ロッドスタンドのアップ写真

ロッドスタンドを自作したい!自宅や釣り場でのロッド保管に便利なグッズをチェック

FISHING JAPAN 編集部

自宅の部屋の壁やソファーに、リールを着けたまま置きっぱなしにしているロッド。

そのままでは何かの拍子に倒してしまって、最悪の場合破損してしまう事態に。

やはり安定感のあるロッドスタンドやロッドホルダーに、きちんと収納しておきたいですよね。

最近では、100均グッズを上手く活用してロッドスタンドを自作する人も現れました。

ここでは、ロッドの保管に便利なロッドスタンドやロッドホルダーについてご紹介しましょう。

ロッドスタンドとは

ロッドスタンドとは、釣りに使うロッドやリールといったタックル類を、安定して保管しておくための便利アイテムのことです。

よく見かけるのは、木材や塩ビ管を用いたロッドスタンド。

このタイプを自作するには、ノコギリやカンナ・クギ・ネジなど、さまざまな加工道具が必要になります。

木工作業の経験のある人なら、スムーズに製作できるでしょうが、そうでない人にはとってはかなりハードルが高いですよね。

また塗装作業なども、手間のかかる行程がひんぱんに発生するでしょう。

そこでおすすめなのが、100均グッズを利用したロッドスタンドの自作です。

当然コスパは優秀ですし、製作時間もかからないのが大きなメリットといえるでしょう。

100均グッズを利用したロッドスタンドの自作方法

100均グッズを利用して、ロッドスタンドを自作している動画を見つけました。

スリットの入った仕切りプレートを購入、少し手を加えればあっという間に壁掛けタイプのロッドスタンドが完成していますよ。

これなら木工作業や塗装作業は要りませんし、持っているロッドの本数に合わせて作り上げることもカンタンです。

仕切りプレートを見て、こういう活用方法にたどり着く発想が素晴らしいですよね。

壁掛けロッドスタンドを自作している動画はこちら

100均グッズで簡易ロッドホルダーも自作できる!

100均グッズを利用したロッドホルダーも、カンタンに自作できるようですよ。

こちらの動画では、スポンジ製のマットを用いて製作しています。

マットの周辺部分の凹凸をうまく利用して、ロッドのブランクス部分やオフセットグリップ部分をホールドしていますよね。

これなら壁掛けはもちろん、クーラーボックスやタックルボックスの壁面にもカンタンに設置することができます。

100均アイテムを使ったロッドホルダーの自作方法を解説している動画はこちら

おすすめのロッドスタンドやロッドホルダーをピックアップ!

それでは、各メーカーからリリースされているロッドスタンドやロッドホルダーもご紹介しましょう。

便利なデザインに仕上げられているものや、取り付けカンタンなオプションパーツになっているものなど、豊富に揃っていますよ。

自分の釣りスタイルに合わせて、さまざまなロッドスタンドアイテムを活用してみませんか?

