靴 写真

釣りに使う靴はどれがいいの?ソール別釣り専用シューズ特集!

FISHING JAPAN 編集部

釣りに使う靴を、普段のものと混同・併用してはいけません。

釣り場には水があり、常に濡れていて滑りやすいのです。

そんな状況のところへランニングシューズや革靴などで出かけたら、簡単に転倒してケガを負うことになってしまうでしょう。

釣りにはソールに滑りにくい工夫が施されている靴を選ぼう!

釣り向きの靴は、水を弾く表面素材で防水機能も併せ持っているものがいいでしょう。

加えて、靴底の部分=ソールに、滑りにくい工夫が施されているものを選ぶようにしたいものです。

有名なアウトドアメーカーなら、コロンビアの靴が挙げられますが、釣具メーカーのダイワ・シマノはもちろん、あのコスパ優秀なワークマンにもおすすめの靴が用意されていますよ。

ここでは、ソールの種類別に釣り向きな靴をピックアップしてみました。

通常仕様以外にレディースサイズなども充実しているので、是非釣具店などで試着してくださいね。

フェルトソールの靴に注目!

フェルトソールとは、フェルト生地をソールに適応させたものです。

そのまま山道や落ち葉の上を歩くと滑ってしまいますが、濡れた岩肌や岩盤には吸い付きやすい特徴を持っていますよ。

例えば、河川を歩き回りたいときなどに重宝するでしょう。

このフェルト地にスパイクを埋め込んだ靴も、市販されています。

ゴム素材を利用したラジアルソールの靴から釣りにおすすめのアイテムをピックアップ!

ラジアルソールとは、長靴などに使われているゴム素材のソールのことです。

アウトドア用シューズも、このラジアルソールのタイプが多いですよね。

滑りにくくするために、ゴムソールの表面に凹凸と排水のための溝が刻まれていますよ。

船釣りや波止釣りなどで幅広く使われていますが、磯や水に濡れた岸壁などを歩くには滑りやすく危険であることを認識しておきましょう。

スパイクソールの靴なら滑りやすい磯の釣り場でもへっちゃら!

スパイクを前述のラジアルソールに埋め込んだら、スパイクソールに変身です。

これなら滑りやすい磯などでも安心して歩くことができるでしょう。

ただし、コンクリート護岸などの構造物の上は、スパイク自体が効かないので滑ってしまうかもしれません。

それから、スパイクで傷つけてしまうため、遊漁船などでは使用を控えるようにしましょう。

この記事に関するテーマ

テーマをクリックすると、テーマに関連する一覧が表示されます!

全てのテーマを見る

DAILYランキング