ジグヘッドケース 写真

超便利で人気沸騰のジグヘッドケースを厳選してご紹介!好釣果のカギは整理整頓にあった!?

FISHING JAPAN 編集部

釣り人の皆さんは、ジグヘッドの収納はどうしていますか?

特にアジングやメバリングで使うジグヘッドはサイズが小さいものが多いので、ポケットや購入したままの袋に入れておくと、すぐにどこかへ行ってしまうことがありますよね。

逆にキレイにズラッと並んだジグヘッドを見ると、さらにやる気がUPします!

そこで今回は、おすすめのジグヘッドケースを厳選してご紹介しましょう!

サーティーフォーのジグヘッドケース

アジングの専門メーカーであるサーティーフォーが手がけるジグヘッドケースは、種類が豊富で見た目がおしゃれなものが多いです!

JIGHEAD CASE Ver.1

JIGHEAD CASE Ver.1では、発泡ポリエチレンでできた完全オリジナルフックマットを採用しています。

スリットの幅、深さ、柔らかさなどにこだわって作られているため、スリットは見やすく、ジグヘッドの抜き差しもスムーズにできるようになっています。

JIGHEAD CASE Ver.2

JIGHEAD CASE Ver.2は、マットの中を2段構造に分けて、スリッドもあらゆるフックの線径に対応できるようになっています。

通常のものは10列へ、細い線径のものは12列の方に差し込めばきっちりとホールドしてくれます。

2つのジグヘッドケースをわざわざ持ち合わせる必要がなく、便利です。

RUNRUNケース

RUNRUNケースは、ワームやリーダーとジグヘッドをひとまとめにできるケースです。

ケース内の1/3スペースに2層構造マットを配置しています。

残りの2/3のスペースには、ワームやリーダーを入れたり、使用済みのジグヘッドを入れたり自由にカスタムできます。

またコンパクトサイズでとても小型なので、ポケットに入れることも可能ですよ!

詳細はサーティーフォーの公式HPをご覧ください。

ダイワ 月下美人 ジグヘッドケースW

ダイワの月下美人 ジグヘッドケースWは、人気の月下美人シリーズの商品です。

月下美人シリーズはファンも多く、見た目も可愛いので人気があります。

ケースのふたは、中身が見えるスモークレッドカラーでワームプルーフ仕様となっていますよ!

詳細は、ダイワの公式HPをご覧ください!

インプレはこちら!

他のメーカーからもジグヘッドケースやランガンケースは発売されていますが、やはり月下美人カラーが気に入って欲しかったです。購入後に、さっそくジグヘッドや裏面にスプリットショットなどを入れましたが、とても整頓されて現場でも使いやすかったです。

出典:アマゾン

似たような商品は沢山ありますが月下美人ファンには嬉しい商品です。反対側にはワームを入れていますがケースにつかず使いやすいです。

出典:アマゾン

メイホウ スリットフォームケース F-9

メイホウのスリットフォームケース F-9 は、コストパフォーマンスにおいてその右に出るものはありません。

146×103×23mm の大きすぎず小さすぎないサイズ感とはっきりと見えやすい特殊技術のスリット加工が人気の秘訣です。

アジング・メバリングだけでなく、ロックフィッシュ・ブラックバス・アユ釣りなどでも使えます。

インプレはこちら!

ジグヘッドを並べて入れられる事、ワームやトレーラーをセットしたままでも仕舞える事(と言っても小型)が自分の思っていた通りの使い方が出来て最高です。釣行時にポケットからサッと取出しジグヘッドを交換してキャスト。手返しも良くなり満足です。これはリピート決定です。

出典:アマゾン

サイズがベスト!小さすぎず大きすぎ替えの針をいれてます!!!

出典:アマゾン

わかりやすく整理整頓するなら、ウェイトフラグスを使おう!

ジグヘッドケース内に様々なサイズや種類のジグヘッドを入れておきたい方には、第一精工のウェイトフラグスを使うことをおすすめします。

サイズや種類ごとにジグヘッドを並べて、その名前を書いたウェイトフラグスを一緒に差し込みます。

こうやって整理しておけば、急いでいるときや夜間でも、しっかり見分けがついてイラつきません!

ぜひ釣り人の皆さんも、ジグヘッドをキレイに整理整頓して気持ちよく釣りを楽しんでみてはいかがでしょうか!

この記事に関するテーマ

テーマをクリックすると、テーマに関連する一覧が表示されます!

全てのテーマを見る

DAILYランキング