ルアーのアップ写真

ジョインテッドクロー178で釣りたい!バス・シーバスアングラーに人気の元祖S字ビッグベイト

FISHING JAPAN 編集部

178ミリという大きなサイズを誇るガンクラフトのビッグベイト・ジョインテッドクローにスポットライトを当ててみましょう。

発売開始以来、バスはもちろんシーバスまでもガンガン釣れていますよね。

どんかなふうに操れば釣れるのか、興味津々の人は結構多いはず。

ここでは、ジョインテッドクロー178の特徴や使い方について、詳しくご紹介しましょう。

「ホントにこんな大きくて重さのあるルアーで釣れるの?」

釣ったことのない人は、必ずそういう感覚に陥りますが、ぜひ一度ラインに結んでキャストしてみることをおすすめします。

その際は、2オンス=約56グラム程度の重さに耐えられるベイトタックルを用意してくださいね。

ジョインテッドクロー178とは

ジョインテッドクロー178とは、ガンクラフトから発売中のジョイント系ビッグベイトのことです。

サイズは178ミリで、重さは約2オンス。

通常のルアーと比べると、かなり大きなボリュームに仕上げられています。

なぜ大きいか?というと、水押し効果が高められるからです。

ボディで水を押しながらアクションするのがルアーですから、その波動を魚が感じ取り、引き寄せられてバイトにつながる仕組みになっていますよ。

小さいほうが食べやすそうですが、ボリュームがない分波動も弱くて、遠くにいる魚には気づいてもらえないことが。

釣れる確率を効率よくアップするための手法が、ルアーサイズを大きくすることなのです。

もうひとつ178ミリサイズにする理由があります。

それは実際にバスやシーバスが捕食しているベイトフィッシュのサイズが、200ミリ前後だからです。

特に大型魚になると、200ミリ前後がマッチ・ザ・ベイトということに。

それに気づいたアングラーが、試しにレイクトローリング用の大型スイムベイトをキャストしてみたとろ、バスやシーバスがガンガンアタックしてきました。

そこから発展して、今のビッグベイトブームに至っているのです。

中でもジョインテッドクロー178は、魚を強烈に誘うビッグベイトとして活躍し続けていますよ。

ジョインテッドクロー178の使い方

ジョインテッドクロー178の使い方について、コツをご紹介します。

まずは、ベイトタックルを用意して、ラインにルアーを結びます。

キャストの際、着水音に気を付けてください。

普通に投げれば、水柱が上がるほどの衝撃が発生し、大きな音が鳴り響いてしまいます。

それではせっかく浮き気味だった魚が、警戒心を膨らませて散ってしまうでしょう。

ジョインテッドクロー178をキャストするときは、サイドハンドキャストでアプローチして、できるだけ水面から離れないようなキャスト軌道を心がけてください。

そして着水の一歩手前で、しっかりサミングして減速してから水面に触るようにすると、静かな音で着水を完了できるでしょう。

そこからリトリーブに移りますが、素早くラインを巻き取ってしまう必要はなく、ロッドティップからラインが垂れ下がっているような状態をキープしながら、ゆっくりリールハンドルを回しましょう。

そうすれば、S字を幅広く描きながらスイムするようになりますし、ラインがたるみ気味な分バイトがあっても弾かれにくくなりますよ。

ジョインテッドクロー178ゼプロっていったいナニモノ?

ジョインテッドクロー178には、ゼプロと呼ばれる機種があります。

これにはゼロレンジ=水面直下という、あまり潜らない層をトレースするのに適したセッティングが施されています。

水面直下を泳がせることで、バスやシーバスの反応がすこぶる良いのです。

理由はカンタンで、水面に追い込んで捕食する習性をフィッシュイーターが保持しているから。

水面に追い込む手間を省いて、ルアー自体が水面直下から動かなければ、あとは魚のほうがバイトするだけという状況を作り出すことができます。

とてもシンプルでありながら、実は強力なパターンフィッシングを実践しているわけです。

ぜひ試してもらいたいルアーですね。

ジョインテッドクロー178をキャスト&リトリーブするのにおすすめのタックルはこちら!

ジョインテッドクロー178をキャストしてリトリーブを実践するのに、おすすめのタックルをご紹介しましょう。

まずは、ロッドから。

2オンスを背負うための剛性・耐久性の伴なったベイトロッドが、求められるでしょう。

でもあまり重くなると操りにくいですから、ロッドの自重には注目したいですよね。

シマノ(SHIMANO) バスロッド 19 バンタム 2ピースシリーズ ベイトキャスティング ファストムービング&ビッグベイト 163H-SB/2 ショート テクニカル

シマノ(SHIMANO) バスロッド 19 バンタム 2ピースシリーズ ベイトキャスティング ファストムービング&ビッグベイト 163H-SB/2 ショート テクニカル

最安値価格
¥38,957(Yahoo!)