TAKAMIYA(タカミヤ) REALMETHOD ロッドスタンド

TAKAMIYA(タカミヤ) REALMETHOD ロッドスタンド

参考価格:¥3,870

Amazonへ

楽天市場へ

Yahoo!ショッピングへ

タカミヤからリリースされている、組み立て式のロッドスタンドです。

プラスチック製で軽量・コンパクトなのが扱いやすいですね。

ロッドは合計で16本も収納できるようになっていますよ。

これならさまざまな釣り方、例えばジギング・エギング・アジング・シーバスゲーム・バス釣りなどの専用ロッドを保管しておけるでしょう。

サイズは、幅が44センチで奥行が20センチ、高さが89センチあります。

付属品として、説明書・ネジ(大)28本・ネジ(小)8本・ジョイントダボ2本が付いていますよ。

プロックス バンブーロッドスタンド 7本壁掛式 PX9827

プロックス バンブーロッドスタンド 7本壁掛式 PX9827

参考価格:¥1,580

Amazonへ

楽天市場へ

Yahoo!ショッピングへ

プロックスから発売中の壁掛け式ロッドスタンドです。

ロッドを最大で7本収納できるようになっていますよ。

壁に設置できるので省スペースの効果があり、ロッドの長さに合わせてお好みの高さに切り換えて設置できるのがいいですね。

強度のある竹素材を使っていて、ホルダー部分にはロッドの表面を傷つけないスポンジが当てられていますよ。

部屋のインテリアとしてもイメージアップにつながるアイテムといえるでしょう。

ロッドスタンドのサイズは、470×74×58ミリとなっています。

OGK カラーロッドスタンド 16本用 コロネットブルー

OGK カラーロッドスタンド 16本用 コロネットブルー

参考価格:¥2,910

Amazonへ

楽天市場へ

Yahoo!ショッピングへ

大阪漁具から出ているカラフルなロッドスタンドです。

3種類のカラーから選べるので、部屋の内装に合わせたいですね。

ロッドは、全部で16本立てることができますから、ソルトゲームからバス釣りまで好みのロッドを数多く保管することが可能でしょう。

ロッドスタンドのサイズは、W445×D205×H890ミリです。

素材にはポリプロピレンを使っていますよ。

ダイワ(Daiwa) ロッドベルト ライトルアー ロッドスタンド 300 ブルー 869553

ダイワ(Daiwa) ロッドベルト ライトルアー ロッドスタンド 300 ブルー 869553

参考価格:¥4,774

Amazonへ

楽天市場へ

Yahoo!ショッピングへ

ダイワから発売中の持ち運び便利なロッドスタンドです。

複数のロッド(5フィートから7フィート程度の長さ)を使い分けたいときに、リールをセットしたまま持ち運びができるようになっていますよ。

トラウトゲームなどの管理釣り場で活躍してくれそうですね。

ラインシステムを作る際やルアーを交換する際に、ロッドを地面に横置きにせず立てた状態で作業できるのがメリットです。

ライン同士が絡んだりするのも防いでくれるので、手返しのいい釣りを展開できますよ。

本体サイズは、収納すると約28センチで最大に伸ばすと約44センチになります。

アジングやメバリングの釣り場でも活用したいですね。

第一精工 ロッドホルダー MSロッドラック33セパレート クロ ロッドスタンド 釣り

第一精工 ロッドホルダー MSロッドラック33セパレート クロ ロッドスタンド 釣り

参考価格:¥1,814

Amazonへ

楽天市場へ

Yahoo!ショッピングへ

第一精工の便利グッズ・MSロッドラック33セパレートです。

タックルボックスやクーラーボックスの側面などに取り付けできる仕組みになっていますよ。

サイズは、内寸が33ミリで凹みが付いているので、そこにリールフットを引っ掛けて支えられます。

ここの場所に1本ロッドを立てられたらいいのに!というアングラーの要望を、カンタンに実現してくれるアイテムですね。

ネジ式で取り付けができますから、安定した使い心地を得ることができますよ。

第一精工ロッドホルダー(竿受け) フリースタンド 02034 釣り

第一精工ロッドホルダー(竿受け) フリースタンド 02034 釣り

参考価格:¥1,361

Amazonへ

楽天市場へ

Yahoo!ショッピングへ

同じく第一精工からリリースされている、船べりに装着可能なロッドスタンドパーツです。

1本分になりますが、ちょっとロッドを手から離して置いておくのに、たいへん便利でしょう。

餌の付け替えや仕掛けの修正のときなどに、ロッドを寝かさずに保持することができます。

サイズは、175×88×48ミリで、クランプ部分の有効取付幅は15ミリから85ミリと幅広くなっています。

保持可能なロッドの直径は、35ミリまでに設定されていますよ。

上部分にロッドを一時乗せするための凹みまで設けられていますから、使い勝手は良好ですね。

ダイワ(Daiwa) ロッドホルダー ロッドキーパー F オレンジ

ダイワ(Daiwa) ロッドホルダー ロッドキーパー F オレンジ

参考価格:¥2,040

Amazonへ

楽天市場へ

Yahoo!ショッピングへ

こちらは、船バッグやバッカンの側面を利用したロッドキーパーです。

一時立てかけにとても便利で、ジギングの際にメタルジグの交換やラインシステムの結びを楽におこなうことができるでしょう。

底部分は貫通するように穴が設けられているので、ロッドを立てたときの重心が下がります。

これならカンタンに倒れてしまうのを防げますから、ロッドやリールの破損も心配しなくていいでしょう。

バッカンには水やタックルを入れた状態にして、一定以上の重みを持たせてから使うようにしてください。

メイホウ(MEIHO) ロッドスタンドBM-250 Light クリアブラック×ブラック

メイホウ(MEIHO) ロッドスタンドBM-250 Light クリアブラック×ブラック

参考価格:¥1,811

Amazonへ

楽天市場へ

Yahoo!ショッピングへ

メイホウノタックルボックスの側面部分に装着可能なロッドスタンドパーツです。

後付けタイプなので、必要な本数に合わせて取り付けてみましょう。

ロッドスタンドの長さを3段階に調節することが可能ですから、さまざまな釣り方やシチュエーションに対応できますよ。

ロッドスタンドの直径は35ミリなので、太目のロッドでも収納可能ですよね。

またリールフットを傷つけないために、エラストマーキャップが採用されています。

サイズは、50×54×283ミリで、台座の幅は100ミリに設定。

とても安定感のあるロッドスタンドに仕上がっています。

カラーバリエーションは4種類ありますから、タックルボックスなどの配色に合わせて組み合わせてみましょう。

ロッドやリールのカラーに合わせるのもいいかもしれませんね。

ロッドスタンドを活用してロッドをしっかり保管しよう!

ロッドスタンドの自作方法や、おすすめアイテムを取り上げましたが、いかがでしたか?

釣行から帰宅したら、ロッドを洗浄してしっかり保管するようにしましょう。

家具などに立てかけたままにしておくと、倒れて破損してしまう恐れがあります。

特にアシングやトラウトゲームで用いるロッドは、ロッドティップが繊細に作られていますから、横方向からの強い衝撃に耐えられるものではありません。

安定したロッドスタンドを用意することで、釣りをスムーズに快適に楽しめるようになるでしょう。

ロッドの関連記事はこちら

釣具(タックル)」カテゴリの人気記事

DAILYランキング