マダイ タモ 網

タモ網の使い方、合っていますか?超大事なタモ網の使い方のコツをおさえてデカい魚をしっかりゲット!

FISHING JAPAN 編集部

うおおおお!!!

デカイ魚が釣れた!!

暴れている魚、早く捕まえないと!!

そんな時に使うのが「タモ」という網です。

船釣りならとりあえず船長がやってくれることが多いですが、必ずではないのでそういう時はご自身で魚をすくうこともあるかと思います。

では、タモを使ってどのように魚をすくうとすくいやすいのでしょうか??

タモってそもそも何??

タモとはもともと「たも網」のことです。

玉網と漢字で書いたり、タマと言ったりもしますし、ランディングネットとも言います。

大きな魚が釣れた時にその魚をすくう網のことで、昆虫を捕まえる時に使う虫捕り網の頑丈なものといえば想像しやすいかもしれません。

どれぐらいのサイズの魚に使うか

どんなサイズの魚に使うのかもちろん決まりはありません。

使っている竿や仕掛けで魚をそのまま海中から抜きあげられないと判断したときに使います。

細い仕掛けを使っている時やそのまま引き上げられるか不安な時は魚が小さいものであっても周りの目を気にせず使ったほうがいいです。

逃がしてしまうよりタモですくっちゃうほうがいいですよね!

では、どうやってすくうのか

では、いざすくう時がきたらどうやってすくうのがいいのでしょうか?

経験豊富な船釣りの船長は、まず魚を掛けた人の横でタモを構えて魚が浮いて来るのを待ちます。

待っていると海中に魚影が見えて、ようやく海面に姿を現し、魚がバシャバシャと暴れます。

そのとき魚は体力を消耗して、しかも空気を吸っているのでやがておとなしくなりだいたいは海面に横たわります。

すくうのはこの時!!

海面に浮いていないときにタモを差しだすと魚が驚いて余計に暴れます。

そして、尻尾から入れると魚を追いかけることになりますので、必ず浮いた魚の頭からタモを入れ、釣っている人は竿先を振ったり、ラインやハリスをつかんだりしてタモのある方に魚をゆっくりと誘導します。

釣っている本人のテクニックも必要

釣っている人は魚がタモに入ったのを見届けたら、なおもタモの底まで魚が沈み込むようにリールをフリーにしてラインあるいはつかんだハリスを緩めます。

ラインやハリスを張ったままだと海面に浮いたままで暴れてタモから出てしまうことがありますし、張ったラインやハリスに引っ張られて船内に取り込むことができなくなります。

船釣りの場合、船長はそれを確認して船べりからタモの柄を垂直方向に立ててタモの網で魚を包むようにして引き上げてくれます。

もちろん防波堤でも磯場でも同じようにできますよ!

1人ですくうときは2人分の動きを1人でしないといけないので少し大変にはなりますが、周りの人にお手伝いをお願いしてもいいかもしれません。

それによって仲良くなって釣り人仲間が増えることもあるかも!?

どのタモを選べばいいの!?

タモの選び方は、防波堤や磯場からだと海面まで届く長さが必要です。

網の枠の大きさは自分のテリトリーの魚のサイズより大きめを選ぶのがいいです。

価格ははっきり言って、安物は避けたほうがいいかもしれません…。

すぐに使えなくなったり、すくったときに折れたりします。

長く使うということであれば釣り具屋さんの店頭の品ではなく、専門コーナーに置かれているものの方がいいかもしれません。

ちなみに船釣りなら船に装備されていますので、持っていかなくてもいい場合が多いです。

タモの使い方を知っていて、良いタモを持って釣りに行けば本当に準備万端な状態ですね。

最後の瞬間まで気を抜かず、大物をゲットしてくださいね♪

関連商品

この記事に関するテーマ

テーマをクリックすると、テーマに関連する一覧が表示されます!

全てのテーマを見る

DAILYランキング