Amazonへ 売り切れ

楽天市場へ 取扱なし

Yahoo!へ ¥38,957

6.3フィートとビッグベイト用ロッドとしては短めな、シマノのバスロッドです。

でもこれだけの長さがあれば、飛距離はじゅうぶんに引き出せるでしょう。

自重は140グラムと、他のビッグベイト用ロッドと比べてかなり軽め。

これならただ巻きだけでなく、トゥイッチやジャークも繰り出せそうですよね。

実際にはラインスラックを利用して、向きを左右に変えてはダートアクションを不規則に発生させると、誘いから食わせへ切り替えがしやすいでしょう。

特にこの短めのロッドなら、アキュラシーキャストの精度が上がります。

護岸や水門などのカバーやストラクチャーにピッタリ狙って着水させることができたら、潜んでいるビッグフィッシュを獲ることができます。

実際に手にしてみると、やはりとても軽く感じます。

ブランクスの張りはさほどでもなく、負荷が掛かればしっかりと曲がりますから、食い付いてきたバスをバラすことなくランディングできました。

流行りの8の字釣法も、ロッドが短いほうがどこも叩かずにおこなえましたよ。

実売価格は、4万円前後とやや高め。

でもビッグベイトを投げられるショートレングスのロッドというのは、他でほぼ見当たりませんから、希少価値の高いロッドと言っても差し支えはないでしょう。

ちなみに、最大100グラムまでのルアーを背負えますから、もっと重くて大型ボリュームのビッグベイトも試してみたくなりますね。

シマノ(SHIMANO) ベイトリール 両軸 19 カルカッタコンクエスト DC 201 左

シマノ(SHIMANO) ベイトリール 両軸 19 カルカッタコンクエスト DC 201 左

最安値価格
¥9,310(Yahoo!)

Amazonへ ¥53,514

楽天市場へ ¥52,586

Yahoo!へ ¥9,310

シマノのカルカッタコンクエストDCシリーズです。

丸形ベイトリールですから、剛性感と耐久性はハンパないレベルで、巻き心地もかなりスムーズ。

あらゆるシチュエーションで滑らかにハンドルを回せるので、ただ巻きアプローチをキープするのに適しています。

ギア比は4.8対1で、ハンドル1巻きにつき57センチのラインを回収することができます。

ロッドティップからラインをたるませながらのリトリーブを実践可能なので、急なバイトでバラシしてしまうようなトラブルを未然に防げますよ。

ラインキャパは、20ポンドラインで100メートルも巻けます。

これならロングキャストしても平気ですし、河川などの流れにルアーを乗せて、ドリフト釣法で活用するのもバッチリ。

それからDCブレーキが標準で搭載されているので、バックラッシュトラブルも大幅に抑えられるでしょう。

風の強いシチュエーションでも、トラブルを軽減するブレーキモードも搭載していますよ。

実売価格は5万円から6万円の間と高額な価格帯ですが、長く使い続けるつもりなら全然元は取れますから、ぜひ使ってみてください。

クレハ(KUREHA) ライン シーガー R-18フロロリミテッド 100m 16lb

クレハ(KUREHA) ライン シーガー R-18フロロリミテッド 100m 16lb

最安値価格
¥1,514(Yahoo!)

Amazonへ ¥1,555

楽天市場へ ¥1,530

Yahoo!へ ¥1,514

こちらは、ベイトリールに巻く道糸です。

素材はフロロカーボンですから、比重が高く水に沈みやすい特性を持っていますよ。

14ポンド程度でも、ジョインテッドクロー178の重さならキャストできるのですが、カバーやストラクチャーに積極的に干渉させようとすると、ワンランク上の太さ・強さの16ポンドをおすすめします。

あまり太くし過ぎると、ゴワゴワしたクセが付いてキャストしづらいので、20ポンドくらいまでにしておきたいですね。

フロロカーボン素材には、魚から見えにくいというメリットもありますから、何度もキャストを重ねたいなら、見えにくいラインという選択はアリではないでしょうか。

実売価格は千円台と、コスパ優秀なラインになっています。

傷んできたら早めに交換して、ラインブレイクなどのトラブルが発生しないように努めましょう。

道糸にPEラインを使うのもいいかもしれません。

伸びの無さをラインに求めたいアングラーなら、どちらを選ぼうか迷ってしまうでしょう。

ジョインテッドクロー178を駆使して大型魚を釣り上げよう!

ジョインテッドクロー178の特徴や使い方、おすすめのタックルについてご紹介しましたが、いかがでしたか?

タックルを揃えて、まずはファーストキャストを経験してみてください。

その釣れっぷりに驚いてしまうのは間違いないでしょう。

ビッグベイトの関連記事はこちら

ルアー」カテゴリの人気記事

DAILYランキング