ワーム 写真

フリックシェイクの使い方って知ってる?おすすめ実釣方法を徹底紹介

FISHING JAPAN 編集部

ジャッカルから発売中のワーム・フリックシェイクは、ストレート系ワームですが、真っ直ぐではありません。

両先端や中央部分が、独特のカーブを描いていますよ。

これが水中でしっかりと水をつかみ、フォールしながら独特のピクピクアクションを発生させるのです。

フリックシェイクの長さ

フリックシェイクには、数多くの長さが設定されています。

最も短いタイプで3.8インチ(マイクロフリックなら2.5インチ)、最も長いタイプで9.8インチにもなります。

それぞれに異なるカーブ=曲がりが施されていて、個性的なアクションを起こすようになっているのです。

細くて長いものにバスはバイトする習性がある!

元々バスは、バイトのきっかけとなる要素=バイトトリガーを意識してしまう習性があります。

その中のひとつが、細くて長い形状です。

自分のノドを通過できるか否かで、バイトするかどうかを判断しているのでしょう。

細くて長ければ、ノドをすんなり通ってくれますから、捕食対象として適しているというわけです。

まさにフリックシェイクの造形が、それに該当しますね。

フリックシェイクの遠投性能

フリックシェイクは比重が高く、しっかりと飛距離を稼げるように作られています。

釣り人の位置から遠いほど、プレッシャーがかかりにくくなりますから、遠投性能が高ければ釣れる確率は上がるでしょう。

フリックシェイクにおすすめのリグ①ジグヘッドワッキーリグ

フリックシェイクに適したリグを挙げてみましょう。

まずはジグヘッドリグ。

先端にセットするのではなく、中央部付近にリグります。

そうすることによって、くの字型にフリックシェイクが変形し、ヘコヘコと振幅するアクションを繰り出せるのです。

いわゆる、ジグヘッドワッキーというリグになります。

フリックシェイクにおすすめのリグ②チューブを用いたワッキーリグ

次におすすめなのが、チューブを用いたワッキーリグです。

フリックシェイクの中央部付近に、熱収縮機能を持ったチューブをはめて熱します。

するとその箇所でチューブが固定され、そこにマスバリをセットするのです。

ワーム本体にフックをセットすると、身切れしてしまう恐れがありますが、このチューブを用いるとフックが外れることを未然に防ぐことができますよ。

フリックシェイクにおすすめのリグ③ネコリグ

もうひとつおすすめのリグを挙げるとすれば、ネイルシンカーを用いたネコリグでしょう。

フリックシェイクのどちらかの先端に、ネイルシンカーを刺し込みます。

フックは中央部付近にセットして、水中で底を取りながらシェイクを加えるのです。

まるで小魚が底をついばんでいるようなアクションを発生させることができるでしょう。

フリックシェイクの通販リストはこちら

フリックシェイクには、さまざまなサイズやカラーが用意されています。

また、派生したモデルには、テールがカーリータイプになったものや、塩の含有量を増やして比重を高めているものもあります。

さまざまなシチュエーションに合わせて使い分けができるので、フリックシェイクだけでバス釣りが成立してしまうかもしれませんね。

これだけ釣れたら文句の言い様がない。
2インチとかの極小ワームでも釣れない時さえ釣れてしまう不思議なワーム
現地到着後プラグから入って、釣れない時の最終手段としていつもカバンに入っています。

出典:amazon

この記事に関するテーマ

テーマをクリックすると、テーマに関連する一覧が表示されます!

全てのテーマを見る

DAILYランキング