釣り人 ロッド 写真

シマノのシーバスロッドってユーザー評価はどうなの?おすすめロッドをピックアップ

FISHING JAPAN 編集部

シマノのシーバス専用ロッドは、さまざまなグレードや機種が用意されています。

釣り人個々のスキルに合わせたロッドが豊富にあるため、自分にジャストフィットするものを選びやすいでしょう。

ここではシマノのラインナップの中から、おすすめのシーバスロッドとユーザー評価をご紹介します。

シマノのシーバスロッド開発を支えるフィールドテスターが魅力的

シマノのシーバスロッドの開発には、多くのフィールドテスターが関与しています。

人気の泉裕文さんや辺見哲也さん、嶋田仁正さん・鈴木斉さんなどから吸い上げたノウハウを、しっかりと具現化できているのが強みでしょう。

実際の釣り方も参考になりますから、優秀なフィールドテスターが薦めているシーバスロッドを、一度は握ってみたくなりますよね。

シマノのおすすめシーバスロッド①ルアーマチック

大変満足できるものでした。
折れる折れないとかは使い方の問題です。60cmのシーバスは余裕で、写真の邪道のエイもねじ伏せました
たしかに作りは、安っぽ〜い感じは否定しませんが、最低限の必要な能力はきっちり持ってます。初心者はもちろん、中級者のサブとしても十分な出来の竿だと思います!
とにかく最高のコスパ!
他の長さのロッドも買いたいと思います!

出典:アマゾン

まず最初におすすめするシマノのシーバスロッドは、ルアーマチックの8.6フィートモデルです。

汎用性が高いので、シーバスはもちろんエギングやライトショアジギング、チヌゲームにも使うことができますよ。

1万円を切るコスパの優秀さも見逃せない魅力で、ユーザー評価も高いですね。

初心者の人や予備ロッドとして常時クルマに積んでおくのに適しています。

シマノのおすすめシーバスロッド②ムーンショット

70cmのシーバススレがかりも
難なく釣り上げれました
良い竿ですね

出典:アマゾン

シマノのシーバスロッド・ムーンショットの9.6フィートMモデルです。

扱いやすい長さと、42グラムまでのルアーをキャストできる性能が嬉しいですね。

こちらは実売価格1万円台と、コスパにも注目したいロッドに仕上がっています。

シマノのおすすめシーバスロッド③ディアルーナ

ディアルーナXRからの買い替えで。主に4~50cmの青物類のライトジギングに使用(ジグ30gメイン)。その他シーバスやチョイ投げやブッコミなどなどにも流用
4~50cmの青物類ではさすがに何ともないです。抜き上げもできます。

出典:アマゾン

ディアルーナの10.6フィートMLモデルなら、ロングキャストで広範囲を探る釣りに向いています。

シーバスは元より、回遊青物やヒラメゲームにも転用できますよ。

ただ仕舞寸法が160センチを超えるので、クルマへの積み込みのときにじゅうぶん注意しましょう。

シマノのおすすめシーバスロッド④エクスセンス ジェノス

とにかく硬くて反発力が凄い!
普通のM前後のシーバスロッドになれていると投げ始めは違和感感じますが、
なれると気持ちよくルアーをぶっ飛ばせるようになります。
しゃくる釣りだと体への負担はありますが、
感度、フッキングのレスポンス、パワフルなやりとり、キャストの飛距離、
うたい文句そのままの性能を実感できます。
一点だけ、今時期の半袖だとあまり必要性感じないのですが、
個人的にはバットエンドの面取りが欲しかったです。

出典:アマゾン

シマノのシーバスロッド・エクスセンスシリーズのジェノスS100MH/Rです。

実際に手にしてみると、軽さはもちろん張りが凄いのに驚かされます。

48グラムまでキャストできますので、ミノーやバイブレーション・メタルジグをさまざまなシチュエーションで試してください。

この記事に関するテーマ

テーマをクリックすると、テーマに関連する一覧が表示されます!

全てのテーマを見る

DAILYランキング