ロッド 写真

ルアーフィッシングの極意!水中の底近くをルアーで探ろう!「底を取る」技術を自分のモノにするコツとは!?

FISHING JAPAN 編集部

冬のブラックバス、ショアジギングやエギング、根魚など、水中の底近くをルアーで探るには「底を取る」技術が重要です!

キャスト後のラインの出方、弛み方でルアーが底に到達したかを判断しますが、初心者には難しい技術となっています。

フックを外して何回もキャスト練習する価値アリ

魚が底近くにいる時期や、根魚が対象の時など、ルアーを底近く引くのは必須の技術です。

ところが、練習するにもなかなかカンがつかみにくく、ラインを出しすぎると一発で根がかりしてしまい、ルアーをたくさんロストしてしまいます。

底を取る技術はルアーからフックを外して、徹底して練習するだけの価値があります!

半日費やしても覚えると必ず釣果が上がります!

キャスト後、ラインの出方に神経を集中させる

底を取る技術の基本は、ルアーが着水したらまず糸ふけを巻き取ります。

さらにベールを起こし、指でスプールを抑えラインの出方をチェックします。

この時点でラインが直線的になっていたらまだ着底してないので、指で調節しながらラインを出します。

数回この動作を繰り返してラインが緩んだら、着底しています。

このラインの出方、緩み方を覚えましょう!

ルアーの種類でも沈む速度が違うので注意

ルアーもジギングやミノー類は沈む速度が早いのですが、スプーンはゆらゆら揺れて沈むので遅くなります。

その沈む速度でラインの出方が違うので、練習でもルアーの種類を使い分けてラインの出方の感触を確かめます。

ラインは風が強く吹いている時でも出ていきます。

風の影響とルアーが着底するまでの違いなども感覚的につかみましょう。

コツは、スプールを抑える指を小刻みに離す、押すを繰り返すことでラインの出方を知ることです!

しっかり底を取れるようになると、釣果はもちろん、ルアーをロストすることも減ります。

高価なルアーをなくすのは、一気にモチベーションが下がるもの。

根がかりを怖がって、ルアーを底まで沈めずにリーリングを始めていては、いつまでも経ってもうまくなれません。

この際、じっくり練習して感覚をつかんでくださいね。

釣りニュース」カテゴリの人気記事

DAILYランキング