少しよじれた形状のストレートワーム

ストレートワームの使い方!バス釣りでおすすめのストレートワーム特集

FISHING JAPAN 編集部

どこから見ても、ミミズに見えてしまう細長いフォルム。

まに釣りエサの要素を体現しているかのような特徴が、このワームには備わっています。

真っ直ぐな形をしていますから、その名前はストレートワーム。

バス釣りはもちろん、ライトソルトゲーム全般で活躍する、人気アイテムのひとつです。

ストレートワームとは

ストレートワームとは、バス釣りで使うワームで長い間愛用されてきた中のひとつ。

ミミズや幼虫そっくりのフォルムで、バスやその他の肉食魚を効果的に誘うことで知られています。

バスは捕食対象を見つけたとき、バイトするかどうか最終的に判断する基準を、その対象が自分のノドを通るかどうかで決めているらしいのです。

そういう研究結果が、アメリカで発表されていますよ。

とすれば、細くて長いストレートワームは、バスの捕食本能を強烈に刺激する要素を備えていることになります。

ストレートワームはバイトトリガーそのもの

昨今のストレートワームは、味やニオイ付きのものが多く、バスがバイトすることを断念する理由が見当たりません。

ジグヘッドリグやダウンショットリグ・ワッキーリグとのマッチングも良好ですから、ヘコヘコ・ユラユラ揺れるアクションも、バイトにつながるプラス要因となるのは間違いないでしょう。

まさに究極のバイトトリガーを満載しているルアーが、ストレートワームなのです。

バス釣りにおすすめのストレートワーム①ジャッカル フリックシェイク

ストレートワームのフリックシェイクは、ジャッカルがリリースしている人気ワームです。

ボディが少しよじれているので、水中をフリーフォールさせるだけで自発アクションを発生させる仕組みになっていますよ。

ジグヘッドワッキーリグで使われるケースが多く、その釣果は他のワームを圧倒する釣果がひんぱんに起こります。

これだけ釣れたら文句の言い様がない。
2インチとかの極小ワームでも釣れない時さえ釣れてしまう不思議なワーム
現地到着後プラグから入って、釣れない時の最終手段としていつもカバンに入っています。

出典:amazon

ジャッカルを代表するルアーとしても、かなり有名になっているのが、フリックシェイクです。

その種類も膨大で、短いものから長いもの、塩がてんこ盛り含まれた高比重タイプから、ボディの真ん中に穴の空いたタイプまで。

それぞれが使用するシチュエーションをイメージして、的確に対応できるように作られているので、釣果に直結するわけです。

フォールしながらも微妙に震えている様子を見てしまうと、このワームは生きているんじゃないか?と勘違いしてしまうレベル。

なかなかそういうルアーには出会えませんから、世界的に見てもかなり稀少な現行製品といえるでしょう。

ちなみに、アメリカでバストーナメントに参戦している友人に手渡してみたら、「これ、持ってるよ。」と即答。

向こうで本格的にトーナメントでメシを食べているプロフェッショナルなら、ほぼ皆タックルボックスに入れているようです。

やっぱり釣れないときの最終兵器として使うの?と尋ねたら、答えはNO。

「このワームはバイトトリガーが強過ぎるんだ。」

バスを含めた大小さまざまな魚の居場所を探るのに使って、そこから大型のバスを引き出すには、別のルアーにローテーションするしかないとのこと。

なるほど、釣れ過ぎるフリックシェイクは、サイズを長くするくらいでは大型をひっこ抜くには至らないのか!と感心させられました。

実際に最も長いサイズのフリックシェイクをキャストしても、28センチのバスが釣れてしまった経験があります。

いやはや、凄まじい性能を持ったワームであることは間違いありません。

バス釣りにおすすめのストレートワーム②DSTYLE トルキーストレート

青木大介プロがプロデュースしている、バス釣り用ストレートワームです。

ボディの上下で非対称のデザインになっているので、水押し効果が変わってきますよ。

味とニオイの付いたフィッシュフォーミュラを配合しているので、バスのバイトが確実に増えていくのを実感できるアイテムです。

チューブも併用して使っています。食いの渋い時にも反応があるので使っています。

出典:amazon

バストーナメンターの青木大介プロが作ったワームというだけで、大きな説得力がありますよね。

長いほうと短いほうがありますが、3.8インチサイズを使った際のインパクトが強烈でした。

同じサイズの他社ワームと比べて、ワームの周囲にある水の壁を、押しているというよりは、指を突っ込んで揺らしているような印象を受けました。

例えば、ネコリグ。

水深1.4メートル前後によくあるブレイクライン+ハンプの頂点に引っ掛けては下側へ落とし込むのを繰り返していると、一切のシェイクを与えなくてもバスがくわえていきます。

