スカリ 写真

釣りのスカリ特集!釣り上げた魚を活かしたままキープするための便利アイテム

FISHING JAPAN 編集部

皆さんはスカリを使ったことがありますか?

スカリとは、網で作られた魚をキープするための収納アイテムです。

釣った魚を入れておくものといえば、クーラーボックスが真っ先に思い浮かびますが、氷で冷やして保存するタイプとは異なります。

スカリを使えば釣った魚を活かしてキープすることが可能

スカリの中に釣った魚を入れて、そのまま水の中へ。

上部にウキの付いたタイプなら、上下ひっくり返ることなく安定した状態で魚を活かしておくことができるのです。

口部分をしっかり閉めて、その先にロープを結んで岸際の欄干などにつないでおけば、魚を新鮮なままキープすることが可能です。

使わないときは、網部分をたたんでおけるのも便利ですね。

ここではおすすめのスカリをご紹介しましょう。

おすすめの釣り用スカリ・パイレンホース巻スカリ

800円くらいなのであまり期待していなかったのですが、しっかりした作りで実用充分だと思います。
ただ網目が(28㎜×14㎜くらいの菱形)大きいので小さい魚は逃げてしまうかも?

出典:アマゾン

なんといってもコスパが優秀なのが嬉しいですね。

アジやイワシなどの活きエサをキープしておくのにとても便利です。

サイズが、40センチで3段たたみタイプですから、持ち運びも便利で収納量も多いでしょう。

2段タイプもラインナップされていますから、釣れる魚の量や活きエサの量に合わせて使い分けましょう。

おすすめの釣り用スカリ・ドレスフローティングスカリ

今までは100均で買ったロープと網で自作していましたが、耐久性や浮力に難があり、テトラの隙間に潜り込んだり磯にひっかかったりしてましたが、こちらを購入してからは同様のストレスは一切無く、長い釣行の時でも釣った魚の鮮度を保つ事ができ、大変重宝しています。
自分の釣りスタイルにマッチしていて、今後も手放せない商品です。

出典:アマゾン

このスカリにはフタが付いていて、ウレタン素材でできています。

それが水面に浮く仕組みになっているので、ロープでつないでおけば中に入れた魚を活かしておけますよ。

フタにはメジャーがプリントされていますから、釣った魚のサイズを測ることも可能です。

サイドに付いたファスナーは大型タイプで、開け閉めが楽におこなえますよ。

おすすめの釣り用スカリ・ハリミツフローティングスカリ

フローティングスカリはよくありますけど、これはなんといっても二つ折りにできるのが良いですね。かなりコンパクトになります。

出典:アマゾン

このスカリは、網部分がラバー素材でできていますから、中に入れた魚を傷つけることを抑えてくれます。

コンパクトに折りたたんで運べるので、車載するときでも場所を取りません。

浮力体が入っていて、磯や防波堤でとても扱いやすいでしょう。

おすすめの釣り用スカリ・第一精工アジスカリ

購入前は水漏れを心配していましたが、全然無かったです。
生きアジを買ってから、釣り場まで一時間ほど掛かりますが、
海水の溢れが全くありませんでした。
購入するアジの数が多いので、同じ物を追加して買いました。

出典:アマゾン

活きエサのアジをキープしておくための専用スカリです。

厚手0.8ミリのEVA素材を採用していて、合計178箇所の穴を設けていますから、水の通りはバツグンです。

アオリイカのヤエン釣りやタチウオのエサ釣りなどに重宝するでしょう。

この記事に関するテーマ

テーマをクリックすると、テーマに関連する一覧が表示されます!

全てのテーマを見る

DAILYランキング