ワーム ジグヘッド 写真

ワッキーリグってどんな仕掛けなの?おすすめワームや根掛かり防止策などを大特集!

FISHING JAPAN 編集部

皆さんは、ワッキーリグでバスを釣ったことはありますか?

こちらは、ワームの先端ではなく、真ん中付近に針先を当てて刺し込んで作る仕掛けとなります。

真ん中に力が掛かるので、ワームがくの字に曲がるのが特徴的です。

今回はその作り方やおすすめワーム・根掛かり防止策・チューブによる補強・進化型のネコリグなどを一挙ご紹介します。

管チューブを装着した上から針先を通そう!ワッキーリグの作り方

ワッキーリグとは、ワームの真ん中にフックをセットして作る仕掛けを指します。

アクションの支点が真ん中に発生するので、水中ではまるでしゃくとり虫のように、ヘコヘコ・ピクピクと動いてくれますよ。

それが独特の生命感を湧き立たせるのですが、デメリットがひとつあります。

針先の刺さっている部分が、激しい振幅運動のために、亀裂してしまうのです。

それを防ぐためには、ワームに腹巻きを着せるようにして管チューブを装着し、その上から針先を貫通させるという工夫を施すようにします。

ジグヘッドを用いておすすめワームをワッキーリグにする方法

フックの代わりにジグヘッドを用いる、ジグヘッドワッキーも人気です。

こうすることにより、ウェイトの役割を果たすシンカーを付ける必要がなくなります。

アクションのメリハリも、フックだけのワッキーリグより強く激しくなるので、バスを引き寄せてくれるでしょう。

ボディにリング状に縦リブが刻まれているストレートワームを選んでみてください。

ネコリグって知ってる?

ワッキーリグのワームの先端にネイルシンカーを刺し込み、独特の小刻み振幅アクションを生み出す、ネコリグも大人気です。

辺り一面のバスを根こそぎ釣り切ってしまうことから、ネコリグと呼ばれています。

これに適したおすすめワームは、長めのストレートワームになります。

ネイルシンカーを刺し込むスペースが確保できるため、しっかりアクションさせるのに向いているからです。

意外と根掛かりしない水中アクション動画はこちら!

バス釣りアングラーの皆さん、ワッキーリグを使いこなしてビッグバスを狙いましょう。

針先が剥き出しになっているので、根掛かりにはじゅうぶん注意してくださいね。

どうしても根掛かりが多いときは、ガード付きのジグヘッドを利用したワッキーリグに変えてみるとトラブルは減りますよ。

おすすめアイテムのご購入はこちら

リグの関連記事

この記事に関するテーマ

テーマをクリックすると、テーマに関連する一覧が表示されます!

全てのテーマを見る

DAILYランキング