それは単純に細いから切られるってことなの?」

それだけではありません。

ヒラマサはジグにバイトした後、ボトムの岩礁帯などに潜り込もうとする習性があるので、細いPEラインだと根ズレで切れてしまうのです。

どれだけドラグを締めていても、ヒラマサの突然ダッシュを完璧に支えることはできませんから、根に擦られることを想定して、太いPEラインをリールに巻いておくほうがベターでしょう。

それでは、オフショアジギングの対象魚別に、PEラインの太さをチェックしてみましょう。

まずは、前述の大型青物・ヒラマサやブリを狙う際には、PEラインの4号前後を使いたいところです。

強度に関しては、60ポンド以上あれば対処できるはずです。

ヒラマサを釣る際には根ズレ対策は必要で、PEラインの4号以上の太さのものを選びたいですね。

ただし、最新の8本撚りPEラインや16本撚りタイプは、強度がとてつもなく上がっています。

それを理由に一段階細いものをリールに巻いているアングラーが、現れるようになりました。

オフショアジギングの対象魚にマッチしたPEラインの太さをチェック!

オフショアジギングの対象魚別PEラインの太さチェック、次はスーパーライトジギングやライトジギングで用いるものを見てみましょう。

マダイやシーバスなどを湾内の比較的穏やかな海で狙うアプローチなので、用いるジグが、スーパーライトジギングで30グラムから50グラムほど、ライトジギングで50グラムから130グラムほどになります。

とても軽くてボリュームの小さなジグですから、潮の流れによって流されにくくするために、細いPEラインを選ぶほうがいいでしょう。

具体的にはスーパーライトジギングなら、0.6号から1号ぐらいのPEラインがおすすめ。

ライトジギングなら、0.8号から2号ぐらいのPEラインを使ってみてください。

大型のマダイやシーバスが掛かったとしても、これくらいの太さがあれば破断されることはまずないでしょう。

オフショアジギング用PEラインの購入の仕方

オフショアジギング用のPEラインで、強度の高いものを選ぼうとすると、販売価格が一気に上がります。

12本撚りのPEラインなら、かなり高額になってしまいますが、8本撚りのものでもしっかりと強度のあるものが販売されていますよ。

なので初心者アングラーにおすすめしたいのは、オフショアジギング用に作られた8本撚りタイプのPEラインです。

価格もある程度抑えられているので、せひ手に取って検討してみましょう。

あともうひとつ、4本撚りのPEラインも豊富にラインナップされています。

こちらは、びっくりするぐらい低価格になっていて、購入するのに迷わなくて済みますよ。

強度やしなやかさなどは、8本撚りと比較すると見劣りする部分はありますが、実釣で使ってみてライントラブル等で困ったことはほとんどありませんから、ラインにかける費用を抑えたい人に向いています。

一度使ってみるのもいいかもしれませんね。

おすすめの商品名は、以下に記載します。

オフショアジギングにおすすめのPEラインを選んでみた!

オフショアジギングで使うのにおすすめのPEラインを取り上げてみましょう。

まずは8本撚りタイプから。

4本撚りよりは価格帯が上がりますが、強度やしなやかさなど扱いやすいラインに仕上がっていますよ。

VARIVAS(バリバス) PEライン アバニ ジギング10×10 マックスパワーPE X8 400m 4号 64lb 8本 10色

VARIVAS(バリバス) PEライン アバニ ジギング10×10 マックスパワーPE X8 400m 4号 64lb 8本 10色

最安値価格
¥5,686(Yahoo!)

