メバル 写真

メバル用ルアー大特集!おすすめワーム+ハードプラグ計22選を使いこなそう!

FISHING JAPAN 編集部

メバル釣りを楽しむことを、メバリングと呼ぶようになりました。

ライトソルトゲームのアジングと人気を二分していますよね。

そんなメバル釣りに、どんなルアーを使えばいいのかご存知ですか?

メバルが釣れる時期

メバルの釣れる時期は、秋から冬、そして春のゴールデンウィークごろまでが最盛期でしょう。

産卵が絡むのが春ですから、その時期に釣ると大型サイズのメバルに出会えますよ。

メバルが潜むポイント

メバルを釣るには、どんなポイントを攻めればいいのでしょう?

一般的には、波止付近のカバーやストラクチャー周りや、沈み根などのウィードエリアだといわれています。

そういうポイントの表層から中層を、メバルは見上げていると想定してください。

どの層を釣るか?ということも、メバル釣りには重要なのです。

どの時間帯でメバルを狙うの?

メバルを釣る時間帯は、昼夜関係ありません。

しかし昼間の日光を、日陰に入ってやり過ごしているイメージがありますから、直射日光はメバルにとって眩しすぎるのかもしれませんね。

ということは、太陽の影響のない夜釣りのほうがおすすめということになります。

メバルの夜釣りに有効なルアーを、種類別にピックアップしてみましょう。

メバル用おすすめルアー①ワーム

メバル用ルアーとして、まず挙げたいのが、ワームです。

グローカラーやケイムラカラーなどの発光機能を持ったワームが人気ですよ。

常夜灯の付近で、光の当たっているところや当たっていないところを意識しながら、ワームをスイミングさせてみましょう。

ワーム単体ではキャストできませんから、メバリング専用のジグヘッドにセットして操るようにしてください。

ウエイトの重いジグヘッドを使うと、深い層を手返しよく攻めることができます。

ウエイトの軽いジグヘッドにセットすれば、メバルが注目している表層から中層を泳がせることが容易でしょう。

釣りよかでしょうでも御用達なので、試しに買ってみました。

出典:amazon

メバル用おすすめルアー②ワームをセットするジグヘッド

メバル用ワームにセットするジグヘッドもピックアップしてみましたよ。

極小サイズなので、かなり軽量のものが多いのが特徴です。

だからといって、耐久性や剛性をおろそかにしたものは、実釣では使い物になりません。

しっかりと吟味して、安心して使えるジグヘッドを選ぶようにしましょう。

フックポイントが上を向いているものや、ヘッド形状が独特のものがあります。

色付きを購入。説明道理暗がりでメバリング、潮もあると思いますが、良く釣れました。隣の明かり付きの波止よりつれました。

出典:amazon

メバル用おすすめルアー③ハードプラグ&ジグ

メバル釣り用のルアーとして、ハードプラグやメタルジグなどもおすすめです。

波動が強めで、遠くにいるメバルを振り向かせることができるでしょう。

特に水面や水面直下をリトリーブすれば、引き波をくっきり浮かび上がらせる効果が得られますよ。

メバルが群れで近寄ってくるのを、目の当たりにできるかもしれませんね。

あまり良い潮ではなく、ワームでは全然あたりがなかったのでこのルアーを使ってみました。2時間ほどでメバル3匹つれました。

出典:amazon

この記事に関するテーマ

テーマをクリックすると、テーマに関連する一覧が表示されます!

全てのテーマを見る

ライター紹介

FISHING JAPAN 編集部

FISHING JAPAN 編集部

FISHING JAPAN編集部は5人体制で編集やサイト運営を行っています。

ライターは、釣り歴40年以上のベテランや釣り雑誌元編集長、人気インストラクターなど、バラエティに富んだ総勢15名が在籍し、幅広い記事を毎日配信しております。

上級者から釣りを全く知らない方にも、魅力を様々な角度からお伝えし、釣りに興味を持ってくださるきっかけとなるように今後も力を入れて参ります!

このライターの全ての記事を見る

DAILYランキング