ルアー イラスト 写真

ジギングラップはあらゆる対象魚を季節を問わず狙えるアイスジグ!その特徴と使い方・実釣動画を詳しくチェック!

FISHING JAPAN 編集部

ラパラジャパンからリリースされているジギングラップは、季節を問わず、あらゆる魚を対象に釣りができるアイスジグです。

その特徴や使い方、水中アクション動画をピックアップしてみましょう。

ジギングラップってどんなジグなの?アイスジグってどうやって使えばいいの?

ジギングラップは、5種類のボディサイズがラインナップされているアイスジグです。

アイスジグとは、氷が張った池や湖に穴を開けて、バーチカルに水中を攻める穴釣りで用いるジグのこと。

でもそれだけではもったいないくらい釣れてしまうジグなので、さまざまなシチュエーションで使えるように作り込まれたのが、ジギングラップなのです。

ジギングラップはロッドワークで上下にシャクるのが基本!

ラインを背中部分のアイに結ぶようになっているのが特徴的。

これにより、まるでやじろべえをぶら下げたような、バランスルアーになりますよ。

そのまま水中に投入して、上下させるロッドワークで生命感を与えるのが基本のアクション。

使い方の詳細は動画をチェックしてみましょう!

製品のデモンストレーション動画はこちら

あらゆる層を探っていく楽しみ方を実践!

ジギングラップを水面直下でシャクってみましょう。

それで魚からの反応がなければ、少しラインを出して沈めます。

その層でまた同じようにシャクリを入れて、魚を誘います。

この繰り返しで、ほぼ全層をチェックすることができますよ。

当然前方へキャストして、沈めてからシャクリを加えるのもアリでしょう。

自分なりの使い方を編み出すのも、ジギングラップ実釣の楽しみ方のひとつです。

製品の使い方・水中アクション動画はこちら

ジギングラップには、以下のボディサイズが用意されていますよ。

●全長2センチ・自重4グラム

●全長3センチ・自重6グラム

●全長5センチ・自重9グラム

●全長7センチ・自重18グラム

●全長9センチ・自重26グラム

狙う魚に合わせて、使い分けてみましょう。

重いタイプのほうが遠投しやすく、深い層を探るのにも適しています。

軽くて小さいタイプは、波止などの足元を探るに用いましょう。

関連製品のご購入はこちら

Rapala(ラパラ) ミノー カウントダウン ユニバーサルカラー 3cm 4g アカキン GFR CD3-GFR ルアー

Rapala(ラパラ) ミノー カウントダウン ユニバーサルカラー 3cm 4g アカキン GFR CD3-GFR ルアー

最安値価格
¥1,065(Yahoo!)

Amazonへ ¥1,243

楽天市場へ ¥1,081

Yahoo!へ ¥1,065

ジギング」カテゴリの人気記事

DAILYランキング