Amazonへ ¥5,903

楽天市場へ ¥5,687

Yahoo!へ ¥5,686

バリバスブランドから出ている、オフショアジギング用のPEラインです。

8本撚りで、長めの糸巻き量から選択できるようになっているのが嬉しいですね。

10メートルごとに10種類のカラーで区分けされているので、水深や巻き取り量の把握がしやすくなっています。

実際に使ってみると、とてもしなやかなのに驚かされます。

シルキーな表面加工が施されていて、長く使っていても安心して魚とのやり取りを楽しめますよ。

耐久性が上がっていますから、大型の青物が根に潜っても、大胆に取り回して引き出しにかかってみましょう。

ショックリーダーラインとのマッチングも良好で、ノットのすっぽ抜けなどのトラブルは、まだ発生したことがありません。

安定した強度が大きな安心感を生み、オフショアジギングの可能性を高めてくれるPEラインだといえるでしょう。

実売価格は糸巻き量と号数によって上下しますが、4号400メートルで5千円台なら、納得の価格設定すね。

向かう釣り場や対象魚に合わせて、号数を切り換えつつアプローチしてください。

このラインなら、あなたのレコードフィッシュを連れ帰ってくれるでしょう。

シマノ(SHIMANO) PEライン オシア EX8 300m 4号 70.0lb マルチカラー PL-078L

シマノ(SHIMANO) PEライン オシア EX8 300m 4号 70.0lb マルチカラー PL-078L

最安値価格
¥5,955(amazon)

Amazonへ ¥5,955

楽天市場へ ¥6,061

Yahoo!へ ¥6,060

シマノからリリースされている、オシアシリーズのPEラインです。

こちらも8本撚りになっていて、太さ4号で全長は300メートル巻きになっていますよ。

マルチカラー仕様で、最大強力は70.0ポンドに達する強さを誇っています。

新しいライン製作工法であるTOUGH CROSSを採用していて、滑めらかさもアップ。

トラブルの無さや衝撃の吸収にも効果のある仕上がりです。

実釣で使うときには、スピニングタックルに巻いてキャスティングも絡めていますが、本当にライントラブルが少なく、滑らかなコシで扱いやすい印象です。

実売価格が、やや高い設定になっていますから、他ブランドのPEラインと比較検討して選んでいいのではないでしょうか。

4号300メートル巻きタイプで、6千円前後に価格設定されています。

高価なPEラインの実力を体験してみたい人に、おすすめのハイスペックアイテムですよ。

シマノ(SHIMANO) PEライン タナトル4 200m 1.5号 31.7lb PL-F64R 釣り糸

シマノ(SHIMANO) PEライン タナトル4 200m 1.5号 31.7lb PL-F64R 釣り糸

最安値価格
¥1,103(amazon)

Amazonへ ¥1,103

楽天市場へ ¥1,122

Yahoo!へ ¥1,121

同じくシマノから発売中の4本撚りPEラインです。

実売価格を見てください、なんと千円前半と超安値が付けられていますよ。

船釣り用に企画されたもので、10メートルごとに5種類のカラーが施されていて扱いやすいです。

高分子量ポリエチレンを素材としたINAZASが採用されていて、高い強度と低伸度が魅力的。

実際に使ってみて感じたのは、とても滑らかなソフトタイプのラインであるということ。

ラインの表面抵抗が滑らかでスムーズですから、水の抵抗も抑えられている印象です。

タフクロス2という工法で締め込んでいるので、耐摩耗性も高くなっています。

この低価格で高性能ですから、初心者アングラーの大きな味方になってくれるのは間違いないでしょう。

オフショアジギングに使うラインをしっかり選んで釣りを楽しもう!

オフショアジギング用のPEラインの特徴や選び方、おすすめのアイテムをご紹介しましたが、いかがでしたか?

乗合船やジギングガイド船では、隣りのアングラーとの距離をじゅうぶんに取って、釣りを楽しむようにしましょう。

感染症対策を具体的にどのようにおこなっているか、予約の段階でしっかり確認することも忘れないようにしたいですね。

多くのアングラーが、以前のように大勢オフショアジギングを楽しめる日が戻ってきてほしいものです。

ライントラブルは、思わぬタイミングで発生しますから、FGノットなどのショックリーダーラインとの結び方を、しっかりマスターしておくようにしましょう。

ラインの関連記事はこちら

ライン(釣り糸)」カテゴリの人気記事

DAILYランキング