つまり、上から下への傾斜を滑り落ちる際に、ボディの張りを利用して曲がりと弾きの二手をしっかりと表現できていることになります。

自重にネイルシンカーの重さが加わったぐらいでは、なかなかそういう自発っぽいアクションは出にくいのですが、このトルキーストレートは、そこに滑り落ちるという重力+落下のスピードが加わることで、生命感を一気に膨らませる要素を持ち合わせていることに。

これはバス釣り用アイテムとして、唯一無二の特性を持ち合わせているといえるかもしれませんし、是非携帯してバス釣りに臨みたい!と思わせてくれる逸品になり得るでしょう。

バス釣りにおすすめのストレートワーム③ダイワ ネコストレート

ダイワからリリースされているネコストレートは、ネイルシンカーを挿入するためのホールが、最初から先端部分に開けられているストレートワームです。

絶妙な細さとサイズ感で、ネコリグにセットしたときの生命感溢れるアクションは特筆モノ。

ストレートワームであまり釣った実績のない人に、是非おすすめしたいですね。

げきしぶのゴールデンウィークに40アップ2本連れてきてくれた

出典:amazon

ストレートワームの中では、後発組といえるネコストレート。

当然これまで蓄積されたさまざまなメリットが、これでもかというほど内包されています。

その中のひとつに、最後尾部分のデザインが挙げられるでしょう。

ビーバーテールとまでは言いませんが、少しのくびれとボリュームのある尻尾によって、ロッドワークによる振動を効果的に拡幅させる性能を持ち合わせています。

倒れ込むようにアクションすることもあれば、振幅の幅を抑えたヨジレや震えを発生させることも。

まるで生き物のように、そのままの状態で姿勢をキープすることを嫌うようなアクションを常に溢れさせることで、バスを確実に誘ってくれます。

キャスト回数を増やしても、フックから外れたり千切れたりすることもなく、安定した釣果をもたらしてくれるので頼りにできるでしょう。

真っ直ぐに着底して、全身がボトムに完全に横たえるまでの時間が、遅め。

ここにシンカーを差し込んで倒そうとすると、ちょっと不自然に。

もう一段階高い比重のタイプがあれば、誘い方のバリエーションが増えて釣れるバスも増えるはずです。

最後尾にだけ塩を加えたモデルが、リリースされることを望みます。

バス釣りにおすすめのストレートワーム④バークレイ マイクロクローラー

極細ストレートワームの代表格が、このマイクロクローラーでしょう。

バスが全く反応してこないときに、このワームをマスバリダウンショットリグで送り込んだら、連発して釣れた経験があります。

バークレイが製作しているので、フィッシュフォーミュラによる集魚効果は完璧。

なんとしても1本バスを釣りたい人のための、最強ワームといえるでしょう。

サイズは選べませんが、ダウンショットで使用すると高確率で釣れます。私はこのカラーが一番!

出典:amazon

マイクロクローラーの初代バージョンがリリースされたのは、もうずいぶん昔のこと。

当時はまるでエサだと評価され、ブルーギルが山盛り釣れてしまうので、敬遠しているアングラーも結構いた記憶があります。

しかしながら、ブルーギルを真っ先に引き寄せられるというのが大きな強みともいえますから、延々ギルを釣り続けては、ぽつぽつと混じるバスを獲っていくと、超大型バスが最後に待っていてくれたことも。

超大型のギルだった場合もありましたが・・。

それほどバイトトリガーが強烈で、このワームのアクションをニセモノだと見切れる魚は、まずいないんじゃないかと思えるレベルです。

マスバリフックに2本セットして使っている猛者もいましたから、最新のワームと釣り比べてみる価値はじゅうぶんにあるでしょう。

ストレートワームを使いこなしてビッグバスを狙おう!

おすすめのストレートワームをピックアップして、そのインプレを特集しましたが、いかがでしたか?

ルアーは、シンプルなデザインのものほど、野性の生き物に対して効果的です。

何故なら、無防備であることを演出しやすいからです。

野性の生き物は、そういう隙を狙って襲い掛かるもの。

バスも捕食対象が隙を見せる瞬間を、常に狙っているのです。

ロッドをシェイクするのは自由ですが、バスがバイトしてくるのはそれを止めたとき。

そこに気づいたら、あなたのストレートワームの使い方に、より一層磨きがかかるでしょう。

この記事に関するテーマ

テーマをクリックすると、テーマに関連する一覧が表示されます!

全てのテーマを見る

DAILYランキング